いろいろやろうかな~

年末なので、車を洗おうとしたら・・・。

全く家の掃除も出来ていないきゃわP家です

正月にうろうろする為に物置になっていない方のハイゼットを洗おうと

洗浄機なぞを準備していると、雨降って来ました・・・・・。

 いや、洗う前だったから良いんだけど

高圧洗浄機と雨でPM2.5とか粉塵とか洗い流しまして
hizet0238.jpg

水ふき取って、お手軽バリアスコート引き終わる頃には

もう既に、夜・・・・。  寒い・・・・。
hizet0239.jpg

サンバーは雨降って更に汚れてましたが、暗くてはどうしようもないのでそのまま

まあ、ハイゼットがキレイになったので良しとしますか

 今年も残す所あと少し

バイク触って年越す年齢でもないので暖かい所でゆっくりします

来年はもっといっぱい走るつもりなので、リアルな方はよろしくお願いしますね~  
スポンサーサイト

TZR125 セッティングしようと思ったら色々漏れてきた・・・。

大晦日なのにまだ、通常の休みと同じような事をしてます。

私にとって連休という認識なので気にならない
 道も空いてて良い感じにぐるぐる走って来ました。

症状は中速域で失火してるような感じで何だかな~って感じ
TZR12502958.jpg

取りあえず、キャブの現状確認しようと分解
TZR12502959.jpg

すると、キャブの冷却水経路からクーラントが漏れてます
TZR12502960.jpg

どうも、パイプのはめ込み部のようです
TZR12502961.jpg

キャブを外して~
TZR12502962.jpg

パイプを触ると若干ぐらつきます。

 ちょっと抜けてきてるのかな~
TZR12502963.jpg

で、打ち込みました。

 きちんと奥まで入ったようですな。
TZR12502964.jpg

それでは仕切り直してキャブを確認

MJ #180
PJ #22.5(これ、誰が目視できるんでしょうかね~)
TZR12502965.jpg

その他、デフォルトのセットでした。

1箇所 NJが虫食いになってたので替えた方が良い感じ

セット出すので新品買いましょうか~
TZR12502967.jpg

正月休みで部品は出ないので組み戻します。
TZR12502968.jpg

すると、ケース下部にミッションオイルらしきものが垂れようとしてます
TZR12502969.jpg

辿って行くと、オイルポンプ・・・・・。

ちう事は、2stオイルと4stオイルが混合されていると・・・・。

調子がいまいちなのは別として、オイルシールが切れてるのは確実

それを交換するには、またカバー外すんかい!!
TZR12502970.jpg

オイルが垂れないように軽く洗浄して、そっとカバーを元に戻しました
TZR12502971.jpg

1989年型、明日で2016年 27年前の車両です
更に20年程置きっ放しを考えると漏れない方が不思議って事で

最後まで面倒見てやろうじゃないか

 って、セッティングにならなかったという事で本日終了~~

AF28 ディオ セッティング完了

さて、中途半端な状態のディオですが、手持ち部品での調整はもう限界。
dio10921.jpg

なので、新品部品投入します。

極小部位に限定しましたが、MJとウェイトローラー

これぐらいは仕方ないですよね
dio10922.jpg

前セットの結果プーリーは全面使えてません
 このプーリーフェイスが大きいのでこれぐらいでも良いかな

まあ、トルクカムが無加工なのでこんな物でしょう。
dio10923.jpg

先ず先にMJ交換しておきます。

ベルトカバーが無いとこういう おおちゃくが出来ます
dio10924.jpg

一度に2箇所触るなのセオリーを破りバンバン変更していきます!!

ニードルは1段下げ、トータル上から2段目の溝にクリップ
dio10925.jpg

ウェイトローラーは6.5gを6個

6.5g3個、6g3個も考えましたが、耐久性重視で同じ重量です。
dio10926.jpg

組みました~
dio10927.jpg

もう既に夜になって寒いんですけども~~ 

もう少しなので頑張る!!

 で、若干変速ムラが有るものの許容範囲内。

エンジンは吹けてるのでたぶん良い、パイロットスクリューの調整して
dio10928.jpg

寒いので、坂登ったり、下ったりは明日やりましょう

って事で、 
dio10929.jpg

組み立てました~  

 サイドモール付けただけだけどね~
dio10930.jpg

メーターは既に当てにはなりませんが距離管理には使えるので記録

6058.3km
dio10931.jpg

感動は無いですけど、50ccってこんなもんだったよね。

 もう既に、体感から消えちゃってます・・・。

AF28 ディオ メインスタンド応急修理

ディオのメインスタンド取り付け部が裂けてた件です。

そのままにしておくのも余りに哀れなのでちょっと修理をしておきます。

赤丸が避けてる部分
dio10932.jpg

スタンド外します。

結構、屈曲が有りますな~
dio10933.jpg

んで、部品箱から使えそうな物を物色・・・・・。

よさげな物が出て来ましたので、軽く曲げる
dio10934.jpg

良い感じに付きそうです。
dio10935.jpg

ぐりぐりビスで固定しまくり
dio10936.jpg

スタンドが付きました。

まあ、こんな所溶接しようものなら出火の可能性が高いので

これぐらいがお手軽で最善な方法ではないかと
dio10937.jpg

ちゃんと真っ直ぐ立ちました(後輪は接地したままですが・・・。)
dio10938.jpg

リアサスもバネレートの高い短い奴に替えた方が良いかもしんないですね

ダンパー効いてるので替えるのはもったいない気もしますしね。

まあ、これで心置きなくセッティング出来ると言うものですね

     なかなか終わらないな・・・。

ZX-9R スクリーン替えて見た

9Rの作業も残す所ライトを交換するだけとなりましたが

ついでにスクリーンも替えちゃおうと思います~
9rb0895.jpg

で、スクリーン外すと安物ウェルナットが破損。

 大陸製はダメですね~~  ゴムはやっぱり日本が一番です。
9rb0896.jpg

上の列が大陸製

下が日本製です、全然違います、まあ、価格も全然違いますけどね。
9rb0898.jpg

キタコの5個入りが一番安いと思うんだけどどうですか?

純正部品はやばいぐらい高額だから~
9rb0897.jpg

で、替えのスクリーンは

 スクリーンクラフト製!!

 我が家のデッドストック品(段ボール箱から出て来ました)
9rb0899.jpg

ハンパなく軽量かつクリア~

 透明だと9Rも爽やかに見えます~
9rb0900.jpg

視界は歪みも無くばっちりですが、伏せる事も無いので気のものです
9rb0901.jpg

ライト周りも交換して、通常仕様に戻ったのでちょっとDSまでお買い物に行きました。

ま、ディオの部品ですね。


走って気付いたのは、3Dフィルター吸気抵抗少ないです。

元々ラムエアだったのでセットが狂うレベルでは無いですが回転軽くなって

吸気音が大きくなってしまいました・・・・。

うるさい吸排気系で分かり難いですが、 エンジンノイズは静かでした。
  タペット調整はもういいかな~~なんて気にもなりますね
9rb0906.jpg

今回、クーラント替えてるんで距離は29340.9km

ほとんど増えないよね・・・・。 乗ってる方だと思ったのも気のせいか・・・。
9rb0904.jpg

けど、透明の歪んでないスクリーンってやっぱ良いよね

全く視界に被る事が無い感じ、被っても見えてないだけなんだけども

高いだけは有るスクリーンクラフト
9rb0907.jpg

9Rもやること無くなったので、冬眠です。

春にホイルのエアバルブ交換忘れないようにしないといけません

   ヒビ出てました・・・。

ZX-9RB エアフィルター交換

エアフィルターといってもソックスフィルターです

長年使ってるラムエアがそろそろ限界のよう
9rb0857.jpg

とりあえず、ファンネルきれいに洗いまして
9rb0883.jpg

JAM(ジャム)って所の3Dエアフィルターってのを買ってみました

ドライ運用で燃えにくいらしいと言う情報しかつかめず・・・。

ラムエアよりちょっと安かったのでテスト
9rb0884.jpg

パッケージを開けて見ると、作りはしっかりしてますが

1種類のスポンジで、出来上がっています。
9rb0885.jpg

光にかざすと 透けます・・・。

 ファンネルよりマシというような使用目的でしょうか。
9rb0886.jpg

高いだけあってラムエアは2層構造で透けません
9rb0887.jpg

取りあえず買っちゃったので付けます。

4個バラなので返って取り付けが面倒でした、慣れれば良いかな。

NO OILなので手はべちょべちょになりません
9rb0888.jpg

ロングファンネルでも底付きはしなさそうですね。

1個ずつで底付きしてたらファンネルの意味が無いですもん
9rb0889.jpg

タンク付けても問題無さそうです。
9rb0890.jpg

アンダーカウル付けて、本日終了~
9rb0892.jpg

何故って、ライト廻りが車検仕様のままだった・・・・。
9rb0894.jpg

バルブクリアランスは残念だったけど、ストリートバイクなのでね~

この車両でモアパワーって言っても仕方ないので気が向いたときに

やろうかと言った方向で検討したいと思います。

ちなみにエンジンノイズは増えますがバルブクリアランス広めのほうが

パワー出る気がします。 たぶん出ます。 保証は無いです。。。

 明日、出来上がりそうなんでちょっと買い物にでも行こうか~


JAMジャム/3Dエアフィルター

JAMジャム/3Dエアフィルター 汎用



RAMAIRラムエア/エアーフィルター MSシリーズ

RAMAIRラムエア/エアーフィルター MSシリーズ BANDIT1200

ZX9RB ヘッドガスケット交換 ついでにタペット調整

日に日に寒くなって行きます・・・・。

寒いのとっても嫌いです、金属って触ると冷たいしね。

なので、ガレージ閉め切って作業!! 風が無い分だいぶまし。

って事で、ハンパに組んだ9R修理しましょ
9rb0856.jpg

工程はヘッドガスケット交換なのでバンバン部品を外します

ヒートガードの下も思ったよりキレイでした、普段全く見えない所なので
9rb0858.jpg

クーラントリザーバー外してパルサーカバーを外します

オイルは出ません。
9rb0860.jpg

ヘッドカバーをめくるとオイルが漏れた痕跡が有りました。

ヘッドカバー側が抜けたようです、ヘッド側は問題無しでした

 話は変わりますが、エンジン内部がきれいだとフフフとほくそ笑むのは私だけでは無いでしょう。
9rb0861.jpg

ここまで分解してガスケット替えるだけなのもバカっぽいので

バルブクリアランスは見ておきましょう
 って事で測りました。

ちなみにクリアランスはIN 0.18mm~0.23mm

               EX 0.21mm~0.26mm です

下限寄りでズラズラと・・・・。

  許容範囲は下限値で5箇所、中央地付近で1箇所

他10箇所は下限切れ。  メカノイズ少ない訳ですな~
9rb0862.jpg

で、シムの調査。

 カワサキのロッカーアーム式はカムシャフト抜かなくてもシム交換できます!

あまり触る所ではないけど イイネこれ!
9rb0863.jpg

で、外したシムの中央値が2.90mmでした。

手持ちのシムの中央値は3.00mm・・・・・。

絶対に不足することは目に見えてますが狭い順に交換して

5箇所クリアーで5箇所はシム足らずでした、 残念・・・・。
9rb0864.jpg

このまま部品を待つ訳には行かないので

組んでいきます。

 別にクリアランスが無い訳ではないので静かなエンジン作ったと思えばね。

ヘッドカバーガスケット、既に欠品寸前です!!

11060-1076 2398円
9rb0865.jpg

ちゃんときれいにして脱脂して液ガス塗って組み付け
9rb0866.jpg

パルサーカバーも元に戻して、タンク取り付け。
9rb0868.jpg

半分腐れていたウォーターパイプとOリング交換
9rb0867.jpg

次ぎ漏れた時に直ぐ分かる様にエンジン前面もきれいに洗い
9rb0869.jpg

ウォーターラインのOリングも交換

古いバイクばらしたら絶対に交換しないと漏れます!!

漏らしたくなかったら分解しない!!これ常識!
9rb0870.jpg

ウォーターポンプからのパイプも腐って欠けてるので
9rb0871.jpg

交換です、メッキが銀に変わっていい感じ~
9rb0872.jpg

大体、部品交換は終わったので

マフラー付けましょう。

 今回フランジも外しちゃったのでガスケット交換要ります。

ガスケットは10Rと共通~ ストックパーツ削減に貢献してます。
 大好き、共通部品!!
9rb0873.jpg

ラジエター付けてないので楽勝で取り付け
9rb0874.jpg

マフラー磨こうかとも思いましたが、面倒なのでそのまま取り付け

良いんです、見えないから!!
9rb0875.jpg

順番にショートパーツを付けていきますが

イグニッションコイルが無いと広くていいねと思って
9rb0876.jpg

DI挿したら入りませんでした~

 なので、今まで通りコイルで運用
9rb0878.jpg

やっぱり、ごちゃごちゃすんな~
9rb0879.jpg

きちゃなかったヒートガードもきれいにして
9rb0880.jpg

ごちゃごちゃを隠します!!

 すげーすっきり見えますね
9rb0881.jpg

スロットルケーブル繋いで、キャブ乗せて~
9rb0882.jpg

エアクリーナー付ける訳だけど長くなったので 

続きはフィルター交換の巻きで!

RV125jp リアブレーキが無い??

ほとんど乗る事が無くなったRVですけど。

買い物とか、チビ迎えに行くとかたま~に使ってるんですが

この度、リアブレーキがスッカスカになりました・・・・。
rv12511326.jpg

リアブレーキを見るとサイレンサーバンドにキャリパーボディが当たってますが

さほど変な感じはしません
rv12511327.jpg

パッドも残っているようです。
rv12511328.jpg

しかし、キャリパーがサイレンサーに当っているということは

振動で押し戻されてる可能性も有る訳で~
rv12511329.jpg

サイレンサー外して、ブレーキニギニギしてみると~

効きませんでした・・・・。

キャリパー自体そこらじゅう磨耗してグラグラ動くのがすごく気になりましたが
rv12511330.jpg

とりあえずフルードを交換しましょうかね。

いつ替えたか解らない紅茶色なフルードです。
rv12511331.jpg

ホースが長いので大変ですが、一応出てくるフルードが透明になるまで

繰り返し作業です。
 作業中、ちょろっとエアが出ましたが効かなくなる程の量では無かったです
rv12511332.jpg

ついでに意味不明なゴムも除去してすっきりしました。

フルード入れ替えると効力が出たので一応セーフ

マスター側にも問題ありそうな気がしますね。

 トラブルシューティングは出来なかったと言うことです!!
rv12511333.jpg

サイレンサー付けても良い感じで、クリアランス出来たので良しとしておきましょうか
rv12511334.jpg

RVも色々と点検しないといけないので休み中に空きが出来たら

ガツッとやりましょうか。

 エンジン腰上とジェネレーター外すのでエンジン下ろさないといけないね

大変だね。

 誰かやってくれないかな~

AF28 ディオ ジェッティング

駆動系やりましたが、何とも中途半端になったので

エンジンさんを本調子にしてから再チャレンジしようと思います。
dio10912.jpg

キャブを外しますが、実際何にも出来ないキャブです
dio10913.jpg

ニードルは中央。
スロージェットは#35
メインジェットは#75

無負荷全開時でも伸び悩むので濃い目に振ります。
dio10914.jpg

SJはとりあえずそのままでMJのみ#88に上げました

理由は、これしかなかったから・・・・・。 #80が欲しかったんですがね
dio10915.jpg

ちょいと乗ってみると今度は濃いです。

間が無いので、エアクリーナーのカバー取って見ます。

 くそやかましいですがちゃんと走りました、
  流速落ちてかったるい感じだったので
dio10916.jpg

カバーの吸入ダクトを取って
dio10917.jpg

ダクト穴も全開に開口してみました

ここ以外に穴を広げると水吸っちゃうので注意です。
dio10918.jpg

多少うるさくなってしまいましたが、まあそこそこ走るようになりました

MJ#80でニードル位置替えればもう少し改善するかもですけど

そこまで、コストを掛けて良いものか・・・
dio10919.jpg

とりあえず、このセットでウェイトローラー6.5g試してみましょうかね

TZR125 ミッションオイル入れて試運転ずら

クランクベアリングも交換してほぼ完成なTZR
TZR12502948.jpg

エンジン割ってるのでミッションオイルは全容量入れる訳です
TZR12502949.jpg

それが750cc

今回、TR40・・・・ いや、柔らかいギアオイルが無かったんで~

エンジンオイルでも一緒って~かんじ~
TZR12502950.jpg

レベルゲージ一杯に入れてエンジン始動

また一杯に入れてエンジン始動
TZR12502951.jpg

レベル窓が一杯でもまだ200cc程オイルが残る・・・・。

なので、750cc全部入れておきました。

窓から油面が見えたら減ってるよ~的な管理で良いんでしょうか?

前~にSDRとTZR乗ってた時もそんなだったかな~??
TZR12502952.jpg

これで、汁物が全部入ったので、エンジンかけます。

半裸状態なのはクーラントの補充が要るかと思って組んでないだけですよ

当然ですが静かになりました~
TZR12502953.jpg

うん、結構散財しましたが~まあ、良いよね~
TZR12502954.jpg

で、状態確認でぶらっと乗ってみました。

結果、6000回転位でバラバラっとします。

多少、ジェッティング変更要りそうですね
TZR12502956.jpg

ううむ、まだ終わらんか・・・。

 まあ、息抜きにでも出来る作業なので休み中にやっつけてしまいましょ


じつは、白煙吐きながらパイ~ンって走ってたら白煙が嫌だったのか
アウディにいやらしく抜かれました・・・・。

そのままぶっちぎられちゃいましたが~やっぱり楽しいかもです、これ。

TZR125 クランクベアリング交換

やっと正月休みに突入しました~

来年にかけて、どんどんやること進めましょう~


って事で、出来たけど不具合で乗れないTZRです。
TZR12502928.jpg

クランクベアリング交換なのでほぼ全部外さないといけませんが

確実に進めていきます。

左はチェーン、シフトリンゲージ、クラッチワイヤー

フライホイルにジェネレーターコイル・・・。

繋がってそうな所は、全部取ります。
TZR12502929.jpg

右側はオイルポンプ、キャブ、ラジエーター、電気物を外して

右アンダーチューブも取ると
TZR12502930.jpg

エンジンが下ります。

キックアームは外さないといけませんが持つ所として残してました。
TZR12502931.jpg

エンジンが下りたら片っ端から分解!!

走行数十キロでは、カーボンさえも付いてませんね。
TZR12502932.jpg

はいい~

クランク割れました。

さすがに中身は汚たね~です
TZR12502933.jpg

ミッション部分にも結構な沈殿物が溜まってました。
TZR12502934.jpg

クランクベアリングとバランサーのベアリングに不具合が有りましたので

取り外して、心行くまで洗浄しました。

 途中で飽きたのはご承知の通り・・・。
TZR12502935.jpg

バランサーのベアリングは6302ですが買ってません

在庫に6302LLUが有ったので
TZR12502936.jpg

シールを外して使います。
TZR12502937.jpg

クランクベアリングは工業製品では出ないので純正です

オイルシールも面倒なので純正で取りました。

部品は
93306-20562 ベアリング(L)  1555円
93306-30556 ベアリング(R)  4201円
93102-25331 オイルシール(L) 724円
93103-32183 オイルシール(R) 1274円

結構高額でした。
TZR12502938.jpg

洗って、測ってが終われば

バンバン組んでいくだけです。

 ちなみにクランクシールは平行に入れる事に全力で挑みましょう!

シールが歪んでるとクランク軸が磨耗しまっせ
TZR12502939.jpg

クランクの右側はスキマバメなのでそのままするっと入ります。
TZR12502940.jpg

合わせ面に液ガス塗って左側クランクでケースを追い込むような感じで

クランクケースを組みます。

 って、既に部品が全部付いてるのは手が汚くてカメラを触れなかったと
TZR12502942.jpg

ちなみにヘッドにも何の汚れも無くビューティーな状態でした。

まあ、走らせてなかったからね。
TZR12502943.jpg

エンジンが出来上がりました~

ガスケットはシリンダー上下以外は再使用可能でしたので
気持ち安くついたかな~みたいな。
TZR12502944.jpg

グズグズしてたので夜になって寒くなってきたので大急ぎで組みます!

部品が少ないので早いです!!
TZR12502945.jpg

で、組めました~

クーラントまでは入れましたが、
ミッションオイルは準備が大変なので明日いれましょ
TZR12502947.jpg

日が替わりそうなのでここいらで終了~

明日、ちょっと乗ってみよっと。

RV125jp バッテリー組み立て~

この間修理で入ってたRV125のバッテリーがやっと来ました

また、ACデルコに手を出す・・・・。

 だって安いんだもんね~
rv12511321.jpg

100%日本流通専用品ですが、サインハウスは通ってません・・・。

どこが代理店やらさっぱり解らないですな
rv12511322.jpg

何となく組み方。

バッテリーのアルミテープを剥いで

希硫酸のキャップを外して。
rv12511323.jpg

バッテリーに希硫酸パックをぶっさします!

希硫酸が落ちない場合はパックのケツに押しピンを刺す!!

すると希硫酸がするする~とバッテリーに吸い込まれます
rv12511324.jpg

それで、この状態のまま静かになるまで(化学反応が落ち着くまで)放置

大体、15分位ですかな
rv12511325.jpg

静かになったら、パックを慎重に抜いて、キャップすれば完成です

お好みで初期充電掛ければ13,5V位にはきちんと上がるでしょう

ちなみに、パック抜いたときに希硫酸が衣服に付くと必ず穴が開きます
 ご注意を・・・・。

この後、ちゃんと交換してビュンビュンセル回してエンジン始動出来ました~

2年位持てばいいね。。。

AF28 ディオ 駆動系セットを探りましょ

吸排気系のセットが出てないのでストレス無く加速するをテーマに

中古パーツで探っていきます。

やはり、ベルトの位置は気になるのでマーキングして
dio10905.jpg

現状7gセットで変速が早すぎたので

6.5gで走ってみましょう
dio10906.jpg

ベルトは短い方(GG2)で
dio10907.jpg

加速は良かったんですがなんせ伸びが無い・・・。

案の定こん位の変速でした。
dio10908.jpg

長いベルト(GR1)に替えて見ると、やはり変速が早すぎて

回転が落ちてしまいます。

最終的には全面使う所まで変速はしてますが、ちょっと気持ち悪い
dio10909.jpg

長ベルト(GR1)とウェイトローラー6gですと

完全に押し上げれないので端がちょっと残りました。

エンジンが本調子ではないのでジェティングの後にもう一回見ましょうか。
dio10910.jpg

とりあえず普通に走れる状態にはなりました。
dio10911.jpg

この車両の変化点としてはマフラー交換後にジェッティングやってない所ですかな

同じ所で買っても同じマフラーが来ないご時勢ですからね

先にジェッティングすべきだったか・・・。

AF28 ディオ フロントブレーキ揉んどきましょう

放置期間があったのでちょっとブレーキが引きずり気味な感じ

ブレーキの引きずりで大事なパワーを使うわけには行きませんからね
dio10898.jpg

外すと、やはりかなりのヤレ感が出てます

錆びては無いと言うだけですね
dio10899.jpg

パッドの残量はもう少し使えそうです。

ピストン出過ぎるので交換が望ましいですけどね
dio10900.jpg

洗って、ピストン揉み出し。

ピストンを回してから、クリップで挟んでブレーキ握り倒します。

すると、動くが良くなるはず、ですがちょっと渋いかな・・・・。
dio10901.jpg

最初よりだいぶとマシになったので組み立てます。

ピストン全屈だとこの隙間・・・・。

カーボンディスクでもつかめそうなクリアランスですね~

この隙間で3mm程度のディスクを挟む訳なので、ピストンの出代も

測らずとも理解できるでしょう。

パッドを新品に替えると、長期に渡り外に出ていたピストンがシールを
通り越して中に入るんですよ~

想像に容易いと思いますが。
dio10902.jpg

一応、ブレーキも直ったのでぷるぷるっと試運転に行ってきます!
dio10903.jpg

駆動系と、ジェッティングは別メニューで進めていこうと思います。

その方が触ってても解りやすいしね

AF28 ディオ エンジン積み込み

じゃっじゃ~ん

エンジン抜けた寂しい車体にエンジン積み込みます
dio10891.jpg

はい! 積めました!!

いつもながらにスピーディーな作業です!!
dio10892.jpg

点火系の確認でまた、プラグキャップが磨耗してましたが

火花は抜群に飛びますのでキャップのみ交換
dio10893.jpg

そんで、エンジン始動!

組み付けオイルで白煙多いです、中でエンジンかけたの失敗・・・。
dio10894.jpg

エンジンが掛かったら試運転するので部品付けて形になりました~

でも、車体が左に何故傾いているのか気になって

下を覗いてると
dio10895.jpg

見つけてしまいました。

フレームがサキイカの様に裂けてますがな・・・。

以後、メインスタンドはサブスタンドとして使わざる得ないでしょう。
dio10896.jpg

右側は健全な状態でしたが、片方があれではね~
dio10897.jpg

試運転に行こうと思いましたが、

フロントブレーキに若干引きずりが有るので小修正してからGO~です。

AF28 ディオ エンジン修理~ すげー長いので注意っす

結構ボリューミーな作業なので1日丸まる当てました。

おひさしぶりんな作業も有るので思い出しながらですけどね

普通に回るエンジンですがちょいと遅いので気合注入の為の修理です。
dio10853.jpg

先ずは、補機類を外してエンジン単体にします
dio10854.jpg

シリンダースタッドを抜いてシリンダー外して確認。

キレイです~
dio10855.jpg

ピストンも若干のガス吹き抜けが有りますがまだ大丈夫。

ピストンヘッドに若干異常燃焼の後が垣間見れますが

後で点火系も修正するので掃除で使い回します。
dio10856.jpg

では、クランク抜きます~
dio10857.jpg

んで、抜けました~
dio10858.jpg

ここから、辛気臭い作業の始まり始まり~

最初の測定ではジェネレーター側全振れ0.1mm

プーリー側全振れ0.3mm

これだけ振れてると目視でも確認できます。
dio10859.jpg

頭を捻りながら、クランクにゴツンと気合注入!!

一打目、右0.02mm 左0.1mm

ナカナカ良いところまで寄りました
dio10860.jpg

もう一発ゴツンと、

二発目で右0.04mm 左0.04mm

まあ、すぐ戻っちゃうかもですけど片振り0.02mmなんて
素敵な数値が出たので良しとしましょう~

交換にならなくて良かったとほっと一息。。。
dio10861.jpg

目視でも振れは見えませんので、成功かなと。

クランクベアリングは若干のガタが有るので交換しちゃいます。
dio10862.jpg

次は、ケースをちょびっと洗浄して~
dio10864.jpg

サスマウントブッシュ交換するんですが、既に崩壊してました・・・
dio10863.jpg

8mmのジャッキなんて無いのでM8ボルトとソケットで抜きます。
dio10865.jpg

ここにも新品ゴムブッシュ投入!

3点支持で全部のゴムブッシュ飛んでたらそれは振動でますわな
dio10866.jpg

はい、交換完了!

リアアクスル付近に錆び粉が出てるのでベアリングも交換しようかな~
dio10867.jpg

時間が無いので中身だけキレイに洗浄

外は、まあ良いよね~

吸気の部分に若干加工が有りますがノーマル的ケースです
dio10868.jpg

んで、合体!

クランクが元に戻らないように細心の注意を払ってクランク引き、ケース締めしました

そのかいあって目視で振れ無し!!

  って、測ってないんかいと突っ込まれそうですが、測ってません!!
dio10869.jpg

吹き返しも出てたのでリードバルブ点検。

ちょいと隙間が開いてます。 ベースのシートも減ってるので交換が好ましいんですが

高額なのでバルブのみ交換でお茶を濁しておきました
dio10870.jpg

クランクケース側は段付き部を削り落としてるだけなので性能には関係無いですね

見えない所だけど見栄えは良い感じです!!
dio10871.jpg

ピストンピンは焼けが入ってるので交換っす。

スモールエンドベアリングはまだしっかりしてたので続投
dio10872.jpg

ガチャガチャと部品を洗浄して、組み立て~

エンジンが出来ました!!
dio10873.jpg

リアアクスルのベアリング交換するのでギアボックス開けます。

真っ黒です・・・・。

何年物だったのでしょうね~
dio10874.jpg

んで、ギアを抜くんですが、

 丸ごと抜けました・・・・。

固着ってすげーです。

ベアリングはプーラー使ってやっとこさ抜けました・・・・。 大変・・・・。
dio10876.jpg

リアアクスル(ファイナルギア)のベアリングは6203型ですので

汎用品使います、NTNの6203LLUC3

他のベアリングはエアーでビュンビュン回りましたので続投です
dio10875.jpg

ギアボックス内も洗浄してベアリング打ち込みます。

奥までしっかりと
dio10877.jpg

オイルシールはこの向きに入れます。

うっかり反対に組んでしまいそうな取り合いですね、

手前が内側なのでしっかり確認!
dio10878.jpg

ギアケースも組み立てて~
dio10879.jpg

オイルも入れておきます。

 過去に忘れてドライのまま走ってしまった経歴の持ち主ですから~

オイルは安物のギアオイル80W-90です。
dio10880.jpg

注入はシリンジでぶちゅーっと0.09リットル 90ccと言う所です
dio10881.jpg

入れすぎると、だらしなくよだれが出ますので

よだれが止まったら、プラグをします。
dio10882.jpg

そろそろ、飽きて来ましたが、もう少しなので頑張りましょう。


次はリアブレーキのグリスアップ

部品を外して洗います。
dio10883.jpg

カムの軸穴をきれいにして
dio10884.jpg

耐水グリスで組んで出来上がり

 えらい懐かしいブレーキパッドが入ってますね~

まあ、効けば年代なんて問題ないですから。
dio10885.jpg

駆動系は、前回プチセットアップ終了してるのでそのまま組み付け

車体に組んでからちょっと変更するかもですけどね
dio10886.jpg

ついでに、ど汚いキャブも洗っておきます。

吹き返しでこういう事になるのでリードバルブは新品にして置けばよかったか?

安くという依頼とのせめぎ合いです。
dio10887.jpg

キャブもきれいになりました。

前回、ジェッティング変更したのでこちらも要確認ですね。
dio10889.jpg

キレイにしたキャブをこんな所に付けるのは躊躇しますが

車体に組んでから洗うので我慢我慢・・・・。
dio10888.jpg

とりあえず、エンジン出来上がりです~

今度車体に積み込んで、どう変化が出るか。

 高回転でのトルク落ちが減っていれば成功かな
dio10890.jpg

とりあえず、ここまでで使った部品は

12191-GAH-A00 ガスケットシリンダー       313円
12251-GW0-000 ガスケットシリンダーヘッド   410円
13111-GZ0-000 ピストンピン            615円

11102-GW0-003 ブッシュエンジンハンガー   550円 2個で 1100円
11203-GC7-300 ブッシュクッションアンダー   388円

17111-GAH-000 ガスケットAインテークパイプ 264円
17112-GAH-000 ガスケットBインテークパイプ 264円

91005-GW0-023 クランクベアリング       1285円 2個で 2570円
91201-GK8-005 クランクオイルシール      313円
91202-GAH-000 クランクオイルシール      399円

91053-MV1-003 ファイナルベアリング      864円
91254-GE8-005 ファイナルオイルシール    421円

結構掛かっちゃってます。

クランク割るとシールとガスケット関係交換なので仕方ないですね~

さて、次はエンジン積んで試運転だな。。。


 くそ長いのを覚悟で読んでくれたあなた、何の参考にもならないけど
時間つぶしは出来たでしょ~
 ついでに拍手でも ぽちっと、よろしくお願いします。

RV125JP リアブレーキが鳴いている、何が悲しいの?

クラッチの修理も完了し、これでも良いんですが

リアブレーキがキーキー鳴きますので、ついでに見ておきましょう

 バッテリーも交換するんですが、まだ入ってこないので、古いの充電中です
rv12511310.jpg

鳴くと言うことは振動していると言う事なので、

細かい赤錆が出て来るんで一発で発見出来ます。
rv12511311.jpg

付いてたら何にも出来無いので分解して摘出。
rv12511312.jpg

パッドピンに相当する所が凹むぐらい減ってます。

これで、バック側のパッドが鳴いてたのかな?
rv12511313.jpg

キャリパー外してブラーン状態、何か寂しい感じです。
rv12511314.jpg

パッドは鳴いてた割りには片減りも無くまだ残量も有ります。
rv12511317.jpg

外したついでなんで、ピストンも揉んでおきました。

結構、硬めな感じでした、普通は揉みませんよね~ピストンなんてね~

揉める人は揉めば良いんですよ。 
出来ない人はバイク屋さんでOHしてもらってください
rv12511318.jpg

段付き部を埋めて、黒染め。

まるで新品の様です!!
rv12511316.jpg

部品が出来たので、組んで行くだけ~

これで、ブレーキは鳴き止みました。

スプリング使ってパッドを広げている時点でプチ不具合だと思うんですがね。

日本車では無いねこういう対策
rv12511319.jpg

これで、バッテリー以外は修理完了です。

このサイズを預かると結構かさばって大変なのでとりあえず引き取ってもらいましょう
rv12511320.jpg

この車両も4万kmオーバー

色々と不具合が出だす時期ですかね。
rv12511315.jpg

電気系もそろそろ何か出そうなのでここからの存命はオーナーさん次第

このパッケージが良いなら修理しか無いですけど

一般的に新車買った方が一時は幸せになれると思います。


私は、気合で存命させますけども、何か?

RV125jp クラッチ来た~

すごい素早いレスポンス!!

では無く、社外品のハイパークラッチと言うものです。


しかし、どうハイパーなのかスペックがまるで解らないハイパークラッチセットです

メーカーはJWLスポーツって台湾メーカー、無知なので知りませんです。
rv12511302.jpg

セットと言うだけ有って、セカンダリープーリーまで付いて来ます。

安いんだか高いんだか良く解らなくなるセットですね~


 クラッチ部はサポートプレートが無くシューウェイトは片受けです。

これでも、このレスポンスで届けば無問題と言って良いでしょう。
rv12511303.jpg

それでは組み込むので、また分解~~
rv12511304.jpg

部品関係は洗浄してるので組むだけです!

暖かい時に洗って置かないと、冬の夜には洗えません、 寒いから・・・。
rv12511305.jpg

ケース内は前回修正済みなので
rv12511306.jpg

組み込んでみます。

ここまでの感想。

 センタースプリングがノーマルより硬い (ハイパーその①)

見た目の考察では

 シューが長い、ウェイトは見た目ノーマルと同等っぽい

上記の雰囲気でRV特有のクラッチジャダーは出にくいでしょう

シューが長い分だけ面圧が下がって半クラッチ状態が続くであろう

と思います。 

 実際動かさないと解んないですけどね~~
rv12511307.jpg

プーリーフェイスとクラッチアウター付けて完成!!
rv12511308.jpg

では無く、この反対側をまだ見ないといけませんが~~
rv12511309.jpg

夜も遅いのでまた明日!!

RV125jp エンスト頻発で修理入庫

エンジン始動すると後輪が勢いよく回って信号待ちで止まる

以上の症例でトラブルシューティング依頼です。


経験上、クラッチスプリングが飛んだんだろうと思ってましたが・・・。
rv12511292.jpg

とりあえず、現物確認で分解するす
rv12511293.jpg

ベルトカバーオーップン!!

 で、何も出てきません・・・・。
rv12511294.jpg

駆動系をばらしていくと発見しました、不具合。


 クラッチウェイトが割れてます・・・・・。
rv12511295.jpg

なんてこったい・・・。

社外軽量クラッチで昔こんな事が有りましたが

これは一応純正品、台湾のダイカストが悪いのか

 やはり当たり外れが有るバイクですね。
rv12511298.jpg

クラッチなんぞ持ってる訳も無いので

外の不具合見ていきます。

 エンジンを無理から始動するのに、キックを踏むと戻って来ない

こんな時は大体ここが悪さしています。

ホンダの子会社の時期が有ったのでここいらは構造パクッてますね
rv12511296.jpg

シャフトとリングスプリングをグリスアップして完了!
rv12511297.jpg

プーリーボスも抜く時少々硬かったので、軸を小修正
rv12511299.jpg

ちょっとプーリーフェイスも磨耗してますが、ベルト交換しないのでスルー

スプラインだけ少しさらっておきます
rv12511300.jpg

部品が無いのでこれぐらいにして蓋をする。
rv12511301.jpg

さて、台湾部品のレスポンスはどうでしょうね~

年内到着するのか!! 微妙~です。

AF28 ディオ 先ずはエンジンマウントブッシュ交換から

ディオのエンジン回りの部品が到着しました
dio10847.jpg

エンジン開けると散らかるのでとりあえず

振動防止のゴムブッシュを交換しましょう
dio10848.jpg

素早く抜きました!!

ボロボロです。
dio10849.jpg

こちらは新品です、 かなり形が変形してますね
dio10850.jpg

そして、既に圧入済み!!

 さすが何の参考にもならない!!

ちなみに、寸切りボルトとカラーで抜いたり入れたりしてます

自作圧入治具は大体ホームセンターで揃いますね
dio10851.jpg

ついでにRサスマウントも替えようかと思いましたが

クランク割った後の方がやりやすそうだったのでスルー
dio10852.jpg

大したことはやってないですね・・・。

これはエンジン単体になってるので、次の休みにやってまおうかな~

寒くなかったら良いな~~

TZR125 早くもエンジン分解準備でござる

部品の発注を掛けたので
日が出て暖かいうちに出来る所をやっちまいましょう

ちょっとだけ暖気してから
TZR12502925.jpg

ミッションオイルを抜く!

さすがに汚れてないだろうと思ってましたが

若干の濁りが既に有りました。

 まあ、普通はそんなにもオイル交換すること無いでしょうからね
TZR12502926.jpg

更に、冷却水も抜く!

こちらは蛍光グリーンで入れたままの状態だね
TZR12502927.jpg

続いて~

は、エンジン下ろすんだけど、他が片付いてないのでお預け

これは、休み入ってからでないとやれないだろうね

たぶんね。

TZR125 乗ったど~

登録もして保険かけたのでちょっとお買い物程度に乗ってみました

年代物の新品タイヤと

腰上OH済みという事で、6000しばり

パイ~ンと言うのは5000から・・・・。

 くそかったるいし、ガラガラ言ってるし気分が良くないので

修理完了してから乗る事にしました。
TZR12502923.jpg

キャブもデフォルトに組んでるので磨耗含めて要セッティングですね~

まあ、2st単発なのですぐ出来るでしょう~

AF27 ディオ エンジン確認

お友達の元愛車、まだ使う用途が有るらしく再生することに

エンジンの振動が大きくて、トップエンドで伸びない。

エンジンの確認が要る状態です。
dio10838.jpg

とりあえず分解途中で外すプラグが既にNG

中心電極が減ってます。

ついでに何か増えてるし・・・。
dio10839.jpg

駆動系周りとフライホイール外して車載のままクランク測定

プーリー側はこの位置で
dio10841.jpg

0.32mm振れてます。

片振り0.16mm
dio10842.jpg

フライホイール側は~
dio10843.jpg

0.05mm振れなので片振り0.025mm
dio10844.jpg

ちう事で、クランクシャフトに気合注入が必要そうなので

分解決定~

 で、エンジン単体になりました。
dio10845.jpg

エンジンの振動でマウントブッシュ見ておいてと言われましたので

見てみると、切れてます。

 ぐにょぐにょです。

ここも部品が要りますね~
dio10846.jpg

クランク割るので結構な金額になりそうです。

クランクに気合が入らなかったら、クランクシャフトどうしましょう・・・。

台湾製って悪くないみたいだけど耐久性がどうなんでしょうか?

AF25で使ってたのは問題無かったけど、時期にもよるしね~~

 少し悩む・・・・。

その前に部品買っとかないとですね。

ZX-9R オイル漏れ確認

馬車馬のように働いてやっと休みです。

メーカーが正月休みに入ると部品が調達出来ないので

早めのチェック!!
9rb0842.jpg

大体パーツクリーナーで流したはずですがオイルがちょっと漏れてます。
9rb0843.jpg

カウルを外すとエキパイに雫が・・・。
9rb0844.jpg

どこから出てるか見るにも部品がぎっしりのエンジン周り

どうせ分解しないといけないので、ばらします。
9rb0845.jpg

うむ、すっきり~
9rb0846.jpg

エキパイも外して見るが、これでも良く解らないので
9rb0847.jpg

サブフレームを外す。

前回洗えていない所が汚いのを除けばどこが悪いのか解らない・・・。
9rb0848.jpg

大丈夫そうだと思っていたヘッドカバー辺りが汚いな~

なんて覗いて見ると
9rb0849.jpg

洗った後がこの様になってるので

上から下に流れたのだと仮定して

ヘッドカバーガスケットを買うべし。
9rb0850.jpg

冷却系等のパイプにも錆びによる欠損が有ったのでこれも買う
9rb0851.jpg

後は小さいOリングとかで直りそうな感じですね

真ん中辺りで漏れてたら、とても高額なガスケットが要りますので

ちょっと、ほっとしましたが、残り在庫数を確認すると買っといた方が良いのか

悩みます・・・。


 マフラーは今回、4-1のレーシングラインに替えようかとも思ってましたが

4-2-1のSPラインもヘッド側はコニカルになってるんですね

完全に忘れてました~
9rb0852.jpg

もうちょっと磨いてこれ使うとしましょう。

4-1入れてもそんなに良い音には変わらないだろうしね~
9rb0853.jpg

買う部品が固まったので、とりあえず組み戻し

ラジエターとかは付けてないのでスカスカしてます。
9rb0854.jpg

中身も20年ものとは思えない状態ですが

更に見えない所をキレイにしながら修理しましょう!

見えない所ピカピカオタクな きゃわPでした~

 けど、安く済みそうで良かったね~

CBR250RK MC19 復活させるか?

実家で邪魔になって、こちらでも邪魔になってるCBR

見た目は普通な感じですが。

エンジンと電装系がジェイドと言う完全混成マシンです。
PB280001.jpg

走行も16000km台と低走行
PB280004.jpg

フロントはMC17から外したのが有るし

ブレーキは生きてる。
PB280002.jpg

何気にかっこいい感じがするな~
PB280003.jpg

ちょいと過積載でシートフレームが曲ってますが、こちらは入手済み!
PB280005.jpg

正月休みに

ZX-9R お漏らし修理と

TZR125 クランクベアリング交換と

AF28ディオ エンジン整備と

RV125jp ジェネレーターコイル点検修理して

時間が余ってたらちょっとづつ始めようかと・・・・・。

 こう考えるととても忙しいな~ 私。。。

FC2Ad