いろいろやろうかな~

CBR250R MC19 タイヤ交換下準備なり

CBRもそろそろ塗装の準備に入らないといけません。

車体が出来ても色塗ってないと最後の仕上げにならないからね。

で、ホイールを再塗装するので、替えが要ります。

丁度、MC17の前後ホイールがストックに有ります。

フロントフェンダーもまさかの新品!!
MC190188.jpg

爽やかな感じの白ホイールが
MC190197.jpg

黒ホイールになって、赤いフェンダーが付いたとたん
二個一感が漂って来ました・・・・。
MC190198.jpg

ネイキッドの赤い車両って少ないから違和感が有るのか

ただ、私の脳内イメージに無いだけなのか・・・。 うん、逝けてないな。
MC190199.jpg

リアホイールも交換します。

140から130に下がるとこんなにもタイヤ幅違うんですね~

どっちもTT900GPなのでラウンド比はそれほど違わないと思うんだけど
 かなり違いが有ります、タイヤも丸っこさが全然違うよ。
MC190209.jpg

んで、現在の全体像は微妙です。
MC190211.jpg

やはり、外装の色って大事だね、と思うショット
MC190212.jpg

けども、マフラーはいけてるよね! 自己満足!!

ノーマル風に塗り分けたけど、一切ノーマルには見えませんが。。
MC190213.jpg

外装も早く塗ってしまいたいけど、リア回りの洗浄と、グリスアップ
タイヤ交換、外装の補修とまだやる事がいっぱい

乗り出しはいつになることやら・・・。

相変わらず、やる気出してもスピードは上がらずですわ。
スポンサーサイト

CBR250R MC19 マフラー補修

マフラーです。 ブラックアウトしてましたが

実はメッキ管です。

だけど、ヘッダー部分に錆が出てるので色を落として

再塗装します。
MC190191.jpg

ソフト99の耐熱塗料使ってます、半艶具合が一番良い感じな気がしてるので。

今回、集合部まで黒塗装してノーマル感を出してみました。
MC190192.jpg

ガスケットは交換です、既にデッドストック状態。

でも有って良かった予備品です!
MC190200.jpg

元々付いてたのは完全につぶれて入ってないんじゃないかと言うような状態。

ほじくり返して取りました。
MC190201.jpg

カーボンまみれでしたので、ちょっとだけ掃除しました。

カーボン咬ますと漏れますのでね。
MC190202.jpg

塗料が乾いたので組んでみます。

見辛いですが、良い感じではないかな?
MC190203.jpg

車体に組み込みます。

サイレンサーもリペア中なので現在すってんてん。

空っぽです。
MC190204.jpg

ウールを突っ込み差し込むだけ。

カーカのリペアは簡単です!!

 これだけ見ると良いサイレンサーですね。
MC190205.jpg

しかし、色気の無いサイレンサーです。

シェルをちょっと磨いたのでエンブレムは外して作業しました。

エンブレム外す時はリベット外してから、
コーキングで貼って有るのでへらでこーキングを切れば取れます。
MC190206.jpg

無理くり剥ぎ取るとエンブレムはぐにゃぐにゃになるので注意です。
MC190207.jpg

取り付けは、やはりコーキングで貼った後リベット打って完成です
MC190208.jpg

このマフラーはOVERのセスミックⅡのエキパイにカーカのサイレンサー入れた物

なかなか、この角度まで簡単に上げれるマフラーが無いので大事に使ってます。

MC19ってサイレンサーの角度ゆるいですもんね。

 ちょっとだけでも今風にカチ上げないとね。。。

CBR250R MC19 ヘッドライト廻り補修 とヒューズ飛び調査

ゴールデンウィークはどこ行っても人が多いんでいつも出不精になります。

やる事もいっぱい有るので家でコツコツとやっていきます

これ、ウィンカーのブラケットですが、錆びてましたので錆び取り
MC190189.jpg

そんで、塗装。

今回はお手軽ラッカースプレー塗装です。

ラッカーでもするとしないで大違いですからやっといて損なしです。
MC190190.jpg

ヘッドライトステーは汎用品のフォーク取り付けタイプ。

地味に調整が難しかったりします・・・。
MC190193.jpg

で、ヘッドライトケース付けて、配線チェック!

なかなか悪所が見つかりません。
MC190194.jpg

ハーネスに異常が無いので、リレー関係を確認すると、
 ウィンカーリレーでショートしてました。

こんな部品も壊れる事有るんだね~
MC190195.jpg

で、ハーネスをヘッドライトに押し込んで、ライト付きました~

これでだいぶとバイクっぽくなってきたね
MC190196.jpg

今日はまだ日が高いのでまだまだ出来るぞな

マフラー補修もやって魔王~

今年、初ツーリング~ かねまつ食堂

去年はほとんどツーリングにも行けず悶々としてましたが

今回は行きます! 遅刻もせずに8時集合

初めて会う方も多くて、名前は覚えられません・・・・。
tu-0626.jpg

のりの良い若者も来ました~
tu-0627.jpg

一応自分の中でリハビリだったので車両も合せてのんびり行こうか

と思ってましたが・・・・。

結構なペースで道の駅瑞穂の里に到着。

 やはり思ってるほど乗れてませんでしたね・・・・。

でも良いんです、リハビリですから!!
tu-0628.jpg

そして、道の駅名田庄へ、ビューンと移動
tu-0633.jpg

この奥にわらぶきの家が有るんですね、気にも留めてませんでした、が
tu-0634.jpg

それをバックに記念撮影する人が。

SNSにでもアップするんですか??
tu-0637.jpg

で、ようやく11時半にかねまつ食堂に到着!!

今日は何故だか空いてました、いつもいっぱいなのに何故かな?

で、今回高額な定食を頼んだ
tu-0638.jpg

訳も無く、いつもの特丼並みです。
 最近食も細くなって来ました・・・・。 初老です!
tu-0639.jpg

美味しく、特丼を食べて外に出ると、いつも気になってる貝殻

ここで、貝類を食べたことは無いけど提供してるんでしょうね

今度、メニューもっとよく見てみよう
tu-0640.jpg

後はひたすら帰るだけです。

知らない道を引っ張られながら、何も無いところで停車?

疲れたから休憩~ですって。

 私も密かに疲れてたんでGoodです!

この中にR3混じってるんですけど、良く走ります。
 カチ回せて楽しいんですけど、疲れるよね、小排気量。
tu-0641.jpg

山手を見るとまだ、桜が咲いてました。

新緑の緑色ってキレイですよね~ って、最近爺の様な発言が・・・。
tu-0642.jpg

帰り道におやつ休憩と言うことでカフェ ノセログかな?

前まで違う店だったような???

まあ、カフェなので休憩できます!
tu-0643.jpg

店内はスリッパに履き替えないといけなかったので外で。

しかし、禁煙・・・。 まあ今の時代仕方ないですか。
tu-0644.jpg

んで、良いなと思う一品が。

ホットコーヒーです。
tu-0645.jpg

冷めないようにローソクで加熱。

 これで、ホント冷めませんし、ちょっと洒落た感じが出ますね。
tu-0646.jpg

軽食は、ガッツリフレンチトースト。

 厚みがハンパ無いです。

けど、みんな黙々と食べて、ちょ~うめ~の声は聞けませんでしたが

どうだったんだろうか。
tu-0647.jpg

私は、ジジイ化が進んでいるので おはぎ。

緑のは枝豆味ですっきりしてました。

そんなに甘くなくて私的には美味しかった~

通常は3個のようですけど、サービスで4個になってますとのこと
 本当なのか? 始めて来たので解らない。
tu-0648.jpg

今回は明るい内に帰ってこれたので、潰れた虫達をキレイに拭き取りました。

置いておくとカリカリになって取れなくなりますからね
tu-0649.jpg

体が思いの外動かなくなってまして、股関節も若干の筋肉痛が・・・。
2・3日辛いかな~

まま、すっきり出来たので良いでしょ!

今回の走行距離は集合場所から集合場所まで304.2kmでした。
 結構走ってるんだね~

燃費は20.53ℓ焚いたので14.8km/ℓでした。
久しぶりに15割ってしまいました

進入で減速しすぎたので加速時にガスをたくさん焚いたんでしょう
ヘボイな自分・・・・。

ポリタンク修理できるのか!?

お友達から、ポリタンクの穴直るかな?って相談

やった事無いけど、PP樹脂は最近接着剤が有るようなので
PP用瞬間接着剤で穴を埋めるも、ガソリン漏れ・・・・。

再度挑戦してみます。
WR250F00211.jpg

奥まで完全に割れたキャップ部分
WR250F00212.jpg

底の方に空いた穴。
WR250F00213.jpg

本当は同じ樹脂で塞がないといけませんが無いので

とりあえずどこでも売ってるグルー
WR250F00214.jpg

ヒートガンでタンク自体を溶かしながらグルーを足します

可逆温度が全然違うので混ざりにくいと言うか

透明で見えないので実際良く解りませんです。

で、一応水張って漏れません
WR250F00215.jpg

下も今の所漏れてません
WR250F00216.jpg

と言うことでオーナーさんに戻して、ガソリン入れて置いといてもらったら

漏れました・・・・・。

タンクと同じ樹脂で無いと混ざらないんでしょうな。

しかし、このタンクが有れば次穴が開いた時のドナーになってくれる事でしょう。

PP樹脂って便利だけど、こと補修となると大変です。


今回は残念でした~と言う結果です。

CBR250R MC19 キャブレターセッティングと汁物交換

4気筒CBRを触るといつも引っかかるのが

負圧の取り出し・・・。

#1シリンダーのは出せない位置に有りますね~
MC190166.jpg

ここは、力技でクーラントパイプを捻りあげます

するとちょっと見えました。

これでクーラントが漏れればOリング交換となります・・・。
MC190167.jpg

とりあえず、各気筒から負圧の取出しが出来ました。

250cc4発って小さいからここら辺が面倒ですよね~
MC190168.jpg

で、キャブを付けてと行かないで、昨日抜いたオイルを入れます

フラッシングですので10W-40鉱物油です。

シェブロンオイルです、安いので問題無し!
MC190174.jpg

オイルの量はフィルター交換して無いので2.1ℓ。

すると丁度RV125jpに使うだけのオイルが残ります! ナイス!!
MC190175.jpg

それでは、キャブ、バキュームゲージ、バッテリー、バッテリーブースター、ガソリンタンク
 以上を繋ぎ込み、じゅんびOKです。
MC190176.jpg

それでは、アイドリング。

問題無く、低回転で回りました。

とりま、1800回転ぐらいで合せていきましょう。

バタ弁の高さだけではこれ位の精度しか有りませんでした。
MC190177.jpg

#4キャブを調整。

ちなみに、アジャストスクリュー回すのに全開位置で無いとネジにアクセス出来ないので

都度エンジンを止める事になります。 なので ブースターを繋いでると言う訳です。
MC190178.jpg

#2キャブを合せて。
MC190179.jpg

最後に#1キャブを合せて、回転上げ下げして確認!!

 良い感じに吹けます~

今の所、パイロット系は触らなくて大丈夫そうです。
MC190180.jpg

出してるついでにクーラントも交換しておきましょう。

ちなみにエンジン冷めてからやってますよ
 熱い時キャップ開けるなって書いてあるでしょ~

で、出た水がなんとも・・・・。

トヨタのクーラントでしょう、たぶん、赤いから・・・・。

たぶん、自分で入れてると思いますが忘れてみるとちょとショックでした。

きちんと水道水で洗浄して、緑色のクーラントに交換しました。

車体を水平にして入れるとエア抜き早いです。
MC190181.jpg

後は、こまこまと。

グリップをワイヤーロックしてなかったので
MC190182.jpg

ワイヤーで縛ったりとか
MC190184.jpg

サイレンサーステーのカラーを角型に替えて見たりして
MC190185.jpg

次のマフラー補修の準備をしようとフランジボルトに工具を掛けると

全部緩んでました~

と言うか、締めてませんでした~ そりゃ排気音がパリパリ言う訳ですな

仮組みで納得してたと言う落ちが付きました。

まあ、リペア前提だったと言うことでね。。
MC190186.jpg

外したマフラーはいつもの所へ掛けましたが

また、落ちそうになってますね・・・・。

マフラー関係もまた片付けないといけないね。
MC190187.jpg

実家にまだ3本ぐらいぶら下がってた気がする・・・・。

順番に片付けもしていかないといけないね~~ 

 まあ、とりあえずマフラーリペアかな。

CBR250R MC19 キャブレタープリセッティング

雨は上がり暴風は吹いていますがバイク触れそうなのでやってしまいましょう
MC190163.jpg

先ずは、昨日異常に高かったアイドリングの調整です。

見た所で触れるところは無いので分解
MC190164.jpg

目視では何の異常も見当たりませんが

若干力技でキャブを分解しているので狂っていること確実です
MC190169.jpg

で、私が使う工具は1mmのドリルです。
MC190170.jpg

これを、基準キャブの#3のバタフライ弁に挟み込み
MC190171.jpg

#4・#2とお隣さんのバタ弁開度を1mmに合せていきます。

やっぱり、#2・#1と結構狂ってましたね。
MC190172.jpg

これをやっとかないと、同調取る時このクソ回しにくい同調スクリューとの

格闘が待っていると言う事です。

1回転以上は回したくないのでね~
MC190173.jpg

これで、キャブの準備はOKです。

別にドリルでなくても同じ径の物が有ればそれで代用できますよ。

0.5mmのステンレスワイヤーとかなら普通ガレージのどこかに有るでしょう・・・。


次は車体だね~ これが結構面倒くさいじょ

CBR250R MC19 エンジン始動~

やっと、エンジン始動直前まで来ました~

その前に片付けで出てきたミラーも付けておきましょうか!
 邪魔じゃないかって??

邪魔にはなりますが、ガレージ内で転がってるのも邪魔だったもので・・・・。
 どっちが良いかという問題ですね~
MC190152.jpg

んで、問題発生~~

バッテリー付けてイグニッション入れるとメーター類のヒューズが切れます・・・。

コネクターを抜きまくって簡易判断したところ、ウィンカー系で問題が有りそうだなと

てな事で、ウインカーリレーとウインカー系のコネクターを外して
MC190157.jpg

スイッチオン!!

ポジションランプとニュートラルランプが点きましたよ
MC190158.jpg

それでは、長期保管エンジン始動の儀式の後 ガソリン送ってエンジン始動~ 
  するも#4に火が入りませんな

プラグを確認すると懐かしのVプラグが破損してました。

とりあえずなので中古プラグ入れておきましたが、新品に交換しないといけないね~

また部品が要るぞな・・・・。 まあ、消耗品なので仕方ないか・・・。
MC190159.jpg

で、やっとエンジン始動!

カーカの爆音と、アイドリングが異常に高い。

一言で言うと、うるさい・・・・・。


今回はキャブの調整ではないので良いんですが、思いの他回転上がりすぎだね・・・。
MC190160.jpg

エンジンが温もったので、オイル抜きます。

しゃばしゃばのが出ました~
私の記憶が正しければホンダ純正が入っているはずですが

ちょっと不安になります・・・。
MC190161.jpg

とりあえず、今日はこのぐらいで良いかな。

エンジン始動が目的だったのでね。
MC190162.jpg

明日は天気が悪そうなので、どうしましょうかね~

晴れたら続き出来るのにな~

CBR250R MC19 燃料ポンプ整備とキャブOリング交換

MC19は、250にしては珍しく燃料ポンプ車です。

ここも要チェック!

中のガソリンが腐敗してると後々面倒な事になるので
エンコンと、クリーナーでヤニを落としておきます。
MC190148.jpg

12V掛けてポンプが打つのを確認して出来上がり
MC190149.jpg

そして、組み込み~

よりいっそうキレイになりました!!
MC190150.jpg

後で良いかなと思っていたOリングも来ましたので交換します。

Oリングが10個も入って300円程度で買えます。

OHのついでには交換しましょう
MC190151.jpg

こういったガソリン経路のOリングセットです。
MC190153.jpg

ちなみにバキュームピストン側は入ってませんので別で要るのですが

こちらのOリング単体では出ません・・・。
 こういう所がホンダですな。

1.5mmの14φOリングです。

常にガソリンに触れていないので1種のOリング使いました。
MC190154.jpg

外したOリングはプチプチと切れまくります。

1993年式のエンジンなのでかれこれ23年物ですから、こんなものでしょう
MC190155.jpg

キャブもきちんと組み上がりました~~
MC190156.jpg

地味な再生ですが、ポイント押さえてやっていかないと

いつまでやっても調子悪いとか、すぐ不調になるとか良い事無いですからね

これでやっとエンジン掛けれる段取りできました!

CBR250R MC19 フロントマスターシリンダーピストン交換

フロントマスターのキットはこんな感じで全部の部品が入ってます。

部品番号は45530-MN9-305で2500円ぐらいです。

ここいらの部品はどこのメーカーも価格的には変わりませんね

ちなみに現在一番外のブーツの最安値メーカーはホンダです!カワサキ負けました~
MC190141.jpg

フルードは前回空っぽにしてたので
MC190142.jpg

取り外すのみ!
MC190144.jpg

シールに傷を付けない様に組み立てまして
MC190143.jpg

もうエア抜きやってますな・・・・。

前回処置済みだったのでリアルに組んだだけですから
MC190145.jpg

ついでにフルード交換もしようと思いましたが

思いの他キレイなフルードが出たのでエア抜きまでにしておきます。
MC190146.jpg

フルードタンクは基本いっぱいに入れとくべきですがちょっと少なめで

だって、ピストン全部押し込んでませんから、量なんて分かりませんです。
MC190147.jpg

こうして、ブレーキが復活しました~

無駄では無いですが、この出費も痛いね・・・。

CBR250R MC19 部品来た~ エアフィルター交換

CBRの完全に逝かれていた部品を購入

しかし、純正エアクリーナーは販売終了と言うことで中華製の物に・・・。

ノーマル捨てないで取っとけばよかったな~
MC190135.jpg

んで、先ずエアクリーナー交換しますがさすが中華!

そのままでは色々当たって入りません
MC190136.jpg

一番酷いところがここです。

ケースに当たってしまう所まで網が有ります。
MC190137.jpg

なので、当たる所をひん曲げて
MC190138.jpg

ケースに乗せると、フィルターベース自体曲ってますね・・・・。

これは、このまま気合で取り付けますか。
MC190139.jpg

ちうことで、何とか付きましたが~

やはり、カバーに若干隙間が開きます。
MC190140.jpg

枠だけの話なのでヒートガンであぶって伸ばしても良いかもしれませんが

使用上問題無さそうなのでこのままで行きましょうか~~

って、ちょっといい加減です。

 フィルター自体もペーパーがふにゃふにゃしてるので耐久性も??

最終手段はスポンジフィルターに置き換えるしか無さそうです。

しかし、、フィルターが無いなんて盲点でしたね~。 
 今度から捨てる前に在庫確認するようにしよう!

ホンダ ラクーン パンク修理~

現在の通勤快速号のラクーンがパンク・・・・。

これは休み中に直しておかないと歩いて出社と言う事になります。

朝の時間は大切なので頑張って修理開始~
sonota89562.jpg

自転車修理時は簡易スタンドで立てて作業してます。

ひっくり返す手間が無くていいですよ。
sonota89563.jpg

それでは、さくさくとリアタイヤを外します。
sonota89564.jpg

タイヤの状態はサイドが無いですね?

バンクもさせてないのに何故??
sonota89565.jpg

で、新品と並べると元からサイドのパターンは薄目と言うことで

タイヤは再使用決定です。

チューブはパンクして走行した為、穴が裂け目となっていた為交換。
sonota89566.jpg

チューブは捻らずタイヤに収めていきます。
sonota89567.jpg

タイヤは手で入りますね

しかし、見た目はタイヤが無い感じに見えるな、これ
sonota89568.jpg

とりあえず、通勤の足は確保できました!

最悪、バイクで行っても良いんだろうけど最近厳しいしね
sonota89569.jpg

既にボロだけど、完全にぶっ壊れるまで乗ってやろうか

これがエコロジーだと信じてね!

CBR250R MC19 ハンドル回り修正

マスターシリンダーが逝っちゃってますが、順番通り前から進めます

 しかし、何気に洗う度、キレイになっていきますね
MC190116.jpg

ハンドル廻りでいけてないのが、グリップ切れ、チョークハンドル折れ

後、ハンドルのアルミ錆び
MC190117.jpg

スイッチボックスも長年の放置で動きが悪いので洗浄と

接点復活の呪文でお茶を濁しておきます。
 通電してダメなら分解洗浄ですけどね~~
MC190118.jpg

キャブの固着で無理やり操作されポキンと折れたチョークハンドルを
外すのに、グリップは抜かないといけません。
MC190119.jpg

なので、グリップは新品にしましょう~~

プログリップの安い方です!
MC190120.jpg

チョークハンドルは仕方ないので新品投入です。
MC190121.jpg

それでは、ハンドルの見苦しさから処理しましょうかね。

 クリア層に傷がいって中で錆びてる状態ですので
MC190122.jpg

ペーパーで地道にクリア層を落とします。

ついでに錆びも削り落としておきます。
MC190125.jpg

ついでに、クラッチレバー廻りも洗浄しました。

 組む時にちゃんとグリスアップしないとですね。
MC190123.jpg

磨き上げたハンドルバーに順に部品付けていきます

なかなかの状態に復活した~
MC190124.jpg

ハンドル部分もピカってトップブリッジとお揃い。
MC190126.jpg

実際、ペーパー当ててる時はテンション駄々下がりですけど

出来上がるとちょっとテンションアップ!!

 トータルで考えると・・・・・。 

かなりの時間を使うので、ちょっと下がったままかもしれない。。。
MC190127.jpg

とりあえず、いけてないマスターシリンダーで右側も組立てて

ハンドル廻り出来上がりです~

 思った以上にキレイに仕上がりました~~
MC190132.jpg

まだまだ、実働への道は遠く険しそうですが

 ぱっと見、いけて来たと思うのは私だけだろうか?
MC190133.jpg

全体像は後ろ半分が手付かずなのでボロさ全開ですけどもね~
MC190134.jpg

急がば回れと言うことわざ通り、着実に進めていきましょう~

って、また部品買わないといけませんね・・・。

CBR250R MC19 マスターシリンダーパンク~

よだれを垂らしたマスターシリンダー

一応状態を確認しておきます。
MC190115.jpg

フルードの状態は・・・。

 微妙な感じです。
MC190128.jpg

とりあえず、フルードを抜き取って外します
MC190129.jpg

ピストンを抜くと~

 盛大に錆びてました・・・。

ボディ側は研磨でいけそうな感じです。
MC190130.jpg

外からの水がブーツを抜けて来てワッシャが錆びてシールを切った模様

ガレージ保管でもその前に悪くなってると悪化していきますからね~
MC190131.jpg

まま、ボディがいけてるのでインナーピストンだけ交換しましょか

部品の発注良し!!

CBR250R MC19 触る前に洗いましょう

キャブレターの洗浄も終わり、組み込んで、状態確認と行きたい所ですが

この小汚い状態の中にキレイになったキャブを放り込む事が出来ず
MC190110.jpg

洗うところから始めました~

暗くなってるのは、Dトラ触ってから洗ったんで。。。
MC190112.jpg

濡れているからか、何となくキレイになりました
MC190113.jpg

ホコリが取れると、フレームもピカリと光るんだね~~

 良い感じだ~ って思って、水切りで車体をゆさくってると
MC190114.jpg

マスターシリンダーからフルード漏れました・・・・。

 パンクしたみたいです。
MC190115.jpg

そう言えば、キャリパーは洗浄したけど、マスターはそのままだったね~

またやる事増えたね~

Dトラッカー 復活!!

かなり、春めいて来ました~

なので、久しぶりにバイクを引っ張り出し日光浴・・・・。

 では無く、エンジンかけてみました!

KLX・10R・9Rは難無くエンジン始動!!
P4090004.jpg

Dトラだけはバッテリー外してるので組み込んで始動~
Dtr00470.jpg

すると、オーバーフローしました・・・・。
Dtr00471.jpg

またも、キャブレター洗浄コースですね。

 まあ、去年のモーターショウに行ったのが最後の走行だと思うので仕方ないか。
Dtr00472.jpg

タンク外して、久しぶりなのでじっくり見て外し方を思い出します・・・・。
Dtr00473.jpg

先ず、スロットルワイヤーとレギュレーターを外して
Dtr00474.jpg

時計回りにキャブを回転させながら抜きます!

 小指が少し負傷しましたが取り外し完了です。
Dtr00475.jpg

フロートチャンバー外すと深緑になったMJ登場!

 丁度、ドレンキャップ内にだけガソリンが残ってたんだね~
Dtr00476.jpg

詰まっているのがMJだけですが
 保険で加速ポンプとニードルジェットホルダも洗浄

ここの所、エンコンの使用量がハンパ無いぞ、そろそろ買っとか無いといけないね
Dtr00477.jpg

軽傷だったので5分ほどで洗浄終了~
Dtr00478.jpg

組み付けます。

 ちなみにオーバーフローしたのはフロートが軸とくっついてたからでした。
Dtr00479.jpg

外した手順の逆で組んでいきます。

 入れる時の方が大変ですね。
Dtr00480.jpg

さらに、古くなったガソリンをRVに移します。

 フューエル1入れてるので使える代物ですが、
  もしも乗らなかったらまたこのままになるので、使う車両に入れたまでです。
Dtr00481.jpg

そんでもって、エンジン始動~

軽やかにエンジンに火が入りました~
Dtr00482.jpg

23281kmで復活です。

 しかし、オイルも古いので交換しないといけませんね~

ちょっと乗ってからオイル交換しましょうかね。

片付けてたら出てきたのでついでにOHしてみました。

段ボール箱を片付けていると、中からZZR400のキャブが出て来ました・・・。

そう言えば、持ってた気がしますな。
ZZR400748.jpg

CBRのキャブ洗浄している都合、一緒にやったほうが効率が良いとの理由で

使いもしないキャブの洗浄、出来てしまいました。
ZZR400749.jpg

程度が良かったので、ボディもそこそこピカピカになりました。
ZZR400750.jpg

ついでに、カワサキのキャブは大体ストレートのOリングで事足ります。

ホンダは純正取らないといけませんがね、 けどホンダのOリングの方が安いです。

ここいら辺りが安く済まそうと思うと難しいところですね。

ちなみにカワサキのOリングは異常に高額なのでストレートので十分かと・・。
 豆知識です。
ZZR400751.jpg

古くなったOリングはピチピチと切れます。

これではガソリン漏れて最悪炎上しますのでケチってはダメな所です。
ZZR400752.jpg

洗浄時に気付いてたんですが、フロートにガソリンが入ってます。

#1に付けましたが、これが不思議と漏れないんです。

入ったのならどこからか漏れてきそうな物ですが

力いっぱい振っても濡れもしません?? 不思議体験出来ますが、使えません・・・。
ZZR400753.jpg

まあ、とりあえず組みあがりました~

とてもキレイになりました!!
ZZR400754.jpg

しかし、使う車両は無いし、流用できるような物も無い。
ZZR400755.jpg

って事で、CBRの部品買う軍資金になってもらうべく旅立ってもらいましょうかね。

片付けと調達が一緒に出来たらサイコ~ですよね。

 誰か要りますか?これ。

CBR250R MC19 キャブレターオーバーホール その2

タイトルがMC19になってますが、良く考えるとキャブだけ見ると

ジェイドのキャブじゃね?

と思ってしまった・・・・。 MC19に付いてるMC23のキャブです!!


話がそれまくってますが、スロットルが重いので分解しました
MC190102.jpg

#2キャブボディのバタフライバルブ軸を洗浄~洗浄~

さすが、ワコーさんとこのエンコン、ヤニが流れ出て復活しました!
MC190103.jpg

連結を解いてしまったのでOリングの交換が要ります。

しかし16040-KEA-000 ガスケツトセツトB 286円を入手してません・・・。

このような状態で部品が無くなってしまいそうなので
MC190104.jpg

組みます!!
MC190105.jpg

組めました~
MC190106.jpg

とりあえず、これでエンジン始動確認してから、Oリング替える算段にしましょうか
MC190107.jpg

あと、バキュームピストン側のフィルターですが完全に無くなってましたので
MC190108.jpg

普通のフィルターはさみで切って入れました。

まあ、空でも早々問題は出ませんが有った方が良いかなレベルです。
MC190109.jpg

これでエンジン掛かるかな~~

エンジン掛かれば
 エンジンオイルの交換とクーラントの交換が出来るんだけどな~

あと、マフラーの爆音具合も確認できますね。

CBR250R MC19 キャブレターオーバーホール

前から順番に進めていくと、次はエンジン廻りですね~

ハンドルは操作系なので一緒に進めます
MC190087.jpg

クリーナーボックスを外すとDIY感丸出しのマウントが出ました

苦労の後がうかがえます~
MC190088.jpg

完全にボックスを外すとVPキャブが出ました。

ジェイド純正品です。

 スロットルもチョークも固着済みの一品です!!
  バキュームピストンまで動きませんでした・・・。
MC190089.jpg

エアクリーナーエレメントはそろそろ交換しておいた方が良いと思う状態。

これは交換ですね
MC190090.jpg

とりあえず、邪魔になるのでボックスは洗浄してから仮付けしておきました
MC190091.jpg

取り外したキャブですが、手強そうな感じ~~

捨て置いた私の責任では有りますが、面倒くさいな~
MC190092.jpg

それでは、分解!!

必ず加熱しながら分解しないと色々な部品が壊れますので

力技は厳禁ですよ!
MC190093.jpg

中身はギットギトのグッチャグチャ・・・。 予想通りです。
MC190094.jpg

エンコン丸々1本使うイメージで漬け置き。

キャブボディは都度都度スプレーてな感じです。
MC190095.jpg

他の部品も洗わないといけませんな~~

 4気筒はこれが大変・・・。
MC190097.jpg

何とか、インナーパーツ群は洗浄完了です。

これ、1日後です。
MC190098.jpg

キャブボディは通路関係は貫通OK
MC190099.jpg

しかし、スロットルが重たい・・・・・。
MC190100.jpg

#2キャブのスロットルが重たいです。

連結解くとOリング交換が必要なので分解したくないですが

これでは仕方ない感じです・・・・。

 結局、コストが掛かるって感じですね~
まま、安く進めることに変わりは無いので最低限で頑張りましょう!!

CBR250R MC19 サイレンサーステー修正

あんまり不細工なので上下入れ替えてみよう
MC190081.jpg

若干、しゅっとした!!

が、サイレンサー側が相変わらず不細工・・・。
MC190082.jpg

カラーを大きい物にしているが、ブラケットが大きすぎるんだね
MC190083.jpg

どうにかならないか、頭をひねる・・・・。
MC190084.jpg

サイレンサー側が四角いので、四角いスペーサーにすればちょっとはマシか?
MC190085.jpg

重くはなるが四角いカラーを作ってみましょうか~

 今度~

CBR250R MC19 サイレンサー取り付け

タイトルからするとサイレンサーを交換する的なイメージですが

今までの物をちゃんと付けるって意味です。

 現状、タイラップでしばっているだけ
MC190068.jpg

後方から見ると、だらしなく外に流れてます。
MC190069.jpg

前回にもふれましたが、ノーマルステーが役に立たない位置で

はっきり言って邪魔です。
MC190070.jpg

って事で、タンデムステップを用意して。
MC190066.jpg

ステー部を完全に除去しました。

 気持ち磨いてみたりしてます。
MC190067.jpg

タンデムステップを交換して、マフラーをひねり上げてみます。

うん、結構持ち上がりました。
MC190071.jpg

センターパイプがストレートなので車体側には追い込めませんが

真っ直ぐ後ろに出せそうなので、ここいらで決めてみます
MC190072.jpg

ステーはアルミの板をひん曲げて作ってみました。
MC190073.jpg

取り付け部はノーマルタンデムステップブラケットの持つ所に

M6でタップを立てます、十分厚みが有るので持つでしょう。
MC190074.jpg

それでは、取り付けましょうか~

で、こんな感じになりました。

 ステーの下駄に10mmカラーが入ってるのは持てるかな~

なんて、妄想の結果作ってみましたが

  たった10mmの隙間では持てませんでした・・・。
MC190075.jpg

シートカウルを付けると、こんな感じで。
MC190076.jpg

うん、かっこ悪い・・・・・。
MC190077.jpg

けども、サイレンサーの位置としては問題ないですね
MC190078.jpg

もっと上げるにはタンデムステップの除去が必要になりますが。

これ以上上げるとセンターパイプがスイングアームに当たるので

 ここいらが、収め所という事です。
MC190079.jpg

ステー部を作り変えるのは面倒なのでサイレンサー側にカラーを入れて

上側ベタ付けに変更したらマシに見えるようになるかな?
MC190080.jpg

まあ、マフラーの位置だけでもシュッとしたので良しとしましょうかね

加工物が大体終わったのでそろそろおメンテナンス始めましょっか

CBR250R MC19 タンク錆び取り その2

錆び取りて、ほとんどの錆が落ちたわけですが
MC190062.jpg

まだ若干の錆が残ってます。
MC190063.jpg

再度洗浄かけましたが~~
MC190064.jpg

このまま、ライナー打つのが何となく嫌なので、もう一回処理しましょう

1回分の乾燥が無駄になったけどしゃあ無いもんね。
MC190065.jpg

たぶん脱脂がちゃんと出来てなかったので有ろうと思います。

2度手間になったので結構テンション下がりちう・・・・。

 来週にサフの準備が出来れば最高なので、淡々と無表情で進めるかな

FC2Ad