いろいろやろうかな~

RV125Jp エンジン異音チェック

エンジンからぐぉーって異音がして始動不能になったと連絡が有りまして

見てみる事に。

キック踏んでもなんだかゴロゴロ言ってます。
 いやな予感しかしません・・・。
rv12511517.jpg

先ずは、エンジンオイルとクーラント抜きます。

 オイルもなんだか汚い気がする
rv12511518.jpg

エンジン離脱の為に分解しますが、色々とゴムが劣化して切れてますね・・・。

吸気側はほとんど分離しかけ
rv12511519.jpg

プーリーカバー側も昇天

 乗りっぱなしでは、こうなりますね。
ちゃんと潤滑して延命さえすればなかなか切れません。

一手間掛けるか、乗りっぱなしにするかはオーナーさん次第ですがね。
rv12511520.jpg

はい、エンジン外れました。
rv12511521.jpg

んで、ジェネレーターカバー外すと鉄粉が盛大に付いてます・・・。
rv12511522.jpg

マグネットにも大量の鉄粉
rv12511523.jpg

シリンダー抜くとピストンスカート下部も傷キズです。

ここで、コンロッドがグラグラと・・・。
rv12511524.jpg

クランクブローです。

 ベアリングは大丈夫そうでしたが、ビックエンド側が磨耗してダメです。

油切れなんだろうけど急になるもんかね??
rv12511525.jpg

で、修理不能の烙印を押しつつ組み戻し。
rv12511526.jpg

邪魔になるので合体準備して
rv12511527.jpg

合体!! 完成です。 何が?
rv12511528.jpg

細かいトラブルが収束して調子が良くなってきてからのエンジンブロー
痛いですね。

 この車両を修理するか、買い換えるか悩み所ではありますけど
決めるのはオーナーの仕事であり私はどうとも言えません。

さて、どうなることやら
スポンサーサイト

KTM 1190RC8R 来ました~

本日、粉雪舞う中来ました~

 KTMの1190RC8R
大型初外車です。

人が触れる電脳部は無いです。 ABSも無いです。
 だけどFiです!!

何付いてても、こける時はこけるしね~
RC8R0001.jpg

去年暮れに、何故か病的にこれがカッコ良く見えて
 傷物のお得なこれと出会い買ってしまったと。
RC8R0002.jpg

走行距離は1221kmの中古車
 一応、ディーラーにはEU仕様のマップに入れ書いておいてくださいとお願いしましたが
 確認の術は無いですね・・・。

乗って、10RよりかったるかったらJPのままなのかな~
RC8R0003.jpg

外車らしく、国産で交換対称になりそうな部品は付いてます。
 真っ黒でかっこええ~
RC8R0004.jpg

んで、入れる所が無いので無理やり入れる。

 狭いな・・・。
RC8R0005.jpg

何の箱が置けない。
 固定ステップだったら絶対に入らないクリアランスです。

 だけど交換すると、元の奴が置けない。

タイヤラックの改修もしないと収まらなくなってきたじょ
RC8R0006.jpg

車両的にZX-10Rとモロ被りしてしまったけど直4とV2
別のバイクと認識してます!!

さて、新しい仲間達も来たので早く暖かくなるのを待つばかりです!

AF62 ディオ オイル・プラグ交換

AF62ディオの続きで、まだ部品が来てません。

 だけど今出来る事を進めます。

チョット時間が有ったからです。

 エンジンはちゃんと始動してアイドリングしますがやっぱり開けると失速します。
dio10990.jpg

先にエンジンオイル交換します。
この右横のでかいボルトがドレンボルト
dio10991.jpg

出たオイルはさほど汚れてませんでした。

元オーナーさんの証言は正しかった!
dio10992.jpg

オイル抜け切る間にプラグ交換して置きます。
 このクリアランスどうにかなりませんか?

設計ミスですよ、でかい手では入りません・・・・。
dio10993.jpg

なんとか、プラグを外すとべちょべちょ。

 メイン系が濃いい様ですな、 なんでかな?
dio10994.jpg

新品と比べると、磨耗は有りません、べチョべチョなだけです。
外したついでなので交換して置きましょう。

CR7HSA-9 です。
dio10995.jpg

オイルも10-30Wが指定ですが、無いのでTR-40

 うむ、勿体無い。。。 0.7ℓだから良いかな。
dio10996.jpg

ここでエンジン始動すると、新品プラグがべチョべチョになるだけなので
 これにて終了~

走行距離2234.9kmでの交換でした。
dio10997.jpg

寒いと部品が来るのも遅いのかな~

 来てもやる気スイッチとの兼ね合いでいつになるか分かんないから

 ぼちぼち進めるに路線変更しましょかね~~

ツーリング倶楽部主催 カニカニツアー

今年も恒例のカニカニツアーに行って来ました~

 去年の様な大雪も無く、渋滞も無く シュッと着きましたよ、シュッと

ドライバーさんの腕も良いので、幹事ながらウトウトと・・・。

水明荘へ無事到着しました!!
tu-0726.jpg

今回はツーリング倶楽部構成員5名とその友人15名合わせて20名の参加
 にぎやかで良い!
tu-0727.jpg

カには今年も新鮮で生きたまま解体され、ハサミが断末魔を物語り
 全開に開いてます
tu-0728.jpg

こっちは焼きガニ、どれもウマウマです~
tu-0729.jpg

最後の締めの雑炊も毎度毎度、お腹いっぱいでも美味しく食べれます。
tu-0730.jpg

雑炊も、さくさく無くなって、皆様満足してらっしゃいました!
tu-0731.jpg

帰りは皆さん笑顔で。

 しかし、外は相当寒い・・・・。 鍋で暖まってもすぐ冷めちゃいました。
tu-0733.jpg

若干、吹雪いていた区間も有りましたが概ね良好なコンディションだったかな?

 帰りはいつものごとく半分くらい寝ちゃってました・・・・。

 ごめんね、幹事なのに。
tu-0734.jpg

来年も出来る様に祈りつつ、1年分のカニを摂取出来たと思います。

 年行っても、海鮮物は食べれるね~

次は牡蠣かな。

冬眠中間確認

家のバイクの冬眠は、タイヤの空気入れて、タンクにフューエル1足す程度なので

 途中で、キャブのガソリンを流さないといけません。

今日は何にもヤル気が起きないのでガレージに掃除機掛けてる間
アイドリングしておこうと。

9RはキャブがFCRなのでフロートからガソリンが抜けません

なので、地味にセルを回して始動しないといけませんが
 やっぱ、掛かり悪いね~

バッテリーもリチウムなので電圧上がるのも遅いし~
9rb0961.jpg

10Rはインジェクションだから~
 と、タカをくくっていましたが、 こっちも悪し・・・・。

バッテリーの活性がゆっくりなので、じっくり待つ忍耐も要ります。
10rd584.jpg

KLXはお約束で、キャブのガソリンさえ抜けば1発始動!!

 手間は有るけど、こっちの方が精神衛生上良いですね。
KLX25010205.jpg

今日も寒いので、掃除して片付けて撤収です。

 春までにいろいろ片付けたいけど寒くて体が動かない。

1休み1片付けぐらいでのんびり進めるとしましょうかね~

   しかし、寒いのホントに嫌!

AF-62 ディオ キャブ洗浄の巻き

さてさて、昨日エンジン掛けるべく頑張ったら思いっきり
オーバーフローした、62ディオ
dio10978.jpg

低走行車なのであんまり汚れてない

 そのまま分解~
dio10979.jpg

キャブ摘出!!
 ちょっとのホコリのみ! 程度は抜群です。
dio10980.jpg

キャブを開けると、やはりドロドロです。

 2年放置との事なので予測範囲ですがね。
dio10981.jpg

いつも通りにケミカルアタック!
 
 寒いので時間が掛かります。
 4st50ccのキャブはジェットが細いので交換するのが好ましいので

 一応確認という事で。 購入は掛けとくべきですね
dio10982.jpg

そんな事をしていると、外は吹雪いておりました・・・。

 どうりで寒いわけだ・・・。
dio10983.jpg

ヒーターで暖めながらケミカルアタックしたおかげでSJ以外抜けました。

 キャブに圧入済みのPJも詰まってたのでどうしようかと思いましたが
 抜けてよかった~
dio10984.jpg

一応キャブが組めました。
dio10985.jpg

ついでで、エアクリーナーエレメントも点検。

 2000km程度ではほとんど汚れてないのね
dio10986.jpg

それでは、キャブ積んでキ~ック!!

 するっとエンジン始動・・・。

思いの外楽勝な雰囲気である。

しかし、回転上げると失火する?? レブリミッターなのか??
 にしては回復に時間が掛かってる

何だろう?
dio10987.jpg

で、横でくるくる定常円旋回して様子見ると

 フロントブレーキが超甘い、これでは全く止まれない。

元からこういうセットなのか伸びたのか、危険極まりないので
 フロントブレーキ引きます、これがカバーの中・・・・。

 めんどくせーなこれ
dio10988.jpg

ブレーキは何とかなったけど、後は高回転時の失火だね

 プラグとオイルは替えるので、ジェット揃ってから再挑戦ですね
dio10989.jpg

これも、さっさと直して持って行かんとね~
 1月も残り半分しかないし、 頑張ろう!!

CBR250R MC19 MC17のステンマフラーってどうだろうか

思いの外、元気の良いCBRですが、音もかなり元気いいので

ジェントルマンになるべくノーマルマフラー化をしてみましょう
MC190499.jpg

とりあえず、MC17以降はエキパイ取り付け部は変更が無いのでそのまま付きます。

しかし、サイレンサーブラケットが微妙に違う訳で・・・・。

 MC17のマフラーの方がMC19より上がった位置に有るんだね。

  取り付け穴が既に無いですが、その分サイレンサー位置が高いと言う事
MC190496.jpg

ぎりぎりなのでアルミ板で横吊りにしてみた。

 うん、悪くない!
MC190495.jpg

黒いマフラーから、ステンになると、チョット小ジャレた感じになりました

音は言わずもがな、サイレント!!
MC190497.jpg

これで、チョット乗ってみましたが、結構な音量が有るようです。

 さすが昔のマフラーだな。

シリーズ中口径が一番大きいと噂のMC17用ですけど
 吹け上がりはやはりフルエキ程にはなりませんです。
MC190498.jpg

違和感も全然ないしとりあえずこれで良しとしますか。

とっても乗り回したい感じに仕上がったけどいろんな事情が有るのでドナドナです。

コゾーしても良し、ジェントルに乗っても良しなアルミフレームネイキッド1台どう?

GSXR750 内覧会

本日、大寒波が西日本にも到来という事でバイクを触る予定も入れず

後輩とバイク見に行きました。

 スズキワールド千里

家からだと結構有るね。
GSXR75R001.jpg

なぜここなのかと

 それはR750が置いてあるから、 それだけ。

たいがい有ってもR1000ばっかりなので

で、お目当てはこの車両 SUKIって書いてます。
GSXR75R002.jpg

車検に通るらしいヨシムラのスリップオン
GSXR75R003.jpg

オーリンズのTTX
GSXR75R004.jpg

それでいて4902kmの低走行
GSXR75R005.jpg

タイヤもBSのS21に交換したばっかりらしい
GSXR75R006.jpg

ほぼ始めてみたけど、フロントフェイスもシャープでよろしい
GSXR75R007.jpg

R1000はどちらかと言うと厳つい感じですもん
GSXR75R008.jpg

まあ、高年式でパーツもそこ付いてて、なので結構なプライスが付いてます

最終の決断は本人次第!

 さて、どうする?

ストリートマジック2 110 やっと出来上がり~

フロントフェンダー付いてなくて何気に不細工だったストマジ
sutomaji237.jpg

フェンダー付けて完成しました!!

 綺麗に出来ましたって所ですが~
sutomaji238.jpg

やっぱり乗ること無いよね~

 コストも結構掛けちゃったけど、乗らないよね~~
sutomaji239.jpg

という事でドナドナされていきました。

 ミニ好きな良い人にもらわれて行ったので、しっかり乗ってもらえるでしょう。

たぶんバイクはその方が幸せかな~

  なんてね。   それでもまだ車両が山のように・・・。

いろいろ有るので急がねばいかん。

AF-27ディオ キックグリスアップとフロント応急修理

エンジン周りも終わって、車体周りの修正おば。

コストが掛けれないので駆動系はオミットしますが、キックの戻りがおっそい
dio10965.jpg

だので、駆動系開けます。

プーリーの開度からもまるで無理をしていないのが見て取れますが
エンジンにはあまりよろしくない環境ですね~
dio10966.jpg

で、キックの動きが悪くなる原因はこの飛び出てくるギアです。
dio10967.jpg

軸受けも合わせて、洗浄してグリスアップして組み戻し。

ケース側の軸が重いことはほとんど無くてこっちが悪いので
 修理の時はケースを開けないと出来ません。
dio10968.jpg

内部はエアブローのみでカバー付けました。
dio10969.jpg

そして、大仕事のフロント廻りです。

 フロントタイヤはD306の中古品に交換済みですが
dio10973.jpg

このフロントサスが・・・・。

 ホンダのテレスコピックサスはたいがいこうなります。

 ココまでになると分解も困難になりますので
dio10974.jpg

弛緩剤(ラスペネとかです)を投入し何とかサスを動かすように頑張る!! と

錆が咬んでますので、地道に時間を掛けてゆさくさすると

 10mmぐらいストロークするようになりましたが、やはりもう寿命。。。

変にコスト掛けない方が良いでしょう。
dio10975.jpg

とりあえず、これで乗れるようには回復しました。

 それでも老い先は短いでしょうな
dio10976.jpg

てことで、入れ替えの為に入手した車両も見ますが

 いきなりガソリンじゃ~

4St初期のキャブ仕様 中華ディオ

 見た目は綺麗だけど手が掛かりそうでやんす・・・・。
dio10977.jpg

ココの所寒さが厳しいのでこういった作業が進みません。

 だって、水が冷たくて洗いたくないから~~


早く暖かくならないかな~~

AF-27ディオ バッテリー交換

実家のDIOですが、バッテリーが届きました。

 台湾ユアサです、値段には勝てませんよね~
 当たりの確立も上がっているとか噂では聞くしね
dio10959.jpg

最近のバイクにはこれが標準で付いてたりします。
 スクーターなんかは特に。
dio10960.jpg

先ずは、上のシールをパリッと剥ぎ取って
dio10961.jpg

希硫酸パックのキャップを外して

バッテリーにブッ挿します。

希硫酸が落ちない時はパック上部に押しピンとかで穴開けましょう
dio10962.jpg

希硫酸投入時から良い電圧です。
dio10963.jpg

電圧が落ち着くまで、パックは挿しっぱなしで

 電圧が落ち着いたら(大体5分から10分)パックを外します。
液体が衣服に付くと穴開きますので注意して作業しましょう!
dio10964.jpg

そこから、初期充電掛けます。

 ちなみに前回の安物バッテリーは1年7ヶ月で昇天しました。
dio10970.jpg

初期充電が終わったので積み込みます。

 毎度ですが入れにくいですよね~~
dio10971.jpg

最後の確認で、エンジン始動後端子電圧測定~

 エンジンふかすと電圧も上がります。

発電系には問題無し。 バッテリー自体が逝ってしまったのでしょう。

 プラグも悪かったので、必要以上にセルを回した可能性も有りますけどね
dio10972.jpg

まだ、汚れ作業が残ってますけど、頑張って終わらせよう!!

今回のバッテリー

台湾ユアサ台湾YUASA/密閉型メンテナンスフリーバッテリー(MF) TYTX4L-BS

台湾ユアサ台湾YUASA/密閉型メンテナンスフリーバッテリー(MF) TYTX4L-BS BJ


前回のバッテリー

バイクパーツセンター/バッテリー NT4L-BS

バイクパーツセンター/バッテリー NT4L-BS LETS


ほとんど値段は変わらないなら、ちょっとでも有名どころがいいかな~って

AF27 ディオ 実家のおんぼろ修理

正月に実家帰った時にミッションを与えられました・・・。

動かないと・・・・。

で、引き上げてきて見て見ましょうか
dio10939.jpg

走行距離は8625.6km

 スイッチONで何も起こらない。
dio10940.jpg

リアタイヤ、ぎりぎり

 マフラードロドロ
dio10941.jpg

フロントタイヤ ダメ
dio10942.jpg

それでは分解しつつ点検・修理

とりあえず、バッテリー外して充電してみる

サルフェーション融解モードに入ってどんどん電圧上がってる。
 たぶんダメだけどね
dio10944.jpg

充電器は鉛バッテリー用最強と呼び声高いオプティメイト4です。
dio10945.jpg

分解していくと不具合が次々と・・・・。

 オイルポンプのオイルホースからオイルにじみ
dio10943.jpg

キャブ側もオイルホースからにじみ
dio10946.jpg

キャブもドロドロだったので洗浄して
 中身はそれ程悪くないかな
dio10947.jpg

分解したついでに、内部も洗浄かけときます
dio10948.jpg

マフラー外すと見た事も無い様なカーボンの堆積

 やんわり走り続けるとこうなる的な証拠です
dio10949.jpg

エンジン側はそれ程溜まってないな、 ピストンは綺麗。
dio10950.jpg

プラグは・・・・・。

 ガイシが飛んで無いな。
 中心電極は磨耗もしてるけど増えてる物も有るという感じ
dio10952.jpg

キャブのケミカルアタック中にタイヤも交換して置きます。

 ダンロップD307 普通のタイヤです。
dio10951.jpg

タイヤ交換後にキャブをさらっと流して、綺麗になりました。
dio10953.jpg

キャブ組みまして、オイルホースも交換
dio10954.jpg

エアエレメントは洗っておきましたのでフィルターオイル吹いて出来上がり

 チョット汚れが残っているのはご愛嬌で
dio10955.jpg

クリーナーケース内はシリコンスプレー吹いてホコリの吸着率上げておきます
dio10957.jpg

タイヤの交換も終わって、マフラーはチョット焼いてドロドロ除去

エアーで詰まり確認するとまだ抜けてるので再使用です。
dio10956.jpg

で、一連の作業後バッテリー電圧が上がってたので

積んでセル回すと

  カチカチ・・・・・・。 やっぱりダメ
dio10958.jpg

キックではエンジンかかるのでバッテリーも要交換です。

フロントタイヤとフロントサスが棒になってるのも気になるけども


 この作業は回収出来ないやつなので何処まで直すかがポイントです。

とりあえずバッテリー買わねば。


 なかなか、大変・・・・。

CBR250R MC19 ナンバープレートの角度がごにょごにょ

CBRもチョット格好から入ろうと

 Noプレートの角度を考える。

 フェンダーから50度、 ほぼ水平になるのでいけません
MC190488.jpg

フェンダーから40度、チョットきつめですがこれ位が良いんじゃないでしょうか
MC190489.jpg

で、POMで切り出しました
MC190490.jpg

表と裏からボルトで止める感じになります。

 真横から見てるとまあまあかなと思っていても
MC190491.jpg

全体で見ると、ん・・・・。

 チョットやりすぎかな~
MC190492.jpg

まま、全体的に爽やかなので大丈夫でしょう。

 関西だとこっちの形がデフォでしょう~。 だって、泥除けだから・・・・。  

  なにが? とかのコメントは求めておりませんのでご了承ください。

CBR250R MC19 電気系初期不良修理

CBRの試運転で色々と問題が出て来ました。

順番に片付けていきましょう
MC190478.jpg

ウィンカーがハイフラの件

 リレーが13W×2だったので、ウィンカーバルブのワット数が足りてなかった。
 (10W×2)ので、リアのみ15Wのバルブに交換
MC190479.jpg

普通に点滅するようになりました。 完了
MC190480.jpg

リアブレーキでテールランプが点灯しない件

 普通にブレーキスイッチの繋ぎ忘れ・・・・。
MC190481.jpg

コネクターを接続すると
MC190482.jpg

何の問題も無く点灯~~  作業前後で繋ぎ忘れだったようです。 完了
MC190483.jpg

オドメーターは増えるけどトリップメーターが動かない件

 これはメーター分解するので手間でしたけども

 この白いプラスチックが緩んでウォームシャフトからギアが離れてたので

 プラスチック押し込んで再カシメ。
MC190484.jpg

このメーターが
MC190485.jpg

100M進めて正常に動きました。

 1Kmからの桁がずれてるのが気になりますけど
 実害は無いのでこのまま運用します
MC190486.jpg

一応昨日出た、トラブル対応は完了しました~
MC190487.jpg

セッティング云々の前にちゃんと動くってのに重点を置いてテスト走行していきましょ

走って思ったのはやっぱりαー13って12と比べてケース剛性上がったのか
硬い乗り心地ですな。

 と、αー14出てから13の評価をしてみました。

だけど、好みが出そうな特性だな。

CBR250R MC19 登録したぞな

年明け早々、暖かいのも手伝ってMC19登録して来ました。

が、引きが良いのか悪いのか、語呂の良いNoプレートが・・・・。
 なんやなんや って読めますね。   CBRですよ。。。
MC190473.jpg

リフレクターが無いので、手作りではなく買って見ました。

チョット大きめの奴です。 安全の為にね。
MC190472.jpg

付けるのはボルト2本で完了

 なんて、ジェントルな角度でしょうか~~
MC190474.jpg

乗車状態ではほぼ垂直になるね
 
 これは後で考えるとして乗って見ましょう~~
MC190475.jpg

ガソリン入れにぶらっと走って来ました。

 すごくトルクフルに感じ乗りやすいですね~
 速度の乗りはクォーターなのでそこそこ。

何と比べる訳ではないですが良いバイクです。

問題も出まして、ウィンカーがすごいハイフラの後点灯する・・・・。

 リアブレーキでストップランプが点かない

トリップメーターが増えない。

 と、地味な不具合が出ました、また修理しましょう
MC190477.jpg

んで、排気音は10000回転超えると4発の官能サウンドとなりました。

良い音だと思いますが、音量がチョット・・・・。
 バイク乗らない人からすると騒音かな・・・・。

ある程度回りに気付いてもらえるレベルで騒音を撒き散らして安全確保なんだけど
 ちょっと、大きいね~

 また考えて見ましょう!


WEBIKE MODEウェビックモード/リフレクターキット スリムタイプ

WEBIKE MODEウェビックモード/リフレクターキット スリムタイプ 汎用

CBR250R MC19 MC22のマフラーを付けて見る その2

現在、フランジだけで留まってるマフラー

とっても危険な状態です!!

だけど、角度は良い感じです
MC190466.jpg

シートカウルとサイレンサーの角度が合ってるので今風です。

 昔のは低めにサイレンサーが有るのでね
MC190467.jpg

だけど、この車両はリアが上がってるので
 スイングアームとセンターパイプがスレスレ

ガルアームではないので仕方ない部分です。
MC190468.jpg

それではサイレンサーを吊ります。

 簡単に1本吊り!!

何故2本留めにしなかったか、 いや普通、そんなに大きな板持ってないでしょ

これぐらいが精一杯でし
MC190469.jpg

レギュレーターもサイレンサーステーに直付け。

 放熱も出来る・・・・ かな?
MC190470.jpg

手のかかってないソリッドな感じに仕上がりました。

細かい細工が無くても、この無骨な存在感も有りだと思う

ということで、ノーマル車高のMC19だとMC22のマフラーは付くと言う事。
 だけど、タンデムステップは撤去となります。
MC190471.jpg

これで、ブリッピングすると、OVER+KERKERサイレンサー対比

 回転上昇がちとゆるい、音は割れないで重低音です。

250ccとは思えない排気音になりました。

前半分ノーマルなので予想外でしたがこういう音に出来るんですね

軽さは無いですけどこういうチョイスも有りかも。


 まあ、実走してどうだかが一番重要です。

CBR250R MC19 MC22のマフラーを付けて見る その1

ガレージ片付けで発掘したdevilのスリップオンサイレンサー

 補修も終わり何となく綺麗っぽくなりました。
MC190459.jpg

MC22後期のバイパス付きのエキパイも耐熱ブラックでお色直し完了!
MC190458.jpg

そして、合体!!

真っ黒なマフラーが出来ました。
 エンドだけステンレス。

重量的にもほぼノーマルマフラーと同じです
MC190460.jpg

で、CBR(MC19)に付けたりました。

 MC22用なのでタンデムステップは付きません

 すっきりした感じになりますがサイレンサーが吊れませんです。
MC190462.jpg

ステッカーが無かったんで古いのを生かしましたが、やっぱりヤレ気味

 おっさん的に上下に2枚貼るのが良いのだけれどね。
MC190464.jpg

見た感じおかしくも無いのでこのまま組んでいこうと思います。
MC190465.jpg

さて、250cc4発でもdevilサウンドになるのか!!

 って、その前にサイレンサー吊らないといけないね~

CBR250R MC19 公道デビューに向けて始動するも・・・

一応出来上がってから放置してるMC19

 ちょっと暖かい日が続くので実動化に向けて始動~
MC190444.jpg

先ずは、何がなくともバッテリーです。

 リフェでは無くAcデルコの鉛バッテリー投入 DTX7L-BSです。
MC190445.jpg

バッテリー液注入~ (希硫酸取り扱い注意!)
 で、12.57V
MC190446.jpg

5分ほど放置してキャップをはめて

 12.65Vまで上昇
MC190447.jpg

最後に初期充電して、12.95V

 まあ、悪くは無さそうです。
MC190448.jpg

次に、本体タンクにガソリン入れて・・・・・・。

 コックからのガソリン漏れはないようです~ 良かった。
MC190449.jpg

それでは、エンジン始動~~~

  ・・・・・・・掛かりません。

ぼっぼぼ てな感じで、既にキャブが逝っちゃってるようですな。

 では、またも分解開始~
MC190450.jpg

チョークとバキュームバルブの動きはOK
MC190451.jpg

キャブをうんしょと取り外し
MC190452.jpg

分解!

 やっぱりチョット緑です。

 エンコン掛けてエアーで通路確認していくと#3キャブの
スタータージェットが詰まり
MC190453.jpg

詰まりが抜けるまでフロートも洗浄して置きましょうか
MC190454.jpg

ついでにいつ交換したか分からないプラグも合わせて交換

 純正指定のNGK CR9EH-9
MC190455.jpg

プラグ外すとデロデロになった懐かしのVXプラグでした

 今はイリジウムが一般的になったけど昔はこれが高性能プラグだったんだな。。。
MC190456.jpg

で、キャブも抜けプラグも交換して

 エンジンかかりました~ 排気音もいやにレーシー・・・・・。

 さすがKERKERですな。
MC190457.jpg

とりあえず、何にも繋がずにエンジンかかってるので乗れるという事です。

出来立てなのでまだ調整が要るので登録しましょうか~~ 


ACDelcoACデルコ/DTX7L-BS メンテナンスフリーバッテリー(電解液付属)

ACDelcoACデルコ/DTX7L-BS メンテナンスフリーバッテリー(電解液付属) 250TR



NGK/標準プラグ CR9EH-9 7502

NGK/標準プラグ CR9EH-9 7502 AX-1


GSXR1000 サイレンサー交換

こちら後輩の車両ですが、今風の短くてちっこいサイレンサーが付いてます。

 おっさん的にはエンドの虹色が気になるのと
 やっぱりちっこ過ぎますね~~

ビームスのBMS-Rてサイレンサー
GSXR100R014.jpg

最近のバイクっぽくスイングアーム幅が有るので内には追い込めません
GSXR100R015.jpg

今ではチョット古めかしいオーバルサイレンサーへ交換

 テールエンドの角度が合いました。 空向いてないっしょ

ブラックアウトもカーボンではなくチタンという所がおじさん心をくすぐります。
GSXR100R016.jpg

サイレンサーの位置関係は変わらないのでチョット外向き気味

目視で見ると真っ直ぐ出てる感じなのでOKラインです
GSXR100R017.jpg

音の方も高音が抑えられていい感じのこもった音に
今のご時勢爆音マフラーは肩身が狭いですからね

しかし、かっこ良くなっていくな~彼のバイク・・・。

簡易サイクルガレージ補修

2012年の夏、チョット置いておく為に設置したサイクルガレージですが
 しっかり現役で活用中です。

車両さえ減れば不要になるんだけど一向に減る気配が無い

 雨漏りの補修で上カバーを去年追加しましたが

 チャックのほころびが出て来ました、閉めても開いてるみたいな・・・。
sonota89610.jpg

正月明けてから、温い日が続いてるので

 縫って見ました、裁縫とはちょっと違うけど、やれば出来るな!
sonota89611.jpg

ついでに、車とガレージの片付けにも着手・・・・。

 一向に片付かないです・・・・。
sonota89612.jpg

正月休みで片付けの一区切りとしたいところですな~

 年末にやっとけって感じですけど、休みの分配でいつもこうなる・・・。

正月ってやる事無くてヒマだね~ で RV125jp触ってみた

テレビ見てても退屈だし、ネット見てても目が痛いし・・・。

 完全におっさん化が進んでます。

んで、外はなんだかポカポカしてるじょって事で

ちび介君と近所の神社に初詣行ってから

いきなり作業開始!!  1年の計は元日にあり!!


洗浄済みだったMC22のノーマルマフラーをリペイント
 が、しかし途中で耐熱ブラックが切れる・・・・・・。


   やはり、今年もこういう1年であろうか・・・・・。
MC190441.jpg

しかし、やる事は山のように有るので、ささっと出来る面倒な事案から

RV125jpのサイレンサー更新後問題なサイレンサーボルトが
バッテリーケースと接触する事案

 想定内ですが、ギャップ超えると”ガツン”と来たので早急な対策が必要です。
rv12511509.jpg

先ずバンド自体のクリアランス確保の為
rv12511510.jpg

上部を切り飛ばし、長穴で下方向に余裕を作りました
rv12511512.jpg

で、ボルトをM12からM8へ変更して、ナットから出ない長さに変更と

これで、バッテリーケースフレームとの接触は防げました。

後はバッテリーケースとの接触は、当たってから考えようかな。
rv12511513.jpg

取り付けボルトが上下揃ったので均一感が出てよろし。。。
rv12511514.jpg

ちび介君用に付けてた鐙も何とかステップに足が届くまでに成長したので
取り外しすっきりしました。
rv12511515.jpg

家のRV125jpは2003年式の個体で、家の中では新しい方ですけど
巷で走ってるRVほとんど見なくなりましたね~

  基本SYMジャパンのやる気が無く部品供給が厳しくなったから。

直して乗るにも部品が出ないとどうしようもないです。
今現在コマジェよりはマシってぐらいですか。

 コマジェはPL持ってたら実は部品が出たりしますが
バイク屋さんは嫌がりますからね
rv12511516.jpg

基本性能はとっても高いので何とか存命していきたい物です。

2016年 走行距離確認~

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

 あ    という間に2016年も終わってしまいました・・・。


 バイクにもさほど乗れず、触ってばっかりだったような・・・。


毎年恒例にしている走行距離の確認を今年もやっときましょう!



ZX-9Rは前回29340.9km 今回29703.2km

その差 362.3km ツーリング1回ってとこですね・・・。
9rb0959.jpg

ZX-10Rは前回7532km 今回8220km

その差 688km ツーリング2回分
10rd583.jpg

Dトラッカーは2013年終わりで22997km 今回23474km

その差 477km うむ、結構乗っているじょ 復活の予感!!
Dtr00584.jpg

KLX250SRは前回3568.3km 今回3766.6km

その差198.3km ツーリングこれも1回
KLX25010204.jpg

CBR250R(MC17) 前回32608.8km 今回33166.0km

その差 557.2km 思ったより走ってました。
cbr101111.jpg

RV125jp は雑用運用しかしてないな~
前回20744.0km 今回21344.6km

その差 600.6km チビ介君と温泉とか行ってるからか思いの外走行伸びたね~
rv12511508.jpg

CBR250R(MC19)は今回出来上がって未登録なので距離確認まで
16914.3km

こんなにいっぱい有るのに乗るのかね?
MC190440.jpg

今年の全走行距離は~~

 全部足すと2883.4km
   3000km走ってないんよね~~

毎年1万km以上走る人って、いったい・・・・。 尊敬するぞな


 で、保有台数の方は
 実働車が ZX-9R・ZX-10R・Dトラッカー・KLX250SR・CBR250R(MC17)
        RV125jp・ストリートマジックⅡ110
      と、未登録のCBR250R(MC19)

   の8台
ストックバイクが ZXR400R・ZX-4・TZR125・ディオ(AF27)

   の4台

去年売ったのがTZR125だけなので

全部で12台・・・・。
  減ってないね~

車の走行距離も今年から残そうかと

ハイゼット号は 90166km
hizet0275.jpg

サンバーは 5723km
sambar0193.jpg

車もほとんど乗らないんだな・・・・。

FC2Ad