いろいろやろうかな~

S110V ハイゼット ホーン修理

KLXばっかり触ってると忘れがちになりますが

他にもする事が有ります。

稼働率の低いハイゼット号

 前に乗った時、ホーンが鳴らないてな不具合が出ました。
hizet0193.jpg

スイッチ押しても鳴らないので、見えない電気の確認します。

ホーンボタン外して電圧測ると、1Vですか・・・・。

導通は有るので、ホーン自体が昇天しているようですね。
hizet0194.jpg

昔の車なので、ボルトを外せばバンパーが落ちます。

このホーンですね、端子が腐れていました。

研磨と、端子交換で復活しそうでしたが~
hizet0195.jpg

こんなん買ってるので替えちゃいます~
hizet0196.jpg

ユーロホーン 赤!!

いや、赤色が好きな訳ではないんですがね

安く入手できたので~
hizet0197.jpg

んで、とりあえず直結で確認!
hizet0198.jpg

ホーンボタン側で12.2V出ました。
hizet0200.jpg

それでは、この薄っぺたいスペースのどこに2個もホーンを収めるか考える・・・。
hizet0199.jpg

たぶん、フォグマウントの穴であろう所にサービスナット付けて取り付け。

楽勝で付きました。
hizet0201.jpg

ここで、ちょっと確認です。

ホーンにリレーを入れるか否か。。。

フューズ確認ですね。

 なんと15Aものフューズが標準装備でした。
hizet0203.jpg

なので、パラレル(並列)でハーネス製作。

ラジエター前を横断させるので、コルゲートチューブ巻きは必須ですね

線は0.5sq使いました。
hizet0202.jpg

ホーン自体はシングルのステーで固定しましたので振動で揺れます。

揺れていいのはおっぱいぐらいだと思ってますので防振処理はしておきます。

エプトシーラは反発力は弱いですがねばいので防振で使えます。

 って、これしか防振ゴムが無かっただけとも言いますが
hizet0204.jpg

hizet0205.jpg

ハーネス繋ぎ込んで試運転。

老朽ハイゼットから鳴ってるとは思えないホーンと言うかクラクション

ちょいと、恥ずかしいレベルかも・・・・。 

 まあ、がんばっていきましょ~
hizet0206.jpg

そのまま、元に戻すのも忍びないので洗いました。

せっかく分解したら、洗わずには居られない性分なもので・・・・。

 けど、洗ったのは前面だけと言ういい加減さも併せ持っております。
hizet0207.jpg

保安基準から外れていた部分の修理が完了~

変な物に交換するから手間がかかってるのは判ってるんですが

これも、性分なもので。。。

けど、1000円とは思えない音で鳴ります! クラクション!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyawap.blog72.fc2.com/tb.php/1253-cf3fdc67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad