いろいろやろうかな~

RV125jp エンジン始動困難 修理

先週にエンジンが掛からなくなったRVが入庫
 症状聞くといつもの奴である事が判明
rv12511429.jpg

一応、車両も確認しておきます。

シートボックスとシート前カバー外します
rv12511430.jpg

点火はOK。 
 ココで悪かったらコイルかハイテンションコードかプラグキャップです。
rv12511431.jpg

フロントインナーカウルの左側カバー外して
 ラジエターキャップを外すと・・・・・。

案の定、冷却水がいません。
 これで確定、ヘッドガスケット抜け。
rv12511432.jpg

理由は分かっても進行状態は見ないと分からないので分解します
rv12511433.jpg

リア周りのエンジンに繋がってる物は全部外していきます。

忘れがちなのは、スターターのプラスマイナス線ですかね
rv12511434.jpg

このとき冷却水も抜くのですが、これっぽっちしか出ませんでした。
 オーバーヒートやらかしてると厄介ですな。

RVはオールアルミエンジンなので歪むんですよね~~
rv12511435.jpg

んで、エンジン分離!
rv12511436.jpg

それではエンジン見て行きましょうか。

   しかし、汚いエンジンだな・・・。
rv12511438.jpg

まんず、Tマーク合わせます。

 写真では見えねーな
rv12511439.jpg

カムスプロケットカバー外すと。マークが反対だ。
 まあ、どっちでも良いんですけどね~

それよりも、中身まで汚いな・・・・。
rv12511440.jpg

それで、カムチェーンテンショナー外してカムスプロケット外して
ヘッド抜きます。

さて、こちらからは悪いところは見えません。

だけど、ピストンヘッドが冷却水で綺麗に洗浄されてますね
rv12511441.jpg

画像では上実際は下側からリークしたみたいです。

普通はクーラント吹くんですけど、
 エンジン内部にだけ流入するケースも有るみたい。

この車両もクーラントタンクは普通に満タン!
 吹けばタンクも空になりますからね。
rv12511442.jpg

想定で部品は揃えてましたのでこの2点交換だけです。
rv12511443.jpg

単価は安いんですけど、送料取られるのが痛い痛い。

 日本に伸びきらなかったSYMの勢力。
 日本人の感覚で乗ると当たり外れが大きかったのは確かです。

そう言う私は、ガチの日本人です。
rv12511444.jpg

エンジンの状態は悪くは無いので洗浄して組んでいきます。
 オイルは塗って組んでいきましょうね
rv12511445.jpg

シリンダー突っ込んで
rv12511446.jpg

組めてます~~~

 写真撮るモチベーションが続きません・・・・。
rv12511447.jpg

カムチェーンテンショナは中央のネジを外してマイナスドライバーで
 テンショナー戻しつつ取り付けます。

間違えてそのまま取る付けるとエンジンがぶっ壊れますです。
rv12511448.jpg

エンジン外れてるのでついでにタペット調整しておきます。

 ココもオイルの焼け色が、これぐらいが普通なんでしょうけどね。
rv12511449.jpg

タペット調整用のハンドルと、スパナとシクネスゲージ
あんまり普通に持ってる物ではないですね。
rv12511450.jpg

通常通り、狭くなる方向でした、大体全部0.1mm

 余裕を見て全部0.13mmに再調整しました。
rv12511451.jpg

あとは、外した順に組んでいくだけです。

 うーん、結構なボリューム・・・・。
rv12511452.jpg

組んだ後は、ガッツリクーラント入れていきます。
 エア抜きはエンジン横のサーモスタットからキャブに行ってるホースから抜けます。

結構な勢いで出るので注意しましょうね~
rv12511453.jpg

それでは、エンジン始動~~~

 思いの外タペット音がでかいな・・・・・。 吸気側広いのがいけなかったかと

様子見て再調整ですかね~
rv12511454.jpg

けど、始動性は抜群に向上しました。

 後、2万kmは持つか? 

大体ヘッドガスケットの寿命が2万km
それ超えた分はおまけと言うか、当たり??

 大体そんな車両が多い気がするRV125jpです。


トータル良いバイクなのでまだまだ乗れるといいですね
 タイヤ交換の時にタペット再調整ですかな~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyawap.blog72.fc2.com/tb.php/1580-5d60c66b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad