いろいろやろうかな~

ふらふらっとご近所ツーリング

昨日はバイク触りまくってたので、今日はガッツリ乗ろうと思いましたが。

朝から寒いね~

 ってことで、ダメダメっぷりを発揮しながら、動き出したのが10時

久し振りに乗るので空気圧チェック
 フロント1.4k
tu-0705.jpg

 リアが1.6k
 
 どちらも2.0k入れてチェック完了。
tu-0706.jpg

今日は、触ってばっかりで乗ってないMC17で出発です。
tu-0707.jpg

ガソリン入れて、道の駅いながわまで。
 何故ココかというと、シッコ休憩です。 年取ると近くてね~~

お隣に懐かしいZZR250が停まっていたので一緒に撮影して見ました
 オーナーさんには断りは入れてません・・・、すんまそん。
tu-0719.jpg

そこから、ぐりぐりっと走ってるり渓。
 なんか、手作りイベントやってましたが、触手が動く物は無かった。
tu-0711.jpg

この時期に山に上がってるにもかかわらず、紅葉が少なかったです。

 一応、大きな紅葉の木下でパチリ。

何かそれっぽいぞ!
tu-0712.jpg

しかし、かっこいいな。
 家のCBRとか思いながら、アップでパチリ。

たまには、自然を愛でるのも良いかもです。

 って、バイク愛でてるじゃないかとは言わない。
tu-0714.jpg

るり渓経由して北に抜け、再度道の駅いながわ経由で帰ってきました。

今回の確認事項は、やっぱり良いぞFのシート
 滑る事無く、お尻に噛み付きます。 痛くもならなさそうだし。

追加スポンジも良かったのかもしれないですね。

エンジンは14000からがしんどそうに回ってる感じがしましたけど
 そんなに使う領域でもないので、安全見てこのまま運用しようと思います。

足はフニャバネをダンパーで締めてる都合上ギャップには弱い気がしましたけど
このバイクの用途なら問題無しという事で、 今のところ良い方向にいると思います
tu-0720.jpg

タイヤは1世代前のα-12ですけど。

 聞いてた話よりは持ってますね、変な磨耗も荒れも無いし
  ストリートで流して走ってる分にはって事で
tu-0718.jpg

15時には家についてお昼寝も出来て良い休日でした~
 もう。朝夕は寒いですからね。

今日の走行距離 GS to GSで140.9km
 (CBRのメーターが合ってたらの話)
ガスが6.11ℓ入ったので 23km/ℓ

 やっぱりクォーター燃費良い! レギュラーだし!!
スポンサーサイト

RV125jp エンジン始動困難 修理

先週にエンジンが掛からなくなったRVが入庫
 症状聞くといつもの奴である事が判明
rv12511429.jpg

一応、車両も確認しておきます。

シートボックスとシート前カバー外します
rv12511430.jpg

点火はOK。 
 ココで悪かったらコイルかハイテンションコードかプラグキャップです。
rv12511431.jpg

フロントインナーカウルの左側カバー外して
 ラジエターキャップを外すと・・・・・。

案の定、冷却水がいません。
 これで確定、ヘッドガスケット抜け。
rv12511432.jpg

理由は分かっても進行状態は見ないと分からないので分解します
rv12511433.jpg

リア周りのエンジンに繋がってる物は全部外していきます。

忘れがちなのは、スターターのプラスマイナス線ですかね
rv12511434.jpg

このとき冷却水も抜くのですが、これっぽっちしか出ませんでした。
 オーバーヒートやらかしてると厄介ですな。

RVはオールアルミエンジンなので歪むんですよね~~
rv12511435.jpg

んで、エンジン分離!
rv12511436.jpg

それではエンジン見て行きましょうか。

   しかし、汚いエンジンだな・・・。
rv12511438.jpg

まんず、Tマーク合わせます。

 写真では見えねーな
rv12511439.jpg

カムスプロケットカバー外すと。マークが反対だ。
 まあ、どっちでも良いんですけどね~

それよりも、中身まで汚いな・・・・。
rv12511440.jpg

それで、カムチェーンテンショナー外してカムスプロケット外して
ヘッド抜きます。

さて、こちらからは悪いところは見えません。

だけど、ピストンヘッドが冷却水で綺麗に洗浄されてますね
rv12511441.jpg

画像では上実際は下側からリークしたみたいです。

普通はクーラント吹くんですけど、
 エンジン内部にだけ流入するケースも有るみたい。

この車両もクーラントタンクは普通に満タン!
 吹けばタンクも空になりますからね。
rv12511442.jpg

想定で部品は揃えてましたのでこの2点交換だけです。
rv12511443.jpg

単価は安いんですけど、送料取られるのが痛い痛い。

 日本に伸びきらなかったSYMの勢力。
 日本人の感覚で乗ると当たり外れが大きかったのは確かです。

そう言う私は、ガチの日本人です。
rv12511444.jpg

エンジンの状態は悪くは無いので洗浄して組んでいきます。
 オイルは塗って組んでいきましょうね
rv12511445.jpg

シリンダー突っ込んで
rv12511446.jpg

組めてます~~~

 写真撮るモチベーションが続きません・・・・。
rv12511447.jpg

カムチェーンテンショナは中央のネジを外してマイナスドライバーで
 テンショナー戻しつつ取り付けます。

間違えてそのまま取る付けるとエンジンがぶっ壊れますです。
rv12511448.jpg

エンジン外れてるのでついでにタペット調整しておきます。

 ココもオイルの焼け色が、これぐらいが普通なんでしょうけどね。
rv12511449.jpg

タペット調整用のハンドルと、スパナとシクネスゲージ
あんまり普通に持ってる物ではないですね。
rv12511450.jpg

通常通り、狭くなる方向でした、大体全部0.1mm

 余裕を見て全部0.13mmに再調整しました。
rv12511451.jpg

あとは、外した順に組んでいくだけです。

 うーん、結構なボリューム・・・・。
rv12511452.jpg

組んだ後は、ガッツリクーラント入れていきます。
 エア抜きはエンジン横のサーモスタットからキャブに行ってるホースから抜けます。

結構な勢いで出るので注意しましょうね~
rv12511453.jpg

それでは、エンジン始動~~~

 思いの外タペット音がでかいな・・・・・。 吸気側広いのがいけなかったかと

様子見て再調整ですかね~
rv12511454.jpg

けど、始動性は抜群に向上しました。

 後、2万kmは持つか? 

大体ヘッドガスケットの寿命が2万km
それ超えた分はおまけと言うか、当たり??

 大体そんな車両が多い気がするRV125jpです。


トータル良いバイクなのでまだまだ乗れるといいですね
 タイヤ交換の時にタペット再調整ですかな~

PCX125 フロントブレーキパッド交換

会社の後輩の通勤バイクです。

 そう私は普通のサラリーマンです!! お忘れなく!
pcx0001.jpg

で、交換するパッドは通勤に最適なディトナハイパーシンタードパッド
 ディスクへの攻撃性が高いとか言われがちですけど長持ちするので
 そう感じられているだけかものパッドです。

そんなに悪いもんでも無いと思います。 ほんとに減りませんから。
pcx0002.jpg

んで、分解ですけど、キャリパー外す前にパッドピンは緩めて置きましょう。
 外した後だと緩みません。
pcx0003.jpg

キャリパーの状態はこんな感じで、こういうバイクでは普通です。

しかし、このままパッドを換えるとダストがシールをやっちゃいますので
pcx0004.jpg

きちんと洗いましょう。 錆が有ったら擦りましょう
 ピストン回して裏側まで完全にね
 ピストンプライヤーは持ってて損は無いです。

パッド切れを気にする様な車両では無いですけど、引きずると燃費が悪くなります。
pcx0005.jpg

ピストンをドライで押し込むのは気が引けるのでシリコンスプレーしてから
ピストン押し込みます。

ここで、ブレーキ握ってピストンが同時に動くか確認します。
 PCXはセンターのピストンはリアブレーキと連動になってるのかな
両端のピストンしか動きませんでしたが、フロントの初動なので良いかと。
pcx0006.jpg

パッドピンとパッドスプリングもキレイに洗浄して
pcx0007.jpg

ストリートバイクなので鳴き防止にパッド入側だけ削っておきます

全部角削る人も居るようですけど、外と内はローター接触面積に関係するから
 削らない方が良いです、だってローター偏磨耗するでしょ
pcx0008.jpg

で、パッド組みます、パッと見高い方のゴールデンパッドのようです~

 ちなみにパッドピンにはスレッドコンパウンド塗ってます
 ピストントップには何も塗りません、バックプレートが有るバイクは
 パッドとプレート間に塗っても良いかも知れませんが、
  ゴミ呼ぶだけだし、良い感じはしないんよね
pcx0009.jpg

きちんとフォークに組み付けて完成です。
pcx0020.jpg

今回フルード交換はしてませんが、
 用品屋さんでのパッド交換に今だ疑問が残るので詳しく書いてみました。

大事なブレーキだからプロに頼んで交換してもらうのに

 見える所だけ綺麗にして押し込むピストン

 初動も確認せず取り付けられるブレーキパッド(ピストン揉まない)

 そのままフロントフォークに付けられるキャリパー

 ブレーキニギニギして”ハイ! 出来ました!!”

   って、ちょっと違うんではないだろうか・・・・。

商売だから仕方ないのかも知れないけど古いバイクだったら
ピストンシールまで確認しないといけない作業です

 なめてはいけない、パッド交換!!

PCX用です

DAYTONAデイトナ/ハイパーシンタードパッド

DAYTONAデイトナ/ハイパーシンタードパッド DIO110


有っても良いんじゃないピストンプライヤー

Webike Garageウェビックガレージ/キャリパーピストン脱着ツール

Webike Garageウェビックガレージ/キャリパーピストン脱着ツール


ボルト・ピンの焼きつき防止にも良いっす

WAKOSワコーズ/THC スレッドコンパウンド チューブ【100g×1】

WAKOSワコーズ/THC スレッドコンパウンド チューブ【100g×1】

S100V ハイゼット ベルト切れ修理~

昨日のツーリングで体がガタピシ状態ですが

寒くなってから、車触るのがいやなので頑張ります。

3ヶ月前ぐらいに走行中オルタネータのベルトが切れてそのまま放置してました・・・。

暑い時に触るのもいやだったんですよね~
hizet0252.jpg

完全にベルトは居なくなってます。 ゴムのカスはそこいらじゅうに付着と。。。
hizet0254.jpg

部品関係は純正相当品で揃えてみました。
 これだけで13020円です。

純正対比低コストで仕上がります。
 そこいらの車屋はこれぐらいで済ましているようです

純正部品使ってほしかったら、ディーラーぐらいしか無いでしょう。
hizet0255.jpg

それでは交換準備です。
 寝板は無いのでダンボールです!
 
 上げないと危険なのでジャッキのみの作業はやめましょうね。

 死んでからでは手遅れですよ
hizet0256.jpg

今回全部替えちゃうので
 ベルト・プーリー外してタイミングベルトカバー外します。

思いの外痛んでませんでしたが、平成9年式なので交換です。
hizet0257.jpg

上死点でベルトにもマーキング入れておきます。
 新ベルトに移せば間違いは減りますから
hizet0258.jpg

ウォーターポンプ外すとちょっと錆びてますね。
 アルミエンジンではないと言う事です、 私的にココがチャームポイントかと。

全然見える所ではないですけども。
hizet0259.jpg

錆び落として新しいウォーターポンプに交換
hizet0260.jpg

そして、わわわ~と組んでしまって画像無です・・・・。

疲れてると、写真って撮れませんね・・・。

この後、上に回ってベルトテンション掛けて部品交換完了です
hizet0261.jpg

で、抜いたクーラントを補給して。ついででこちらも交換完了
hizet0262.jpg

んで、今回タペット音が出てたので調整も一緒にしようねって
hizet0263.jpg

ヘッドカバーガスケットも入手済みでし。
hizet0265.jpg

ヘッドカバー開けると、自画自賛ですが、キレイです~

こんな商用車でこれほどのエンジンがどれ位有るのか。
 機械として本望でしょう、家の乗り物は。

んで、やっぱりクリアランスは少し広めだったので0.18mmで全部調整しました。
hizet0264.jpg

鉄板プレスなヘッドカバーをしこたま磨いて取り付け完了!!

当然のごとく、エンジン音も静かになって良い感じです。
現在19歳なハイゼット、税金も上げられ辛い立場ですけど

動くうちは現役だからね~
hizet0266.jpg

現在90160km、もう少し進んだら、ムーブのメーター段取りしてるので
 トリップとタコメーター付きに交換できます
hizet0267.jpg

何の電子制御も無い車っていつまでも動くから安上がりです。
やっぱり、個人レベルではエコカーです!!

  ちなみにこいつはキャブ車だし~~

一つ宿題が終わってすっきりしましたが、今回ホーンが鳴りませんでした。
新しい宿題又出来た~~

宮津でカレー焼きそば ツーリング

まともなツーリング、春振りです・・・・。

 今年は今一都合が会わなくて単車に乗ってませんでしたからね~

で、少々天気に不安は有りましたが、降ってきたら一直線に帰ろうと心に誓いました。

今回4台で、いつもの面々です。
tu-0695.jpg

ちょっと寒いの分かってたのにメッシュジャケットにインナー入れて行った
 私が悪いんですが、やっぱり寒いです・・・。

風邪ひいて、熱っぽいのに、何やってるんだかな~
tu-0698.jpg

んで、11時過ぎに、宮津に到着。

開店までちょっと有りましたが、雨も迫ってきそうなので

一番乗りを決め込むために待ちます。。。

この時点でカレー焼きそば(ウェット)の状況は伝わってきませんね
tu-0702.jpg

んで、こちらスパイシーカレー焼きそば!!

ほぼ、カレーラーメン・・・・。 麺を焼いてる感じも無いじょ

食べると、食べ物としては 美味しい。。。

 だけどネーミングと合わないなって思いますね。

ちなみに、食べた後口がヒリヒリするぐらい、スパイシーでした!!
tu-0703.jpg

食べ終わって、雨がポツリと来たので、逃げるように南下します。

スイーツに寄る事も無く、休憩挟んで帰ります。 

 雨降ったら、楽しいツーリングが台無しだからね
tu-0704.jpg

思いの外早く家に帰れたので、身体を温めるべく風呂入って寝ました・・・。

やっぱり熱有って、バイク乗るとしんどいよね~~

しばらくぶりの10Rってのもあって身体も痛いし~~
 トレーニングとか要るかもな。。。

で、久し振りの燃費計測では17.7km/ℓと高燃費でした。
 トルク増えたのと、スプロケショートに振ったので5.6速で走れたからだね

もうちょっとスムーズに走ってリッター19いけるかな?
 と、思ってみたりしてね。

頑張って今年はもう2回ぐらいはうろうろしようかな

ZX10RD そろそろ良い季節も終わりそうだな・・・。

アフターファイヤーが今一収まりきってない10R

ペース上げると言わないんだけど、市街地でいちいちパンパンとうるさい。

23日には久し振りのツーリング有るからって事でちょいと乗ってみたよ
10rd580.jpg

低回転で進角遅らせてトルクフルになってるけど
 それも良くないみたいな・・・・。

前より乗りやすくなってるんだけどね。
10rd581.jpg

難しいです燃調と点火時期・・・・。

 来年はきちんと出していこう!!  かな。

ちなみに170kmぐらい走ったらGランプ点きました・・・・。

 本日の燃費 176.3km走って13.41ℓ入ったので
13.15km/ℓ・・・・  

        悪いね。。。

WR250F リア廻り配線

WRのリアフェンダーが出来たのでコストダウンの為に
現状のハーネスからもぎ取ります。

結構重たいんです、ノーマルのリアアッシ
WR250F00238.jpg

並べます。

一応部品交換できるように個別配線にしないといけないので
WR250F00239.jpg

このバラバラな線を
WR250F00240.jpg

スピーカーコネクターで結線します。

110型端子なので容量的に問題有りません、カバーが付いてるのが肝ですね
WR250F00241.jpg

最後にハーネステープでぐるぐる巻いて終了~

それでもやっぱりつなぎ部分は太くなっちゃいますね。
WR250F00242.jpg

これで、オーナーさんは満足してくれるであろうか??


amonエーモン/平型端子セット

amonエーモン/平型端子セット

CBR250R MC19 とりあえず塗って考える

妄想でカラーリングを考えてもいまひとつ進展しないので

エイヤで塗ったりました、とりあえずタンク。

 マスキングラインで4mm黒入ってますがかなり薄めにしてみました。

色は、スバルのWRブルーです。
MC190347.jpg

何か薄すぎて河童の皿みたいになってしまったね~

 けど、白を多めに残して爽やかさを前面に出したかったと言うところ
MC190349.jpg

後方から見たラインは良い感じだと思う
MC190351.jpg

で~、リアカウルも薄めに青を塗ってみた。

 クリアー処理するからってかなりいい加減に塗ってるな・・・。
MC190352.jpg

んで、こんな感じになりました。 結構爽やかです!!
MC190353.jpg

メタリックの赤入れてトリコロールも有りかな~って考えたけど

 ネイキッドバイクなので却下しました。

 どっかに黒入れてもう少しシャープ感出そうか。。。
MC190354.jpg

けど、正面から見て白が見えてるのが良い感じだし(ハイレグ的発想で)昭和です。

一応4mmで白ライン残る訳だし・・・・。
MC190355.jpg

まま、勢いで塗ってしまうのが成功の鍵かな!

 出来たので納得ってのが一番良いかもしんないしね~

とっとと、リアパネルの修整をせねばです・・・。

CBR250R MC19 そろそろ、組み立てましょう

MC17ばっかり触ってましたので、MC19のカウル関連は中途半端になってます
MC190338.jpg

ラッカーパテがモリモリ浮き上がっていたリアパネルも修正中です。

2度手間ですね・・・・。 面倒くさいな~
MC190339.jpg

んで、どうするのかというと、足回りの部品が出来て久しいので

組んでいくだけです。

長い事、この状態だったので見慣れてましたが
MC190341.jpg

フロントフェンダー付いて白ホイールになりました。

見慣れてないので、今一違和感を覚えました。
MC190342.jpg

けど、爽やかです~~

 最近塗るホイル全部黒だったので、90年代なカラーホイルも良いですね。

汚れは目立ちますがね~
MC190343.jpg

ついでに、サイドスタンドのゴムが切れてるので
MC190345.jpg

ちゃんと買って有りました、サイドスタンドゴム!
MC190344.jpg

シリコンスプレーで潤滑して打ち込み完成
MC190348.jpg

なんか、ぎゅっと進んだ感じがします。

今だカラーリングは決定してませんが・・・・・。
MC190346.jpg

だって、最初のリアパネルが無いから後ろがこんな感じで・・・・。

進める気も消沈てな具合です

 ちなみにタイヤはダンロップ αー13

 さすがにスポーツタイヤ140/70-17であっても細めです。
MC190350.jpg

ネイキッドは意味も無く太いタイヤがかっこいいと思うのだけど

自分が乗るならこれかな~~ってね。

 とっとと、完成させねば。。。

CBR250R MC17 ダブルシートに変更完了!!

中途半端な状態であったCBR250R

けど、この状態で後ろ半分流してカバー作ればすごく良い感じになりそうですな~

けど、そんな時間は無いので、さくさくとF仕様に変更しましょ
cbr101100.jpg

先ずは、タンクマウントダンパーをFの物と交換

以上です。。。
cbr101101.jpg

後は、シートはめて、シートバックを取り付けました。
cbr101104.jpg

ここまでやって気付いた事が一つ

 かなり、後ろ上がりな家のMC17、シートの勾配も同様だった訳で

前に滑りそうな予感が・・・・。 
  だけど、グリップパッドが付いている、どうなるであろうか?

ポジション的にはかなり広く取れるようになってるので
 どっかり座るような乗り方しなかったら良いかもです。

トコトコ乗れないって事ですけども・・・・。
cbr101105.jpg

だけどね、ホントはこのシャープなリア回りにしたかっただけだから~
cbr101106.jpg

この後乗ってみたけど広くなっていい感じ
 
 だけど、シートが軟いのでなんか変な感じ~

けど、慣れればいけるんじゃ無いでしょうかね。

とりあえず、後方F仕様化は完了です。 フロントフォーク関連は又今度です。

CBR250R MC17 MC14のシートを再生

MC17のシート周りをMC14に替えていくのに、必要な部品が
思ったよりいっぱい要りました。

 少し想定外・・・・。

シートもノーマルで良いセコパーツも無いので必然的に張替え

シート革は型持ってるところだとまだ出来ますね。

ダブルシートを1枚張りするとどうしても型崩れするので仕方無かったのです。
cbr101091.jpg

シートのウレタンもシートベルトが通るところが大胆に凹んでます
cbr101092.jpg

ウレタンほどの硬度は無いですがスポンジで埋めます。

お尻の下は低反発スポンジを仕込むというより置く。
cbr101093.jpg

そして革を張っていくと、やはり出っ張る・・・・。
cbr101094.jpg

一番前から大きい面で低反発スポンジ入れたら判りずらかったかもですね~

後ろ半分はきれいに上がりました。

まあ、出っぱってると何かしてる風で良いかも~
 機能上は問題無いから良いんです。
cbr101095.jpg

それで、裏側なんですが、シート当り部のゴムが無くなってます。

 さすがに1985年、86年と2年しか作ってない車両の部品が出る訳無いと

ダメもとで発注すると
cbr101096.jpg

出ましたよ部品!!
cbr101097.jpg

タンクのダンパーゴムまで出ました~
 なかなかやるねホンダさん。 30年前の部品だよ。
cbr101098.jpg

感銘を受けながら、ぽこりとゴムをはめました。
cbr101099.jpg

これで、たぶん部品が揃ったよね~
 次の休みで完成させよう!!

WR250F リアフェンダー補強 サイドブレース入れてみた

私はオーナーではないので良く解りませんが

WRのリアフェンダーがグスグスになるのは有名な話しだそう。

確かに横方向からしか固定していないのでねじれが生じるのかも
 しれません。
WR250F00231.jpg

なので、回転方向に保持できる物を考える・・・・。

アルミ板で左右つないで見てはどうだろう!

って事で、アルミFBひん曲げて作って見ました。
 一応材質はA6101となってます。
WR250F00232.jpg

フェンダーのRに合わせて捻っていきます。
WR250F00233.jpg

ボルト穴を開けて、左右結合!
WR250F00234.jpg

これだけでは回ってしまって捻り対策になってないので
リベットで3箇所固定。

硬めのアルミなのでリベットは持つでしょう! と、希望的観測!!

ちなみにナットとアルミ板間には2mmのカラー入れて樹脂で埋めてます
 隙間が有ったら意味が無いので。。。
WR250F00235.jpg

サイド部にリベットの頭が見えてしまうのでラージサイズでごまかします。

実際の強度は使ってみないと解りませんけども、妄想では逝けてるかな~
WR250F00236.jpg

これでハーネス部位外は完成です。

売ってる奴みたいになったかな??
WR250F00237.jpg

取り付けにはサブフレームの修理も要るので

ハーネス込みで又今度です。

CBR250R MC17 ダブルシートに変更してみる

CBR250って、基本的に女性も購買層に入っていた訳でシートが低い

ついでにRが付いて更に低くなって、レプリカっぽくタンデムシートを上げたもんだから

ライダーのポジションにも自由度が少ない

  と、勝手に感じてました。

まだ、CBR250R1はマシですけどそれでもちょっと狭いのです。
cbr101082.jpg

と、変な前置きになりましたが、 今回塗った部品を付けるだけですヨン

お盆に落としたインナーカウルの小物入れのフタ
cbr101083.jpg

これはほんとにはめるだけなのですぐ完成!!

一瞬で完成して、ばっちり。
cbr101084.jpg

シートカウルも再研磨して凸凹を減らしました!!

自分のなので所々いい加減ですが・・・。
cbr101080.jpg

Rだとこのもっこりしたシートカウルが特徴
cbr101085.jpg

とりあえず、中身の部品をどんどん外して、ロックのみ付け替えます
cbr101086.jpg

すると、このシャープなFテールに交換可能です!!

弊害として、ちょっとした小物入れスペースが完全に無くなります。

だけど、ポジションの広さと、このシャープ感には小物入れが無くなる比ではない!
cbr101087.jpg

後ですね、タンク取り付け基部のダンパー形状がFとRで違うので

Rのままだとシートが浮き上がります。

ついでに、手持ちのシートは穴だらけと・・・・・。
cbr101088.jpg

シートは張替えが要りますね
cbr101089.jpg

って事で、革剥いで乗せます。

ちょっとウレタンの加工もした方が良いのか、シートバックは付ける方向なので

Rとスペース的に変わらないかも、   しれない・・・・。

ウレタン盛るか、削るかで後ろの段を滑らかにする必要は有りそうですね
cbr101090.jpg

まあ、部品が少々というか大分足りないので集まってから再調整しますか

だけど、Fのテールって好きだわ~~

WR250F リアコンビネーションランプ製作

頼まれ物のリアフェンダー入ってきました。
WR250F00217.jpg

大きいのでやっぱり高価ですけど、外品と変わらない気もするな・・・。

4309円でした。
WR250F00218.jpg

あと、ナンバー灯とウィンカー
WR250F00219.jpg

この間、オーナーさんとわいわい言いながら作ったテールアッシーに
 ウィンカー取り付け。

ちょっと外向いて視認性がアップ!! するんか??
WR250F00220.jpg

ナンバー灯のハーネスを通すのでナンバーブラケットも逃げ加工します

ちなみにナンバーベースはPCの4t ブラケットはジュラコンです。
WR250F00221.jpg

ナイスです、中々のしっくり感~~
WR250F00222.jpg

ここで、重量はというと386g かなり軽く出来ました。

フェンダーベースはポリスポーツの旧タイプです。
 新型は肉抜きが酷くてナンバープレートを持たせられないという・・・・。

まあ、レースパーツが進化すれば保安部品が付かなくなるって良くある事です
WR250F00223.jpg

それではフェンダーに付けるんですけども

この取り付けダボには到底フィットしません
WR250F00224.jpg

なので切り落とします。

 新品部品の加工ってちょっとどきどきしますよね~
WR250F00225.jpg

んで、穴明けて付きました。
WR250F00226.jpg

ナンバーの角度がジェントルです。

 が、車体に付けてから、PC板曲げれば良い角度に調整できますからね
WR250F00227.jpg

テールアッシーの取り付けはM5の皿ビス3本です。

肉厚が無いので皿加工は薄めでちょっとネジが出てますが許容範囲かと。
WR250F00228.jpg

思いの外、かっこいいテールになりました。

 意図的に少し奥目にしましたけどどうだろうか?
WR250F00230.jpg

あと、フェンダー取り付け部の補強も有るのでもうちょっと頑張ってみるか


これ新型に変わっちゃいましたね・・・。

POLISPORTポリスポーツ/テールライト ホモロゲーテッド(リアライト&ストップライト)【HOMOLOGATED TAIL LIGHTS(rear light+stop light)】

POLISPORTポリスポーツ/テールライト ホモロゲーテッド(リアライト&ストップライト)【HOMOLOGATED TAIL LIGHTS(rear light+stop light)】 汎用



キタコKITACO/ワレンズミニウインカーセット

キタコKITACO/ワレンズミニウインカーセット 汎用



DRC/MOTOLED LEDライセンスプレートライト

DRC/MOTOLED LEDライセンスプレートライト 汎用

CRF250L テールランプをスマートにフェンダーレス

巷は3連休のようですが、今日だけしか休みが有りません。

出ようかと早起きしましたが、地面が塗れてたのでテンション下がって

いつものバイクいじりに没頭・・・・。


依頼品ではありますが、CRF250Lです。

結構な重量感が漂うバイクです
crf2500002.jpg

で、この大きなテールランプをどうにかしたいということです
crf2500003.jpg

確かに、視認性は抜群ですけどでか過ぎますね。
crf2500004.jpg

んで、使う部品が DRCのMOTOLEDエッジホルダーです。

最近オフの定番化になってきました、安いのが一番効いてると思います。

Zの奴は高いばっかりで・・・・・。ね。。。
crf2500005.jpg

LED自体の耐久性が低い一面も有りますが、中々かっこいい形してます。

ちゃんと、インナーカバーを隠すフタも付いている気が利く商品ですね
crf2500006.jpg

それでは車体をばらします。

キャリア外すとリアフェンダーも一緒に外れます。
 思いの他オフ車してます。
crf2500007.jpg

んで、テールアッシー外すと、やはり電装は集合コネクター

DRC付属はギボシ端子・・・・。 やはりココは価格なりと言う事ですね
crf2500008.jpg

それでは、テールのハーネスを外して、しばし考えて
crf2500010.jpg

3Pの防水コネクターにしました。

ギボシ端子でも良いのですが、ただのこだわりです。
crf2500012.jpg

後は何も考えず取り付け出来ます。
 ノーマルウインカー対応って所もイイネ!

だけどウィンカーノーマルだと、でかいでかい~~
crf2500013.jpg

ついでにリフレクターも無い無い。。。
crf2500014.jpg

テールランプとウィンカーがほぼ同一線上に有るのがいけてない感じです。

やはり小さいウィンカーに替えたくなりますよね~
crf2500015.jpg

だけど、当初の目的のリア周りをスッキリさせるのは達成出来た感じです。
crf2500016.jpg

だけど、リフレクターは必須として、ウィンカーも替えたくなりますよね

オーナーさんはどう言うだろうか??

私的にはワレンズウィンカーのクリアーで前後交換するかな~


DRC/MOTOLED エッジホルダーキット

DRC/MOTOLED エッジホルダーキット CRF250L



キタコKITACO/ワレンズミニウインカーセット

キタコKITACO/ワレンズミニウインカーセット 汎用

ストリートマジックⅡ110 部品来た ついでに磨いた

完全な中日では有りますが、週末天気が良い保証は無いので早々に

やっちゃいます。
sutomaji229.jpg

前回足らなかったベルトカバーガスケット 1404円もしやがります・・・。
sutomaji230.jpg

他車種の外装やってるついでに、ストマジのリアフェンダーも磨いておきました。

傷は有るもののピカピカになった!
sutomaji231.jpg

それでは、分解と思って見下ろすと、リアカウルが無いのに違和感無いですな・・。

色物だったら気付くんでしょうがモノトーンなので分かりにくいんかね
sutomaji232.jpg

作業は、ただカバー外してガスケット入れるだけです。

しかし、何気にガスケットが高価だったので、
 剥離側にシリコングリス塗っておきます。

スクーターの駆動系って結構ばらす頻度高いからね
sutomaji233.jpg

んで、完成!

 後ろ周りはピカピカになりました~
sutomaji234.jpg

キャリアもブラックアウトにしたので邪魔物感も無くて良かった
sutomaji235.jpg

で、前周りは~

 完成って言ったけどフロントフェンダー塗りっぱなしデスネ・・・。

次、クリアー塗る時に一緒にコートしましょうか。

何か、中途半端感が漂った一瞬です。
sutomaji236.jpg

とりあえずは、これで、全天候型になったので

使い道は分かんないけどチョロ乗りに使っていきましょかね。

RV125jp スポイラー? キャリアベース? 交換

足回りやってるついでに、ハネも交換します。

JPのハネにEFIのキャリア付けてるのでこの急角度がパッセンジャーを圧迫します。
rv12511422.jpg

では、部品を付け替えとは行かず。

 EFIのハネに付いてるストップランプの配線が要りますね。

緑線(アース) 緑/黄線(ブレーキ)

を割ってギボシ端子で繋ぎましょ
rv12511415.jpg

かなりはしょって、点灯しました。

今回も110端子から2又割りで電源取りました。

ハーネス剥くのが面倒だったからに他有りませんです・・・・・。
rv12511416.jpg

電気、いやストップランプが繋がったのでハネ取り付け!!

かなりジェントルな感じになった。

 EFIのはハネと言うよりスポイラーですね。

え? どうでも良いって??

 いや、大事な事ですよ、だって、タンデムバーとしては使え無くなってますからね

裏側が空だから握ると痛そうです。
rv12511423.jpg

しかし、キャリアを付けるとこの角度! ほぼ水平です。

これでタンデムスペースは確保出来ます。

 JPの羽に付く良いキャリアが有れば強度も含めて最高なんだけどな・・・。
rv12511424.jpg

ついでに塗ってたアンダーサイドカバーも交換。

光沢に違いが有りすぎですけどその内、前周りも再塗装するので 良い!!
rv12511426.jpg

で、出来上がりがこんな感じ。

 やはりこれだけでかい箱を付けるとグラグラします・・・。

クラック入らないか要チェック項目ですね。

 ちび介君にはもたれるなと言っておきましょう。
rv12511427.jpg

それでは、今回のビフォー・アフターです。

ちょっとづつ変わってますけど、並べて見ないと解らない的な感じです。
 前後で伸びちゃったので、長くなってます、フロントタイヤが大きいのが効いてるな

そうそう、足付きはかなり悪くなりました。
 バンク角増量の為のインチアップなので想定内ですがボトムしてたら変わらない気も
rv12511407.jpg
rv12511428.jpg

とりあえず、思ってた事は出来たので乗って確認してみましょうかね。

RV125jp やっとインチアップ計画実施

この間、エンジン関係の見直して快調に戻ったRV125jpです。

盆明けから、通勤に使う予定でせっせと修理してましたが
また、職場移動により自転車通勤になった・・・・・・。

お買い物と、ちび介君とツーリング用ちう限定的な使い方しか残りません

しかし、有ると便利なバイクなので存続の方向でやっちゃいます~
rv12511407.jpg

部品関係はかなり前に揃ってたんですけど、この塗装が進まなくて
 今に至るって感じですね。

最終研磨まで終わったフェンダーとスポイラー
rv12511408.jpg

先ずは車体のディメンジョンが変わるので0点設定です。

1人でやるのでいいかげんですけど、前後の位置を測っておきます。

この状態で乗ってから、棒でメジャーを押し下げる方法で測定しました。
rv12511409.jpg

先ずは、前周りの部品交換。

キャリパーとタイヤを外してフロントフェンダー外します。

12インチのときはこの隙間で
rv12511410.jpg

13インチ用はこの隙間。

隙間は空いてるけどこのフェンダーの格好が不細工である。
rv12511411.jpg

タイヤ比較、13インチと12インチ。

 結構な差が有りますね、この半分の高さが車体姿勢に効いてきます。
rv12511412.jpg

タイヤ幅は少し13インチが太いのかな?

110/90-13 と 120/70-12なんで、細くなってますけど
扁平率が効いてるんかな。

 まあ、125iはこのサイズなので良いでしょう。
rv12511413.jpg

前だけ組んで測って見ます。

 前で30mmアップ、 後ろが10mmアップ?

なんで後ろも上がるんであろうか??

前が上がったので、Rサスの角度が直立に近くなって反力が上がったとか
 想像は出来ますが、事実として受け取っておきましょう。
rv12511414.jpg

変位差が20mmなんで、このままでも良いんですが、買ってるので
 Rサスも交換

KYBのMG331に交換です。
 シグナスとかのアップタイプです。

今まで使ってたのがラフアンドロードのLUCKブランドだったかの
ローダウンサスでH-H305mm

当然KYBは表記の通り331mmです。

その差26mmです。
rv12511417.jpg

お気付きの方もおられるでしょうが

ここで、ちょっと問題が有ります。

フロント上がってるので地面とリアタイヤの隙間が15mm・・・・。

サスの長さは26mm長いから~~
rv12511419.jpg

まあ、付けてみましょう!!

おっ、付いてんじゃんって感じで、取付けは出来ました。
rv12511418.jpg

が、完全にタイヤが接地しました。

 メインスタンドの上げ下げが超楽勝となりました。

エンジンの空ぶかし厳禁です! 走り出すに違い有りませんが
 一応、4箇所接地で安定してるのでこのまま行きたいと思います。

この時点での変位量は前が40mmアップ 後ろが25mmアップで
 差が15mm

 これぐらいなら、違和感出無いと思います、スクーターだから。
rv12511420.jpg

だけどね、サイドスタンドの角度がこれです。

もうシートが開けっ放しに出来ない角度ですね。

 地味に長いスタンドは探しておきましょうか。
rv12511421.jpg

リアサスのバネがタマゴカラーから何の変哲も無い青になってしまいましたが

ヒップアップアダプターとか大嫌いなので仕方ないです。

取り付け角が小さくなってるのとスプリングの巻き数が増えてるので

前と同等であろうと、妄想中であります。

 妄想が当たってれば良いな。。。


キタコKITACO/KYB(カヤバ) ショックアブソーバー

キタコKITACO/KYB(カヤバ) ショックアブソーバー CYGNUS

CBR250R MC17 カウルの磨きこみぞな

今日はちび介君の運動会。

朝のうち雨でしたが、晴れてきたので実施の運びとなりました。

まあ、それ程暑くならなくて良かったのかもしれないですね。

んで、帰ってきてから出来る事を始めましょ

CBRのフタとシートカウル
cbr101074.jpg

先ずは、クリアー垂れてる所が有ったので

#1200の耐水ペーパーで慣らして、#2000で全体研磨です。

均一に艶消しになってると後研磨が楽です。
cbr101073.jpg

ピカールのラビングコンパウンドで磨いていきます。

電動ドリル使用は当然と言うことで・・・。
cbr101075.jpg

洗うとこんな感じになりました。
cbr101076.jpg

3Mの超極細コンパウンドで手磨きするとこれぐらいの光沢に

クリアーに弾きが出たので出来上がりが凸凹ですな~~
cbr101077.jpg

あんまり見える所じゃないので、このままノブ付けました。

付ける時に落下防止でも付けときますか、又無くしたら、立ち直れないかもなので
cbr101078.jpg

シートカウルも出来上がりが凸凹・・・・・。

これはもう一回、面出しした方が後悔が無い様に思いますね。
cbr101079.jpg

本日、7時間ほど屋外で日に当たってたので
 ここいらで、グロッキーです。

また、近い内にMC17ガツッとやりましょうか。
 部品が無くならない内にね・・・・・。

FC2Ad