いろいろやろうかな~

SA16J JOGZⅡ 修理その2

中古部品が届きましたので、続きの修理再開です。

台湾製造になってからやはり部品の寿命が短くなってるんかな~

なんて感じながら分解していくと
jogz2008.jpg

はい、汚いです。

通常開ける所ではないので、こんな物でしょう

ここにCDIユニットが居ますね
jogz2009.jpg

どちらも中古CDI。

当然新しい物の方が良いんですが、低走行っぽい部品がゲット出来たので

替えちゃいます。
jogz2010.jpg

これで、火花確認。

スパーク距離はしれてますが、ちゃんと全部に火が出てます。

元のCDIはこの距離でも失火してました、

 こういう事が純正CDIで起こると言う事実があるんですね~
jogz2011.jpg

で、一番ダメなコイルとプラグコード交換します。

コードが黄色でヤル気が感じられるでしょ!!
jogz2012.jpg

大気圧なのでこの距離でもスパークがドカドカ飛びます!!

ちなみにプラグのデモでめっちゃ飛ぶでしょ的なディスプレイあるでしょ

あれは、大気圧で飛ばしてるからあんなに火花が飛ぶんです。

エンジン内は圧縮下で火花飛ばすので火花が飛びにくいってのが普通。

だから、イリジウムプラグは希薄燃焼下では良いけど燃調リッチですぐかぶる

まあ、大気圧で1cm火花が飛べばコイルとコードはOKって判断です

説明がくどいな・・・・・。
jogz2013.jpg

そいで、洗いもせずに組み立てると

せっかくの黄色いコードが良く見ないと見えないね・・・・。
jogz2014.jpg

まあ、これでちゃんと走るようになったので良い良い。

けど、前後のブレーキもうパッドが無いですよ、オーナーさん。。。。
jogz2015.jpg

で、JOGも良い奴だとフロントフォークが油圧なのね~

他メーカーで部品探してたら家のDIOもこんな格好にならなくて済んだかも

でも、ディスクにしたくなかったから良いんだい!!
jogz2016.jpg

しかし、フロント12インチのDIOってなんて不細工なんだろう
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyawap.blog72.fc2.com/tb.php/1377-f4f25141
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad