いろいろやろうかな~

バイク車載ナビ用電源製作~

先ず100均でめぼしいシガーUSB電源を購入。

容量は500mAは確保したいのでそれ以上の表記の物が望ましいです

ついでに100均クォリティなので容量が保障される事はないです。

分解しましたが左の小さい方は公証容量750mA

右の大きい方は800mAとなっています。

加工がしやすい大きいもので製作を進めようと思います。
sonota794.jpg

今回追加する部品はDCプラグとリレー

nab-uに使うのでEIAJ2のプラグです。

リレーはオムロンの基盤用G5V-1
sonota795.jpg

テストハーネスが無かったのでこれも100均のみのむしクリップで製作
sonota796.jpg

こんな感じで電源入力します(ショート注意です!)
sonota797.jpg

単純出力は5.3v出てました。
sonota798.jpg

電圧測定位置を替えてから~
sonota799.jpg

ナビセットオン!!

電池が生きてるのでほとんど電圧降下は見られませんでした。
sonota800.jpg

ならばと、放電後に充電すると、5.27v

少しは電圧降下しますが問題なさげです。
sonota801.jpg

USBの大きな負荷を持ってないのでUSBロガーもつなげて見ました。

ほんの少し落ちました。

5v切れないので実用に耐えると判断! (ここ自己判断です、使うもので変わります)
sonota802.jpg

ちうことで、改造の始まりです~~

って もう配線おわっちってますね~ 前~に作ったのはマニュアルスイッチタイプでしたが

今回はリレーを入れてイグニッション連動にしてみました。

マイナスはアースに落すので1本、電源線とリレー駆動線合わせて3本と

DCプラグが1本生えてます。

この容量だとドライブレコーダーも同時駆動出来そうな気もしますが今回はCBR用なのでパスです。
sonota803.jpg

リレーと配線が入るように元ケースの加工をします。

ちょっと削るぐらいの物です。
sonota804.jpg

一応、仮組まで出来ました。
sonota805.jpg

テスト駆動です、ちゃんとリレーで入り切り出来ました。

コイルの確認で1時間程入れっぱなしにしましたが発熱も問題無しのようです。
sonota806.jpg

機能的に一応確認出来たので内部をコーキングで満たしました。

完全防水は不可能ですけど振動での素子・ケーブル破損には効果は有るでしょう。

なんせ、元は100均ですから。

後は車体側の配線ですね、イグニッションは電圧計から盗んで来ようかな。

ちなみにコストは
 
 シガーUSB  108円
 DCプラグ    76円
 リレー      280円
 ケーブル・コーキング等手持ち材料

合計 464円で出来ました。

後の車載が面倒くさいですけど頑張って搭載します~
sonota807.jpg

おまけで、100均で見つけた1品

3Dウェブカメラ、雑誌の付録のような3Dめがね付いてました。

2Dでも使えるようです、30万画素しかないですが、108円だと思えば~

すごい世の中になったと思いました・・・・。
sonota808.jpg

古いものは捨てられて逝くんですね~~

PC関係恐るべし 
  
  と思ったきゃわPでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyawap.blog72.fc2.com/tb.php/1067-f4be87eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad