いろいろやろうかな~

ZX10R T-DRIVEフロントディスク交換

実作業は日曜日に終わってたんですけども~

月曜日から発熱・・・。 インフルか!!って病院行ったら胃腸炎と診断されました。

ノロでもなかったので良かったんですが体調悪い事に変わり無く今頃更新と相成りました。
まだ、食事を取るとお腹がクルクル言ってますが・・・・・。

本題に戻って、この不細工な10Rのディスクを替えてスッキリさせてやるぞな!
10rd262.jpg

とりあえず、外した物の重量は計っておきたい人なので測定~
1516g、6mm厚なので300Φでも結構な重量でした。
10rd263.jpg

今回投入するT-DRIVE 320Φはと言うと。
1484g ちう事で32g軽く仕上がります。
ディスク厚が5.5mmなのでここいらが効いてる感じですが回転すると遠心力が云々で~

てなウンチクは置いといてやっぱりカッコいいほうが良いですもんね。
フローティングピンが無いのも何か斬新だし!
10rd264.jpg

さくっと交換完了! 

キャリパーは単純に10mmmのカラーでかさ上げしてみました。
やっぱりペタルディスクよりラウンドタイプの方がしっくり来ます。

たぶん、おさーんだからだと思いますけど。
10rd267.jpg

ここで、パッドの高さ確認です。

これで一番上がった状態。
10rd265.jpg

これが一番下がった状態。

プレートと面一までパッドが上がるので現行カラーの9.5mm増しでいけそうです。

また、くまさんにお願いに行かなければ~
ちなみにボルトは10mm足して75mm必要です、チタンだと高いからな~どうしよ。。。
10rd266.jpg




付随作業としてプレートを交換すると、ホースが逃げます。
丁度で作った私が悪いんですけど、バンジョーの角度変更で逃げれます。
10rd268.jpg

交換は横着して、では無くこうしないとAPのマスターはフルードがじゃじゃ漏れとなります。
ブレンボとかも開けた途端にフルードじゃ~なので注意です。

当たり前ですが油圧系開放するとエア抜きは必須です。
10rd269.jpg

バンジョーの角度を20度から45度に替えるだけでこんなに下向きます。
ホースの突っ張り全く無し!!

GPシーンではフォーク前巻きが流行ってるみたいですけどノーマル的取り回しで。
保守的なんです。
10rd270.jpg

とりあえず型になりました。

キャリパーマウントカラーとボルトは要交換ですがね。
グリップ付いて無いし乗れないからまあヨイ。
10rd271.jpg

知ってる人が見れば解る改造ですが、盆栽感はあんまり無し。

しかし、めっちゃブレーキ効きそう・・・・。 大丈夫か?オレ??
10rd273.jpg

スロットルとブレーキどちらも現状中途半端ですけど
部品と調整で出来上がりそうなのでOKです。

部品製作いつお願いに行けるかな~?
スポンサーサイト

ZX10RD ハイスロットルやっと取り付けです

前日にカニふぐあばれ食いツアー参加で思いの外疲れて、起床12時・・・・。
あぁ、たるんでいる。。。

今日しておかないとまた今度になってしまうので気合いで作業開始~

上げなくて良いフロントまで上げてます!!
10rd250.jpg

で、ケーブル長計り方間違えて短かったわけですが。
購入元(DS西宮2輪館)でどうにかならないか相談したところ。

アントライオンに交換依頼してくれて、なんと交換してもらえました~

こういう一銭にもならない事で親切に対応してくれると次からまた使いたくなりますよね。
10rd251.jpg

交換するべく、分解するんですが、既に慣れてしまったのかすぐこの状態に・・・・。
スキルアップはしているようです・・・・。
10rd252.jpg

前回、ケーブル取り付け部の加工は済んでるのでケーブル取り付けは問題無し。
10rd253.jpg

しかし、スロットルボディを定位置に持って来るとキツキツです。
10rd254.jpg

戻し側のケーブルがすごい角度に・・・・。
ナット抜いてベタ締めが良いかもですね、今度修正しよう。
10rd261.jpg

スロットルホルダー側はワイヤー上出しとなります。
ダクトが有るので通せる所は見えるとこだけなんでね~
10rd255.jpg

タイコの位置はこんな感じなので戻り側を一つ送ればナット抜いても大丈夫な感じです。
ハイスロの初期調整メンドクサイですからね~
10rd257.jpg

スロットル全開にするとストッパーを超えるのでストッパーの設定は無し。
力いっぱい戻したりしないのでOKです。
10rd259.jpg

ワイヤーの取り回しは見た感じ良いのですが~
10rd258.jpg

右にハンドル切ると突っ張ります。
ワイヤーの曲げをもっときつくしないといけません、しかし道具無し・・・・。
10rd260.jpg

とりあえず、形になったので課題を残しつつ次の工程に行きます。

グリップも買い忘れてたことだし・・・・・。

乗り出し前にはちゃんとしていきましょう。

ちなみにケーブル長は850mmで少し足りません・・・・。
(Rを足せばジャストフィット!!)

CBR250RH フロントフォークモデファイかな?

CBR250系のフォークインナーパーツ色々

MC19・MC22用が入ってるんですけどほとんど同じ部品です。
大きく違うのはオイルロックピースの長さが違います。
cbr10504.jpg

今回ちょっと悪さするのはこちらのシートパイプ
cbr10505.jpg

この小さいリバウンド側のオリフィスを埋めてやりましょう~
cbr10506.jpg

フロントがふにゃふにゃなので
ふにょふにょぐらいに変わってくれれば良いんですけどどうなるか!!

爆裂 無駄使い中~

CBR250RHとZX10RDの部品が届きました。

ホースとパッドとバンジョーとディスク

CBRはお安くアルミのスウェッジラインで良いかと買ったんですけど
やっぱりビルドアのステン買い足してしまいました・・・・。 ホントの無駄使いです。

バンジョーは10Rのディスク径が大きくなるのでホースの屈曲変更の為
20度から45度へ変更。

10Rから外した20度バンジョーをCBRで使う予定です。

パッドはニッシンレーシング用なのでレーシングタイプからしか選べません。
とりあえず一番安いSBSの711RQですが定価8190円・・・・・。

ブレンボのモノブロックレーシングと同じパッドサイズなので仕方なし・・・・。

これも無駄無駄の境地です。
更に雨降ったら効かないカーボン系でも有ります・・・。
sonota753.jpg

10Rのディスクは悩んだ挙句 ブレンボのTドライブにしました。
サイズは無駄に320Φ、曲がらなくなる可能性を秘めてます!!

が、コーナーで止まるぐらい減速すれば気にならないレベル!! だと思う

結局使ってみないと解らないから。
10rd248.jpg

これで、10R用に製作してもらったキャリパーマウントカラーが再製作となってしまいました。
寸法取ったらまたくまさんにお願いに行かないと~ いつもすみませんです。。。。

CBRはサンスターのカスタムディスクで考え中なんですけども
重要なコストバランスでは、ブレーキ周りだけで本体価格超えてるよな・・・・。

そろそろ無駄使い止めないといけないなと思い始めた今日この頃・・・・。

CBR250RH タンク取り付け

さてさて、シーラー打ったタンクですが、中を覗くと少々発泡してます。

半端無い塗膜厚なのでたぶん大丈夫ちう事で完成であります!!
cbr10484.jpg

しかしながら目視確認できるようにフィルターは追加したい所
cbr10485.jpg

うーん、狭すぎて付かない・・・・。
ついでにホースも届かない・・・・・・。

ホース買ってから考えようかね。
cbr10486.jpg

で、サイドカバー付けると、コック曲がって付いてますな
cbr10487.jpg

修正したら、反対側にずれました・・・・。
cbr10488.jpg

何度か調整を繰り返しどうにか真ん中にハンドルが来ました。

ねじ込み式のコックはこういう所が面倒です。
ホース付ける時にマーキングしておきましょうかね
cbr10489.jpg

何とか、タンクの錆取りも終わって、部品が揃えば組み付け出来る状態になりました。
cbr10491.jpg

ガソリンホースとブレーキホースとステムASSYとホイール。

かなり別物になりそうな よ・か・ん。。

今年はクォーターでツーリング行ける所探そうかな。

AF25DIO エンジン始動確認

キャブはきれいになりましたが、そこは2stリードバルブやらベアリングが
悪さする事も有るのでチェ~ック!

ちなみにホンダのキックは構造上弱点なので出来るだけセル併用でキックするのが良いです。
この車両はセルだけではほぼエンジン始動しないので・・・・。

圧縮下げたいんですけどね~1次圧縮上げちゃってるから~
仕方ない事にしておこう~
dio10655.jpg

ちゃんとエンジン始動、異音も無く吹け戻りもこんなもん
アイドリングも1300rpmぐらいで安定!!

なかなかよく出来た改造車だ。
キャブとマフラー変えれば劇的に速くなるんですが
まあ、これ速くしてもね~って事で
dio10656.jpg

始動確認と安定が確認出来たので(空冷なので長時間のアイドリングは危険です)

保存の為にガソリン抜こうと思ったら~ 穴が無い・・・・・。
そう、キャブがライブディオZX
dio10657.jpg

ちゃんと穴合わして穴あけたったわい
これでノーマルっぽくなった!
dio10658.jpg

しかし、ガソリン抜いたらリアホイルとタイヤにかかりました・・・・。
ドレンホースの取り回しも一考せんといかんですな~

CBR250RH タンク錆取りとライナー打ち

錆取り剤2回目なので少し長めに処理してみました。

やはりコックからリークしてますね。受け皿ギリギリセーフでした。
cbr10476.jpg

錆取り剤も回収して~ もう1回使えるかな??
貧乏性なので使えるまで使いたい派なので保存しておきます。
cbr10477.jpg

錆取り剤を抜いたらしこたま水洗い、いつもの高圧洗浄と食器洗剤です。

洗い終わったら、後はひたすら乾燥作業。

ヒートガンとエアーで蒸発させていきます。
cbr10478.jpg

タンクの折り目に水が残るので角を重点的に加熱!
変色しない程度にしておきましょう、あと焼けど注意です。

この後ライナー打つので満足するまで思いっきり乾燥~~
cbr10480.jpg

中の状況は見える所はキレイに錆取り完了してます。
このままでも当分もつんですけどやっぱり処理しておこうかと。
cbr10479.jpg

安物ですがタンクライナー 使ってて今まで不具合が出て無いので大丈夫でしょう。
cbr10482.jpg

漏れる所は確実にマスキングしておきます。
cbr10481.jpg

後はシーラーをタンク内に放り込んでタンクをクルクル回して内部全面に
シーラーが回るようにこれも気が済むまでやりましょう。

外でやってると通行人に変な目で見られますけどね~

ついでに塗装の剥げた部分にもシーラーまぶしておきました。
ガソリンが流れ込むと剥離が進行しますからね。
cbr10483.jpg

この後少し乾燥させて、下部マスキングを外して余分なシーラー抜いたら
残すはひたすら自然乾燥を待つのみ!!

私的に1月は見とこうと思います。

AF25DIO  キャブレターとブレーキ再生の巻き

RV125jpを通勤快速にしてからずっと保存状態(放置プレイ)にしてたDIO

一応、腐る前に整備しておこうと思いました。
CBRやってると待ち時間が多かったからって事はないしょ。。。

押すとフロントブレーキ引きずり、エンジンは当然始動しません。
dio10634.jpg

先ずはケミカルアタックが必要なキャブから分解しましょ。
AF35の後期キャブ使用中です、前期のキャブが手に入らなかったのでね。
dio10635.jpg

フロートチャンバーめくるとお約束な状態です。
でろりんちょ・・・・・。
dio10636.jpg

いつものエンコン抜きです。 
ワコーズのエンコンはゴムにやさしいのでそのままでOKです。
dio10637.jpg

さて、キャブをケミカルアタックしてる間にフロントブレーキ修正でもしましょう
dio10638.jpg

パッドの残量これぐらいでも結構ピストン出てきてます。
原チャのディスクブレーキは過酷な使われ方してますからね~
dio10639.jpg

ピストン押し込む前にフルードは抜いておかないといけません。
こぼれますよ!
dio10640.jpg

こんなバイクでもこまめにフルード換えてるのでまだキレイでした。
dio10641.jpg

ここまで出来れば後はバラバラにするだけですけど、
スライドピンはフォークに固定しておかないと分解不可です。
ホース繋がったままだとバイスで掴めないからね。
dio10642.jpg

で、ばらばら~
dio10643.jpg

しかし、ピンが抜けません・・・・。
引きずりの犯人はここに居ました。
dio10644.jpg

うん、錆びてますね・・・。
たぶんめんどくさくてシリコングリスで組んじゃってたかもですね。

反省~
dio10645.jpg

ピストン側は問題無いので、ピストン引っ張り出して給油しつつ回転~
dio10646.jpg

各部品洗浄したら組むだけなんですけど。

スライドピン錆びちゃってたので今回、スレッドコンパウンドで組んで見ましょう。
耐水極圧グリスと迷いましたが、重くなったらグリス足せば良いやと言う事で。
dio10647.jpg

キャリパーに順次部品を組み付けてっと

パッド残量は有るんだけどこの隙間・・・・。6tのプレートつかめそうです。

ピストン出さない為にバックプレートとか作れば売れるかもね。
スクーター用じゃなくてSSとか用ですよ
dio10648.jpg

ブレーキ組んで、フルード交換。
いつも通り新油出てくるまで送るんですけど~
dio10649.jpg

カップの中のフルード残量には注意しましょう。
無くなるとエアが”じゅるっ”っと入っちゃいます。

そう、入りました・・・・・・。 エア抜きしましょうかね~
dio10650.jpg

ブレーキ出来ました。
ピンスライドキャリパーなのでぴょこぴょこよく動いてます。
ブレーキ掛けて動かなかったらどこか渋いかもです。

ちなみに対向キャリパーは動いてはいけませんよ、
動くようでは、ただの緩いブレーキと言う事です。
dio10651.jpg

さてさて、キャブも良い感じにケミカルがミッションをクリアーしておりました。

キャブクリーナーとパーツクリーナーで流して確認。
全て開通してました。 タールが柔らかかったからすぐ落ちたんです。
dio10652.jpg

部品が出来ればこちらも組み込むだけ。
部品の確認したらMJ#92・SJ#42付いてました。

そういえば、#40のSJが無かったからこれにしたような記憶が・・・・。
76cc程有るとはいえ少し濃い目ですよね~

まあ、壊れる方向ではないので現状維持ということにしときます。
dio10653.jpg

キャブも組みましたが遅くなったのでこれにて終了~
dio10654.jpg

始動確認はまた今度です。
2stやると煙がすごいですからね、起こした車両はそれはモクモクと。
こっそり夕暮れ時にエンジン掛けようかな。

CBR250RH タンク錆び取り

かなり前から解ってたんですけど、今回やっと思い腰を上げて錆取りおば。

先ずは要らない物を外します。
フィルター抜くと結構な錆が出てきました、そらガソリンも腐るちゅうもんです。
cbr10470.jpg

内部は見える範囲はうっすら錆び浮き状態。
cbr10471.jpg

高圧洗浄機で気が済むまで洗います。
脱脂も兼ねて食器洗剤投入してやってます。
cbr10472.jpg

で、これぐらいまで錆び落ちました、ついでに塗装も剥げたり・・・・。
裏側の見えない所はどの程度かは解りませんけどね。
cbr10473.jpg

錆取り剤投入前に要らないコックで止め栓しておきます。
錆取り剤でコック痛みますから、使うやつでやるのは危険です!

これはNSRか何かのコックです。
cbr10474.jpg

ワコーズのピカタン2回目を投入して、石英ヒーター投入!!
これで2日ぐらい放置しましょうか。
cbr10475.jpg

結構な手間ですけど、これで錆が落ちてこなくなれば他の手間が省けますから。
古くて乗らない車両は色々とありますな。

ZX10RD スロポジ調整

前回スロットルワイヤー外したり付けたりしたので。
クローズ位置が狂ったのか、アイドリング付近で回転にふら付きが出るようになった

ダイノジェットのLCD-100にスロットルポジションキャリブレーションてのが有る。

画面はこれ。
10rd246.jpg

スロットル全閉でリセット押して全開にしてOK押せば完了!

まさに、電気製品!! 

ちなみにこれで回転のふら付きは収まりました。

楽なんだけど、センサー逝った時が怖いですね。

アナログなおさーんにはちょっと恐怖なお話でした。

CBR250RH ブレーキマスター組み立て

ストックのマスターで逝っちゃってた部品来ました~
cbr10457.jpg

ピストン以外のゴム全部って感じです。

左から税抜き190円・580円・500円・190円でおます。
cbr10460.jpg

この半ジャンク的マスターが復活です。
ちうか、NSR250のOH済みマスター売ってしまってたのがそもそもの間違いですね・・・。
cbr10458.jpg

元々、RS125Rについてたマスターなんで色々元から付いて無い部品がいっぱい
cbr10459.jpg

現状使用中マスターからブレーキレバーとスイッチは移植します。
cbr10461.jpg

タンクステーは無いですけど出来ました~
ホンダの純正のアルミステー3000円超えるのでスルーしました
ステーごときにそんなに出せません!!
cbr10462.jpg

CBRにとりあえず組む!!
cbr10463.jpg

キャリパーも組む!

と言う事で、CBRからフロントブレーキが無くなってしまいました。
すごいの付けても機能して無いから~~。
cbr10464.jpg

まあ、順番に処理しましょう~ちう事で。
タンクがぷらぷらしてるので、ゴニョゴニョと考えます。
cbr10465.jpg

ステーを真横に出せば良い位置に来るので。
ストレートで少しオフセットしたアルミ板製作。
cbr10466.jpg

ちゃんと有るべき所に付いた感じ。
cbr10467.jpg

しかし、無骨と言うか、味気ないというか・・・・・。
今度黒塗るときに塗ってしまおうかね。
cbr10468.jpg

全体位置はこんな感じ。

最悪こけても、タンクが吹っ飛ぶ位置には無い、メーターの邪魔にもなって無い

と言う事で◎です。
cbr10469.jpg

けど、個人的にですがアップハンにタンク別体マスターって似合わない・・・・。
ブレンボの小さいタンクに替えるかもです。1600円ぐらいだったかな。

それだと、ダイアフラム買ったの無駄だな・・・・。

GSX1100S 車検終わったんでオメンテナンス

今期初の有給休暇~ まだ代休なる物が残ってますが取っても良いよと言う事で
当たり前の事なんですけど、なんだかラッキー!!

で、車検準備してたカタナですが車検受けてきました。
とりあえず不具合は無かったのでそのまま通してきましたが、光軸上げるの忘れてて再検査
絶対対向車にパッシングされるような高さにしないと通りません。
H4使ってる単車はみんなそうなんでは?

まあ、無事に検査は受かりましたんでこのままでも良いんですが。

やっぱり換える所は換えとか無いといけないので~
Katana153

まず、エンジンオイル。
交換時にはマフラー外さないと出来ませんな・・・・。
レーサーにしたら大変だね、ガスケット代がね。
Katana154

マフラーにぶっ掛けつつエンジンオイルを抜く様なまねはできないので
マフラー外して抜きます。
Katana155

抜いてる間に レバー関係の給油!

給油と言っても古いグリスはきちんと流しましょう。
Katana156

当然ピボット側もですね。
Katana157

耐水系のグリス入れてカバー付けて終わり。 
このカバーが良い仕事してるみたいでそんなに汚れて無かったです。
Katana158

シフトリンクもグリスアップします。
Katana159

シャフトとピロボールを脱脂洗浄してからグリス入れます。
ブーツは温めてむけば破れなくて済みます。 冷えてたら破けるかもですからご注意を
Katana160

チェーンはアピールの為ホワイトルブ塗ったままでしたが。
Katana161

フッ素系のクリアルブでいらない所を拭き取ります。
これで飛び散りは最小限になるかな、既に走ったので飛び散った後かもしれない・・・・。
Katana162

これぐらい作業やってるとオイルも大体抜けてるので、ドレンボルト締めてオイル入れます。

基本はアッパーレベルまで。
Katana163

エンジン掛けて少し放置・・・・。 この間隔で一服~~~。
入れたレベルより減ります。

いつも思う事ですが、フィルター替えて無いのにどこ行くんだオイル?
Katana165

まあ、アッパーレベルまでオイル足して完了ですね。
けど、オイル汚れましたね・・・・・。
Katana166

次は右サイド攻めて行きます。

ブレーキフルード交換、これは2年毎に換えましょうとなってます。
ちなみにキャップは毎年開けた方が良いです。オイルに変な与圧が掛かってない方が良いから。
Katana164

マスター内のオイルはこんな感じ。 普通劣化ですね。
Katana167

キャリパーから抜いてもこんな感じ、送り込んだ新油が混じって上の方が透明です。
Katana168

ちなみにパッド減ってるからと言ってタンク内のフルードレベルは下げないほうが良いです。
どんな時もアッパーレベルまで有るべきです。

ケチるほど高価なオイルでもないですから。
Katana169

レバーピボット部も脱脂洗浄、グリスアップ、これでブレーキフィーリングが変わるかな?
Katana170

リアブレーキもフルード換えます。

フロント同等な劣化具合。
Katana171

キャリパーから新油が出るまでポンピング~

ちなみにカタナのリアブレーキピボットはフレーム貫通の為給油できません。
サス外して上げまくるか、スイングアーム抜くか・・・・。
当時物にしては不親切な設計ですね。

そうそう、私はフルード交換時、お手軽なフルードポンプは使いません。
なぜなら、マスターのピストンフルストローク動かせるのこの時ぐらいしかないから
結構いろんな物が溜まるんですよ~
Katana173

オメンテナンスは終わったので、車検対応すごく静かなバッフルはお役ごめん。
次回検査の時にまた会いましょう~
Katana174

最後ちょっと忘れかけてましたけど、検査シール貼替えで完成です。
Katana175

ん? 今回洗車が無かった感じですって~
そうです、寒かったから足回りとチェーンだけ洗いました。

人間も風邪ひいてる時は手足と顔洗って寝るでしょ!

暖かくなったらオーナー様が愛を込めて洗車してくれるでしょう~~
これでまた2年乗れる事ですし。

GSX1100S 車検準備依頼~

ユーザー車検代行用にざらっと点検整備して行きます。
Katana139

一番目に付いたチェーンの汚れ。

洗剤使って全部落とします、ついでにホイールもゴシゴシ。
Katana140

水を切った後、ホワイトルブぶっ掛けて、明日以降に拭き取り。
これだけでメンテして持ってきた感を出す事に成功します!!
Katana141

前回の車検で騒音で引っ掛かりえらい思いをしたスパトラ。
Katana142

今回は秘密兵器を買っといてもらいました。
Katana143

スーパークワイエットバッフル!! すごく静かになるバッフルです。
まだ売ってるんです。
Katana144

取り付けにはディスクを外す必要が有ります。

真っ黒になって頑張ってるディスク達です。
Katana145

現状ディスクは8枚で元気な音がする所にすごく静かな奴を投入します。
Katana146

ちなみにディスクボルトは都度都度スレッドコンパウンド塗りましょう。
全部ステンレスで出来てるのでかじり、焼き付が起きます、起きてからでは遅いので予防を。
Katana147

こんな感じではまり込みます。
Katana148

付けたらやっぱり確認でしょ!

超静かです!! ノーマルを凌ぐ低騒音!! こんなんで走るのか?
けども、検査官が気にする音圧では全然有りません。
Katana149

しかし、排圧がここからしこたま漏れてました・・・・。

排気漏れカテゴリーに入りますね~
Katana150

スパトラの立て付けが悪く奥まで入れるとサイレンサーがV-MAXバリに外出しになるので

空いてる部分にアルミテープ貼ります、すごい自然な感じ~
排圧は裏側の解り難い所から抜いてます。
Katana151

ここにサイレンサーバンド締め付けて完了! おお、自然だ~
Katana152

あとは、ぼつぼつ、オイル交換と、レバーピボット給油・フルード交換で完成です。

どんどんやっていくぞ~

ZX-10RD ブレーキ確認~

今日も日向はポカポカ陽気でいつもの正月的な気候ではないですね

街中だけですけど、ブレーキの当たり出しに行ってきました。


1っ発目はお約束のじゃ~      きゅっ・・・・。
温度依存の高いパッドと当たりが全く付いて無いとこんな危険なブレーキとなります。

レバータッチは悪くなく、しっかりブレーキ掛かります。
レシオはあまり変化させたくなかったので落し気味で握り込んで効く状態。

当たり出るまではこんな感じが安全で良いです。

ブレーキと関係ないですけど、スロットルばらしたり組んだりした弊害でスロポジ狂って
パンパン鳴ってました、迷惑ですね、おまわりさんも振り返ってましたし・・・・・・。
10rd237.jpg

で、帰って来てから油漏れチェック・・・・。
漏れてません!(ブリーダーの確認はしっかりと)
10rd238.jpg

マスター側も問題無し、中間チーズ部も大丈夫でした。
出来た気になって失敗する事って多いですから要注意です。
10rd239.jpg

ローターは見難いですけど一番内側の穴中央ぐらいがパッドの下端になってます。
やっぱりローター替えようかな。 まだ迷い中~~
10rd240.jpg

ここから、皆さん忘れがちな外した部品の洗浄と格納。
汚いまま箱に放り込んでおくと次見つけた時全く使えない部品に成長してしまいます。

とりあえず、分解・・・・・・・。 パッド多すぎ。。。
どこに有ったパッドかだけは書き込んでおきます。

同じローター使わないと全く意味は有りませんが。
10rd241.jpg

ピストンも1個ずつ出してキレイにしてから押し込んでいきます。
10rd242.jpg

洗浄完了しました~ オイルは入れたままにしておくので洗っただけです。
10rd243.jpg

パッドとパッドスプリング組みましたが メンドクサイキャリパーダナ

デコボコシテ、アライニクカッタシ・・・・。 交換して正解!
10rd244.jpg

ノーマルパーツはまとめて段ボール箱に収納しておきました。
あっちこっちに置くの止め様かと今年は思っておる次第です。

ZX-10RD バラシタついでにハイスロも入れとこうかね

中途半端に分解した10R。

このままハイスロまで替えちゃおうと分解
10rd221.jpg

サクサク分解して。

スロットルワイヤー取り付け部です。
10rd222.jpg

ハイスロにするとワイヤーのナットが入りません。
10rd223.jpg

ルーターでチュイ~ンと出来ました。
10rd224.jpg

そのままだと錆びるのでペイントマーカーで金色に。
10rd225.jpg

ここで、ノーマルの巻き取り径測定 Φ37です、結構純正でも大きめですね
10rd226.jpg

ちう事で、最初はゆるめでアントライオンのストリートタイプのパイプ入れることにしました。
ちなみに、ストリートでΦ40 スタンダードでΦ43です。
10rd227.jpg

で、ここまで来ればサクサクと取り付けて完了~~なんて結末ですが~

ワイヤーの長さが足りませんでした・・・・。 そのまま組み戻し、2回目です・・・・。
ちゃんと計ったはずなんだが・・・・・・。いい加減だから・・・・。



気を取り直して、外す時に気になったマフラーによるアンダーカウル溶け。
思ったより溶けまくってます・・・・。
10rd228.jpg

変形している所を全切除!! 変な形になりました。
10rd229.jpg

付けると、うん、ちょうど良い。
センターパイプに焼きが入っちゃってますけど、見えないから気にしな~い方向で。
10rd230.jpg

今回の正月休みミッションは完了しました!
明日、ブレーキの確認だけはしておきますけどね。
10rd231.jpg

ぱっと見た目にノーマルっぽい路線は外して無いですけど~
もう少し盆栽色を出したいな~

ハイスロのケーブルは再発注しましょうかね・・・・・。 高く付きます・・・。

2013年さてどれぐらい走りましたかな?

毎年恒例の距離確認です。

自分のふがいなさを感じるひと時でもあります。


ZX-9Rは前回27014.2kmで今回27785.4km
差は771.2km
9rb0603.jpg

ZX-10Rは5107kmから5907km
差はちょうど800km
10rd235.jpg

Dトラッカーは22534kmから22997km
差は463km
Dtr00365.jpg

CBR250Rは30719.5kmから31165.9km
差は446.4km
cbr10456.jpg

KLX250SRは・・・・・。不明ですがたぶん10km乗ったかどうか。
一度クラブミーティングでマクドナルドに行っただけ・・・。
KLX2500559.jpg

通勤快速RV125jpは15920.3kmから17839.8km
差は1919.5km
rv1251028.jpg

総走行距離は4400.1km
夏から後半、仕事が忙しくて全く乗れて無かったからこんなもんですか。

しかし、6台もあってこの距離とは・・・・。

どこからか聞こえてきそうです。
無駄無駄無駄無駄無駄!!!!

  今年はその他バイクを処分していこうと考えてるので、
  またレストア三昧な1年になるでしょう~

TZR125とJOG100とCBR250RKとZX-4ぐらいかな~
あとストマジ~ 2ヶ月1台ペース・・・・。 たぶん無理。。。

ZX-10RD フロントブレーキやっと入れ替え

正月休みも黄色ランプが点灯しだしたのでやる事やっときます。

今だ冬眠状態に無い10Rですがブレーキパーツ揃ってるので変えてしまいます。
途中で頓挫は絶対出来ません。


で、部品箱出してきたんですが~ ホース入って無いじゃねか??
10rd200.jpg

て事で探しました。 ダンボールをよけると出て着ました~

ほんと、良く片付けられてますわ
10rd201.jpg

それでは無計画に交換開始です! 細かい所はその都度対応と言う事で。

現状のブレーキはそのまま抜いてしまうので右側サイドカウルは外しておきます。
10rd205.jpg

スクリーンも有るとフルード入れられないので外しておきます。
10rd206.jpg

最後のショットです、もう少し強度が有ったらよかったのにね
トキコのキャリパーも最近デザインは良いんですけど機能的にうーんですね
10rd207.jpg

はい、丸ごと外しました。 確認するとピストンは鉄でした。
こういう所にホンダの様な熱い意気込みを感じさせてもらいたいですね。
10rd208.jpg

こちらくまさんに無理言って造っていただいたキャリパーカラー
白アルマイトかけてもらってます。 いつもありがとうございます~

でかいローター買ったらまた作ってもらわないとなんですけど、お願いします。。。
10rd209.jpg

キャリパーにあてがうとこんな感じ。
思いっきりタイトに付きました。
10rd210.jpg

フォークに付けるとこんな感じ、高さも問題無くがっちり取り付け。
凸凹もなくて良いです。

けど、パッドの高さが違うからプレート変えたい病が発症しそうです。
10rd211.jpg

昨日出来た、マスターシリンダー付けて、ホースフィッティング。
Tジョイントはフェンダー上に来るようにしました。
これが一番動きやすい気がしただけです、バイピースが一番動きやすいんですけどね。

まあ、キレイにSの字かきましたんで良しとしましょ。
10rd212.jpg

すこ~し問題も有りまして、アウターチューブにホース沿いすぎですね。
10rd213.jpg

こんな時の為にホースKITに同梱されてるクリアホースを巻き付けます。
10rd214.jpg

少し大きめにしておきました、ボトムした時どっちに逃げるか解らないので。
10rd215.jpg

ホースの位置が決まって本締めしたら、フルード入れる訳なんですけど。
ノーマル転用しようと、洗浄しました。
10rd216.jpg

ノーマルタンクあてがって発覚!! ホースがえらいクランクに・・・・・。

ノーマルは使え無いと言う事です。


で、タンクマウントのステーおば
10rd217.jpg

曲げました。

何故かと言うと、縦マウントのタンクが手持ちに無かったから。。。
10rd218.jpg

結果、付けたタンクはブレンボ・・・・・・。

キャップにメーカー名入れないで欲しいですね。 かなりのブレンボ感が・・・・。


けども、タンクがぐっと下がったおかげでメーター類は見やすくなりました。
結果オーライですか。
10rd219.jpg

フルード入れて、エア抜きして、漏れ確認して~  完成~~

変えた感があんまり無いですけど、すっきり良い感じ。
何気ない盆栽万歳~~
10rd220.jpg

ブレーキスイッチも無調整のまま行けましたし、
ちょっとパッドのバックプレートの返り擦った位でサクサク出来ました。

この後のついでが大変だったんですけどね~
とりあえずここまで!!

ZX-10RD レーシングスタンドピン交換

以前、間違えて購入した、スイングアームスライダー

ネーミングからして欲しい物と違いましたな。
10rd202.jpg

何がいけないかと言うとすごくでかい。

更にこれが削れる時は違う所も削れるだろうと言う事で
10rd203.jpg

2輪館で1300円にされて売れ残っていたほんま物と交換しました。

やっぱりこっちの方がスッキリして良い!
10rd204.jpg

しかし、これでもVアーム突っ込むとスイングアームに当たります。
飾りですね、実際使う事が有ればカラーで延長しなきゃって感じ~

ZX10RD cp4125ブレーキスイッチ取り付け

最近、買い物に活躍している10R(これが手前に有るからなんですけどね~)

ブレーキ周りの部品も揃ってるので前準備でマスターのスイッチ設置しておきます。
盆栽も進めておかねば。

スイッチと言えば外品でごっつい機械式の売ってたり、
油圧スイッチとかも有りますが信頼性とコスト重視で自作でございます。
10rd192.jpg

レバー調整ボルトの止めネジをスイッチドックに使います。
ただ、長いホローボルトに替えるだけです。
10rd193.jpg

一度分解するのでノブは外してしまいます、ピンで止まってるだけです。
10rd194.jpg

スイッチは防水でもなんでもないマイクロスイッチ。
10rd195.jpg

取り付け穴が2.5mmしかないので3mmに拡大しておきます。

この状態で位置合わせ。
10rd196.jpg

罫書いて穴開け、タップ立て。
安い物ではないのでちょっと緊張~

強度的には問題無いかと思いますが貫通させずに止めにしました。
10rd197.jpg

スイッチもケーブル作って接続出来るようにしまして。
10rd198.jpg

取り付け! こだわって3mmネジはチタン製です。
各ネジには中強度ロックタイト塗って組んでます、絶対に緩むから。

が、実はちょっとゆがみました、だって平らじゃないんだもん。
10rd199.jpg

これだけ出来れば後はサクサク組み付けるだけです。
明日、ちび介君と凧揚げした後出来るかな~

CBR250RH フロントブレーキの部品達

CBRも部品がチョコチョコ足りないので必要部位の確認しました。

ブレーキホースは今のでは長さが足りないので。
cbr10446.jpg

手持ちのホースで長さ確認です。

ちなみにフロントフォーク全伸びで測らないとフォーク延びたときにやばい事になります
私は無理やりフロントジャッキアップ!!
cbr10447.jpg

良いところにテープ巻いて長さを読みます。
cbr10448.jpg

他に要る部品をメモ書きして2輪館にお買い物~

これだけゲットしてきました。

1諭吉でおつりが来ましたが、実は買い忘れが有ってもう1回行きました・・・。


ホースとフィルターとボルトがメインです、後は投売り物とベルトバック
cbr10449.jpg

部品が大体揃うと、付けたくなるのが人情です。

マスターシリンダーの純正部品はまだ未発注・・・・・。


で、ストック部品のR6のマスターシリンダーが有る事に気付き、確認の為分解!
cbr10451.jpg

Dトラから外して保管してたので問題無く使えそうです。

タンク別体になるので、あれこれ考えて車体にあてがって大事な事に気付きました。

そう、あのカッコ良いショートレバーが付かなくなります。
横型マスターで無いといけない理由が有りましたね、気付いてよかったよ~
cbr10452.jpg

そんな事で、バラバラのマスターをちょっと組みしながら考察・・・・・。

タンクステーの角度が半端無い、タレ角15度は有りそう、RSのマスターだからしゃあ無い
cbr10453.jpg

当然の事ながら、ミラーホルダーも付かない。

部品来てから、ステーは自作の方向で行きましょうか~
cbr10454.jpg

これで諦めるのは何だったんで、キャリパーの芯出しおば。

キャリパーの割りがプレート中央辺りに有りますが、表裏で高さが違います。

外12.8mm 内12.1mmだったので差は0.7mm
とりあえず0.5mmのシム1枚入れれば良いかな~って具合でした。
cbr10455.jpg

CBRであとやれる事はタンクの錆取りなんですけど、ガソリンが満タンなんだな・・・。
フィルター通して早々に使うのが良いかも。

今、携行缶も満タンだし・・・・。 すぐには出来ませんな。

ZZR400K キャブ清掃完了

一夜明けて、エンコン浴をして頂いたジェット達。

みんな仲良く金色になりました。
詰まってた部位も完全開通~

ちなみに、SJノーマルなので#35、しっかり予備が有りました・・・・。
きれいになったから良いんですけどね~
ZZR400432.jpg

しっかりパーツクリーナーで洗浄してキャブに組み込み。
ZZR400433.jpg

更に車体にも組み込み!!
ZZR400434.jpg

いきなり組み上がって、エンジン始動準備完了~です。

ガレージ内でエンジン焚くと若干死を予感するので、外に出してエンジン掛けてます。
ZZR400435.jpg

暖気後にアイドル調整すると、しっかり1200RPMで安定。

そう、組み上がった時もこんなんでした。 静かで良いエンジンです。
ZZR400436.jpg

この状態でファンが回るまで放置・・・・・・・。

寒いのでなかなかファンが回りません、更にガソリンも減りません。
アイドリングですごく燃費が良いようです。
ZZR400437.jpg

ちゃんとアイドリングして吹き上がりの確認も出来たので、収納準備。

しっかりフロートからガソリン抜いて更にエアーで抜いたりました。
ジェット内に残ってると固着(詰まり)の原因になるからね~
起こしたては何かと面倒です。
ZZR400438.jpg

さて、このバイク春に売りますけど、20万円高いと見るか安いと見るか。
(部品代金の原価ぐらいです) 

誰か買ってくださいませんか~~(マジで美車です!)

CBR250RH サポートが届きましたよん

実家帰るついでに初売りのRSタイチでクリスマスに入荷済みのサポート取りに行きました。

9Rで大破している中華ウェルナットの交換品もついでにGET!
cbr10439.jpg

これ、プロトの’94RS125R用と言う事で、CBR250RJ・K・スパーダとかに
40mmピッチのキャリパー付けれる訳ですね。

VTR250とか適合に書いたら売れると思うんですけどね~
cbr10440.jpg

右側1個のみ、ボルトはM10P1.5とシムが数枚付いてきました。
ニッシンのキャリパーのネジがP1.25なんでこのボルトは使えませんです、はい
cbr10441.jpg

修理中なので一番手前に有るCBR
cbr10442.jpg

とりあえず、当ててみたくなったので~

これが
cbr10443.jpg

これに。

かなりキャリパーが逃げていきます、ホースは交換要りますね。
cbr10444.jpg

CBRに使うマスターは何気にオークションで売っちまってたので
手持ちの1/2マスター分解。

ゴム類買えば使えそう、あとミラーホルダーも要りますな~
cbr10445.jpg

とりあえず明日2輪館に行ってCBRに使うショートパーツでも物色に行きましょうか
明日まで10%オフやってるしね~

昔は正月開いてるバイク用品店て南海部品ぐらいしか無かったよね~
便利になったのか不景気なのか・・・・。 まあ私的には開いてて助かるので良いのですけどね

ZZR400K キャブ不調なんで本日確認

今日は実家でお正月~ ちう事でRSタイチ松原店経由でだらだらしてまいりました。

帰りの車の中でちび介君が鼻血抜いて車の中が血まみれになるアクシデントも有りましたけど
平穏な一日が過ぎまして~

明日から掛かろうかと思っていたZZRなんですがキャブなので洗浄が有るかも知んないな~
で、晩御飯食べてから分解しました。
ZZR400425.jpg

スロットルワイヤー繋がったままでも何とか整備できます。

外装外すと大作りなんで整備性は良いような気がしますね、まあ外装外すのが大変なんですけどね
ZZR400426.jpg

フロート開けましたが、さほど汚れてないんだな~(当たり前です)

チョーク引くと火が入ることからスロー系が詰まってるの確定なんですがほんとかな~?
ZZR400427.jpg



ホントに詰まってました・・・・・。

#2・3が見事にふん詰まり。
前回組んであんまりガソリン流してなかったのも要因ですかね。

コンディショナーとクリーナーの腐れ率はガソリンの其れとは大きく違いますから注意ですね。
ZZR400428.jpg

他の穴もエアーで開通確認しましたが問題無し。

#2・3のスロージェットのみ詰まったようです。
ZZR400429.jpg

やはり1日前に見て正解でした、 ジェット全てエンコン漬け。
ZZR400430.jpg

バイクはそのまま放置と言う事で、明日の午前中には完成することでしょう。
ZZR400431.jpg

地味にトラブル復活するのはやめて欲しいもんです・・・・。

パークリ吹いたら水出るし、やっぱり1タンクぐらい乗らないとちゃんと復活しないんかな~
てか、車検ないし・・・。アイドリング、たまにブリッピングで放置するのが現実的かな。

あけましておめでとうございます~ いきなり元旦からバイク触るの巻き

あけましておめでとうございます。

自分日記的なブログですが閲覧してくださっている方有難うございます。
今年も自己中で頑張りますのでよろしくお願いしますね~

コメいただければ返しますのでよろしくです!

で、2014年しょっぱなから12時起床!!

だらだらして、ぶらりと元日早々から初売りやってるエコノミックアニマル的
ショッピングモールに行き帰ってきたら夕方でした・・・・。

年末に(昨日ですが。)ZZR確認しようとして出来なかったので本日初仕事(趣味ですよ)

外部バッテリーと外部タンクにて始動確認~

なかなか目覚めません・・・・。 前回ガソリンは抜いたはず??
ZZR400421.jpg

ひとしきりセルを回し続けると始動しましたが、 片肺・・・・・・。
#2・3に火が入ってません、(なんで解るかって?放射温度計持ってるから解るんです)
手で触って確認なんかしたら火傷しますから注意しましょう。。。
ZZR400422.jpg

アイドリングもこれ以上下げるとストール。
ZZR400424.jpg

明日は実家にお正月気分を味わいに行くので3日以降にキャブ確認ですか・・・。
10Rのブレーキ部品も揃ってるんだけどな~
CBRのタンク錆取りと足回り入れ替えちゅうのも有るよね~

休みは5日までですから、足りてないぞ休み・・・・。

さて、この休みでどこまで出来るかトライアル的な頑張りを見せようか、どうしようか?

明日以降考える事にしよう~ 

先ずは良い初夢見ることがファーストミッションだね

FC2Ad