いろいろやろうかな~

WR250FにLEDを付ける その15 ウィンカーPL不具合修正

ウィンカーのパイロットランプが点きっ放しの件

自分は間違えてないとの信念の元、ICリレー購入

いや、これの方が軽くて軽量化になるし~~
WR250F00155.jpg

そのまま、コンデンサーリレーからICリレーに変更~~

 するも、パイロットランプが点滅する・・・・・・・。

さすがICリレーだ。。。
WR250F00156.jpg

仕方ないので再度ハーネスばらします。

眺めながら考える・・・・・。

バッテリーとスイッチのCOMがリレーに入って~

スイッチのCOMとPLプラスが繋がってて~

LED通って、アース・・・・・・・・。


  ん、アース??

で結論、私が間違えてました~~~

 パイロットにも電源とスイッチのCOM入れれば良い訳で~

ウィンカーバルブ通ってアースに落ちないといけませんから。。
WR250F00157.jpg

ああ、2度手間~~~~
WR250F00158.jpg

ほい、最初確認した時同様、 交互点滅しました~~

脳内図面で組んでるとやっぱり間違うんですよね~

老化かな・・・・・・。  いや、うっかりしてたに違いない!!
WR250F00159.jpg

せっかくICリレーに交換したのでウィンカーバルブも全部LEDにしたら

全消灯しなくてうっすら点いてるんですね~~

(並列回路になっててもLEDは少しの電力で動作しちゃうからです
 パイロットランプもLEDなのでそこ流れてる電流で動作すると言う面倒な・・・。
 普通は抵抗値の小さい方にほとんど流れるので電球が発光しないだけであります)

かっこ悪いのでリアウィンカーはノーマルバルブ8Wで落ち着いておきました。


さって、次は低電力仕様の確認と仕上げです。

 ゴールはもうすぐそこに~~

   あるはず。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyawap.blog72.fc2.com/tb.php/1145-a7e8979f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad