いろいろやろうかな~

RV125jp エンジン点検 ヘッドOH

RV125jp エンジン下ろしたらやる事が進みそうです。

とりあえず、フライホイルのTマークを合わせて
rv125011344.jpg

ヘッド抜きます。

シリンダー側にクーラントが抜けた形跡は無し。。。

 ちなみにピストンヘッドはそこそこきれいでした~
rv125011345.jpg

ヘッドガスケットにも損傷は無い・・・・・。
rv125011346.jpg

反対側もセンターメタルも問題無し・・・・・。

 もしかして開けなくても良かったのか・・・・・・。
rv125011347.jpg

ヘッド側もキレイじゃないですか・・・・。

読み違いでした・・・・、では何処にクーラントが消えていくのか?
rv125011348.jpg

とりあえず、考えても進まないのでバルブ抜きました。

 圧縮は測ってませんね~~

まあ良いです、分解したついでなのでね。
rv125011349.jpg

バルブとヘッドをキレイにするついでに、ポートもちょっと広げてみました。

他意は無いですが、何となくです。

結構、鋳バリが出てて気になったのでついでに拡大したと・・・・。
rv125011350.jpg

しかし、吸気ポートが長いね~~

 横型だとこうなってしまうのですねやっぱり。

レスポンスとか直結しない位置のスクーターだから良いか~~

 今時のインジェクションだったらポート長も短いのかもね。
rv125011351.jpg

バルブシートの修正でシートカットは出来ないので
 擦り合わせのみです。
rv12511352.jpg

吸気側がちいと当たり幅が広いですが公差内なのでオケです。
rv12511353.jpg

それでは、汁入れて漏れ確認。

一服して待ちたい所ですが、危険なのでじっと見て、問題無し。
rv12511354.jpg

カムシャフトも傷無く問題無し。

 オイル交換も引っ切り無しにやってるので汚れもほぼ無し
rv12511355.jpg

組んで、バルブクリアランス測ると、広いな・・・・・。

ってことで、吸気0.12mm 排気0.16mmで調整しました。
 データーでは0.12~0.14mmがデフォルトだった気がします。
rv12511356.jpg

これで、ヘッドは組めました。

 悪かったのはバルブクリアランス。

冷却水とは無関係だった・・・・・・・。
rv12511357.jpg

バルブの擦り合わせで始動性に効果があれば良いでしょう。

 ついでにポートも拡大出来たし~~

 効果は???ですけどね。 速くしようとも思ってないし・・・。
rv12511358.jpg

やはり、ついでにやる事の方に時間が掛かってしまってたりしてますね~
 性分だから仕方ないか。。。

バッテリーも発注したし、超速で終わらしてしまおう!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyawap.blog72.fc2.com/tb.php/1538-d2c40e5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad