いろいろやろうかな~

IBM シンクセンターS50 涙の復活

年末で正月休みに入ったにもかかわらず家の掃除もしないでPC修理にいそしんでおりました。

壊れたS50の上に乗ってるのは廃棄処分なA50事情を説明すると快く分けていただきました。
sonota635.jpg

同型とはいえ形式が違うので、先ず内部確認から
S50のMBはバージョンが2.5
sonota636.jpg

A50のMBはバージョン2.7・・・。 こっちの方が新しいみたいです。
チップセットは同じ物なのでたぶん載せ替えても大丈夫かな?
sonota637.jpg

現役退役マシンなのでホコリを除去しつつ分解していきます。
sonota638.jpg

一通りの部品がきれいになりました~
sonota639.jpg

壊れたS50も同様に掃除・掃除。
sonota640.jpg

MB状態でCPU入れ替えます。S50がペンティアム4の3.2GHz
A50がセレロンDの2.4GHz、画像処理全般なのでP4の方が良いので交換です。
sonota641.jpg

さて、きれいになったどんがらに部品を入れていきましょう~
sonota642.jpg

一応最低構成で組みます。 ここでCMOSもクリアーしておいて。
sonota643.jpg

バイアス立ち上がりました~ パチパチ~~
sonota644.jpg

ウィンドウズXPインストールして復活!!
でも、あんまり問題ではないですがイサーネットアダプターが100ベース。
ネットはしないので良いのですがバージョンが上がってもグレードが下の機種って
ちょっとスペック的に悲しいですね~
sonota648.jpg

で、保守部品の塊S50MBで組んだセレD仕様
sonota646.jpg

くそでかいCPUクーラーを装備してます。 P4に転用した方が良かったかな?
sonota647.jpg

これも確認の為に電源入れるとバイアス立ち上がりました??
何ですと??
でも、面倒なのでこのまま使います、これは保守部品でね。
sonota649.jpg

最後にもう一台イッシー用のS50も掃除とHDDお引越ししました。
最近160GBぐらいのHDDが無いので500GBの物を積むんですが
何かと時間がかかって大変です、最近のマシンでやると早く終わるのかな??
sonota645.jpg

これを年内いっぱいやってたと言う事実! 寒かったからバイク触る気も起こらなかったのが本音。
PC修理だと嫁の怒りを買うことが無いしね。

しっかし面倒くさかった~~
けどまだ、ソフトのインストール残ってるわ・・・・。
スポンサーサイト

ぐぉ~ またしてもPC昇天~~

長年使い続けていたIBM シンクセンター8183-GAJ

カッティングソフトなぞを主に担当してたのですが、突然画面が消えファンが全開で回転・・・。

お前も逝くのか・・・・。
sonota633.jpg

ダメ元でチェックしましたがマザーボードが逝ってしまったみたいで復活ならず。
同じ物がもう一台稼働中なのでそれを転用するか・・・。

でも、それって嫁さん用。
sonota634.jpg

何か一台持ってきて入れ替えましょうかね~
PC入れ替えって結構大変だもんな~~~~~~ めんどくさい。

サンバーTV1 スタッドレスに履き替えました。

家のサンバー君現状は165/65-14履いてますが~
今回履くスタッドレスは13インチ、けど外形がでかいです。スペック上12mm大きいので
単純に6mm更に車高が上がります、メーターも狂うのでありましょう。
sambar0069.jpg

サイズは175/70-13で、たぶんこれが装着最大サイズだと思います。
これでも何処にも当りません、オーバーキャブ箱バン最強です!!
sambar0070.jpg

夏タイヤだとぼぼ面一っぽいです
sambar0071.jpg

ですが、全くはみ出てません。
sambar0072.jpg

スタッドレスに替えると~~~~~~~
sambar0073.jpg

ちょっとだけ出てしまいます、マッドガードと面一かな?
sambar0074.jpg

スタッドレスに替えたからと言ってスノボとかに行く訳で無しウィンタースポーツをする訳で無し。
町に住んでても何か有ったときには付いてて良かったね~の安全装備です。

今年は寒いって話ですしね。

S100Vハイゼット アクセル固着直すぜい

私の愛機ハイゼット号のアクセルが1/2以上踏み込むと戻って来なくなりました。

オーバーレブしてエンジン壊すか、どこかに激突して車両を壊すかしてもしょうも無いので直します。

寒いので修理して貰おうかな~なんて思いましたが、行くまでに逝ってしまっては元も子もないので
自分でやります。
とりあえず部品はアクセルケーブルのみ新品で後は洗浄で回避しようと思います。
hizet0121.jpg

部品はバイクと違ってケーブルアクセラレーターと品名が入ってます。
バイクの部品も入れてくれれば良いのにね。
hizet0122.jpg

今日は実の所時間ちゃんと取って無かったので突貫修理です。
キャブはセンターコンソールの真下
hizet0123.jpg

ケーブル側は後部座席足元の小さい方のメンテナンスハッチを開けると見えます。
ホントはキャブを下ろしてやるべきですが、車載のままインレットパイプのみを外して作業。

確認するとキャブの中はまっちゃっちゃ。
サブバルブのリンクが重い、メインバルブもネバイ・・・・。
ケーブルは軽い・・・・・・。 要らんもん買ってるじゃん・・・・・・・・。

と言う事でケミカルに活躍してもらうことにしました。
エンコンをキャブ内外に何度も吹く→スロットルを開け閉めする→加速ポンプからガソリンが流れ出る。
これを繰り返してスロットルバルブが軽くなったらキャブクリーナーで洗浄。

これ、完成の図。 見た目何にも変わった気がしない・・・。
キャブの中はアルミ色になったので自己的には満足です!!
hizet0124.jpg

ついでにインレットパイプ外した時にクリーナ側のバンドボルト脱落を発見!
hizet0125.jpg

そこいらに転がってたネジナットで固定しておきました。
hizet0126.jpg

とりあえずは走れるようになったのでOKでしょう
暖かくなったらキャブ外して洗浄・グリスアップしよっと。

ZX10RD キーホルダー買ったじょ

今日の午前中色々とウロウロする事が有ったんで10Rで行って見ました。

買ってから2回目の走行!!

ステップの位置がやっぱり違う感じがします。
膝の当り所も丁度フレームとタンクの隙間だし・・・・。
これは早急に対策を打ちます。

街中の走行だったのでハンドリングとかは分かんなくて普通に良く曲がります。
サスはやっぱり固いけどゆっくり走ってるしね~

けど、動力性能はやっぱり半端無かったです。

タイヤが冷えてたのも有るだろうけど乱暴にスロットル開けるとリアが空転・・・。
それでも前に進む。 恐るべし軽量ハイパワー!!
9Rと比べると可哀相なので止めときます。

まあここいらは慣れるしかないですね。

で、問題のキーホルダー。
出先でキーのみポケットに入れてたら、もうろくしてるんで何処に入れたやら忘れる→
冬なのでポケットがいっぱい有る→
探すが出てこない???

キーのみだと小さいのでポケットの片隅で発見されにくい!!
10rd040.jpg

なので純正品で買いました、定価です・・・・・・。

ちなみに9Rと同じ物、なぜかと言うと。
このキーホルダー他に傷を付けにくいんです、金属部が良い感じで車体に当たらないんでしょうね。
10rd041.jpg

付けてみました。
なんか、ステアリングダンパーに接触しそう、てかするよね~~
10rd042.jpg

まあ、当初の目的のキーの大型化は達成したので良しとしましょ

RV125jp リアキャリア修理 の巻

実の所だいぶん前から予知はしてました。

箱の辺りからキコキコと音が出てます。
原2ツーリングで爆撃してはいけないので箱は外していきましたが
箱無しでも”キコキコ”・・・・。

帰ってから確認すると、キャリア全体がゆがんでますな~
rv1250859.jpg

溶接部が2番から完全に千切れてます。
rv1250860.jpg

キャリア外すと、なんと両方共に脱落しました、乗っかってただけだったのね~
rv1250861.jpg

とりあえずこのままでは使えないので修理。

溶接部付近の塗料を剥ぎ取り溶接!!
これぐらい付けとけば大丈夫かな~ (構造的にまた千切れると思いますが)
rv1250862.jpg

けども、横着してバンバン溶接したので周りの塗料(保護樹脂系塗料です)がドロドロに・・・。
rv1250863.jpg

余りに酷いのでラッピングしましたが、ラップ中に樹脂が溶け出します。
どうするんだこれ~
rv1250864.jpg

それでも、最初よりは小ましになったので良い事にします。
rv1250865.jpg

硬化樹脂塗料なんて持ってないのでビニール系の塗料でごまかします。
rv1250866.jpg

乾くとこんな感じ。

写真だと伝わらないですが汚いです・・・。
しかし、錆び止めとしては問題無いし機能パーツなので合格!!
rv1250867.jpg

さて、羽のみのカッコいい状態からおさーん仕様に変えて行きます。
rv1250868.jpg

仮組みします。
いい加減に溶接した割には良いとこ行ってます。

ちょっとゆがんでますが・・・。
rv1250869.jpg

ぐりぐりっとボルトを締めると~
パリッと真っ直ぐになりました~ パチパチパチ~~
rv1250870.jpg

取って付けた感バリバリのキャリアが付きました。
rv1250871.jpg

ここで箱ベースを付けるんですが前回は有り物のカラー(高さ8mm)使ってたので
適正値にする為、アルミカラー買って来ました。

高さ5mmです、3個で良いのですが2個パッケージなので4個・・・。
10%オフ756円で買えましたが投資箇所を間違えてるような気がする。
rv1250872.jpg

しか~し、3mm高さが低くなる事でキャリアからの隙間1mm!!
箱の重心位置が3mm下がる事によって~~~

たぶん何も変わりません。 自己満足です。
rv1250873.jpg

箱合体!! しっかり装着できました~
汚い塗装もしっかり見えます~~

ウレタンクリアー塗るときについでに塗ってしまった方が幸せになれそうですね。
rv1250874.jpg

これで、箱復活!
快適な運搬!?が出来そうです。

けど、この初期のキャリアじゃなく後期の羽に縫い付けるキャリアの方が絶対に良いと思う。
羽に傷が付くとかより爆撃するほうが危険だから~

安く新型キャリア売ってたら交換したいぞ!! もしくは誰かくれないかな~

ZX10RD バックステップ装着!

最初のイメージだけで突っ走ってます!!

乗っても寒いので何がどうだか分からないので位置図らだけを合わせてパーツチョイス
今まで大外しをしたこと無いので自分を信じてGO!!

てな事で、安くて高機能なスパイス・タクティカルステップにしました。
ステップ位置が0mmバック20mmアップ・0mmバック30mmアップ・10mmバック20mmアップ
の3箇所で、3っ目のがたぶん希望位置。
膝の負担も考えて、フレームとタンクの隙間がかわせる位置かな~と言う事です。
良いやつはいっぱい動かせますが、使うのは1箇所ですから~
10rd043.jpg

さあ、付けましょう!!

私は面倒くさい右側から始めるタイプです。
10rd044.jpg

ヒートガードやらステップ本体を外します。
これはリアマスターのプッシュロッド交換するタイプなのでマスターの分解が要ります。
10rd045.jpg

リアマスター分解時はマスターが一番上になるようにしましょう。
フルードの漏れを最小限にする事が出来ます、フルードの処理って結構大変ですからね~
10rd046.jpg

で、付いてます・・・・。
フルード漏れないように作業するとカメラは持てませんので。

しかし物理的に付いただけなのでブレーキのエア抜きが要ります。
10rd047.jpg

タンク標準位置では全くフルードの補充が出来ないのでタンクを外側で固定します。
10rd049.jpg

さて、エア抜き・・・・。 

確か納車点検でブレーキフルード交換しましたって言ってたんだけども・・・・・。
1月でこんなに汚れるんかな??バイク○さん
10rd050.jpg

フルードの銘柄も変わる事だしエアーとフルード押し出してフルードがクリアーになったので終了。

納車整備のフルード交換ってたぶん、たぶんですけど
フルードタンク分を下から抜いてフルード足してフルード交換完了なんだろうな~
たぶんですよ。
10rd051.jpg

さて、簡単な左側です。
エンジン側チェンジカムはノーマルを使うのでロッド以降を外します。
10rd052.jpg

んで、新しいロッドとステップベースを取り付け。
ロッドは両方ねじ込んだ状態で仮組しておきます、中途半端だとネジの掛かりがアンバランスに・・・。
10rd053.jpg

後は本体付けて完成~
こっちはカーボンのヒールプレートが付きます。
ついでに右もカーボンにしといて欲しかったよね~

最後ペダルの位置はまたがって見て、うにょうにょ、何となくで固定しました。

こればっかりは乗ってみて微調整しないといけませんから。
10rd054.jpg

で、じゃかじゃ~ん。

黒率アップか??

ステップがステルス化されただけのような・・・・。
10rd057.jpg

けど、機能パーツなのでおとなしくそこに居てくれれば良いと言う事で。
乗った時に感動が有れば良い良い。
10rd059.jpg

けど、右のステッププレートが目立つ、と言うか浮いている。
ここを色の為にカーボンにするほど酔狂でもないし~
まあ乗ったら見えないから良いか~~

2012年ラスト原2ツーリング~

今年も残り少なく、のんびりツーリングにしようと原2ペースのツーリングが予定されました。

別に原2のペースで走るなら排気量は気にしないちゅうアバウトな側面もありますが。

てな事で私も今年走ってないDトラで参戦するつもりでした。
リーダーもXRでズルしようとしてタイヤにエア入れようとしたらバルブが取れちゃった・・・。

いや、千切れたと言うべきかな。
sonota617.jpg

エアバルブ換えるにはタイヤを外さないと交換出来ないのでダメ元でタイヤ温めてみましたが
ビードが落ちませんでした・・・・。 素直にチェンジャーで外してバルブ交換後リーダーの下へ。

これでリーダーはXRで来る事間違いなし!
sonota618.jpg

私も一応Dトラチェック!!

フロントタイヤがヒビだらけです・・・・・。

これは今回見なかった事に・・・・・・・良いのか? 原2ペースなら大丈夫??
なんて考えでスル~
Dtr00226.jpg

そしてみんなを撮る為に後方カメラをセット!!
Dtr00227.jpg

なんて事を事前にやってましたが土曜日の晩に雨が降る降る・・・。
朝に乾いてるはずも無いので~

当日はRVで参加!! だって汚れるじゃない!カメラなんてどうでも良いのさ~~
tu-0214.jpg

今回はこの5台で、リーダーはズルしてXR残りはスクーター
しかし、この面子で景色なぞに興味が有る人は居ないよね~
tu-0215.jpg

のんびりツーなので10時過ぎにバイク7を出発!県道12号で上っていきます。

上りや再加速時にトルクが無いので漕いだりして、コミカルな動作が随所に~

で、さか栄にさくっと到着! 何故だかすぐ着いた?

昼飯チョイスは牛丼定食! 前日の金豚が腹の中でうごめいていたけど食べれました。
さっぱりしてれば牛でもOK!
tu-0216.jpg

しかし、こんな所までスクーターで来る意味は・・・・。
tu-0217.jpg

余り無い・・・・。
tu-0218.jpg


でも、いつもと違う楽しさは有る!
tu-0219.jpg

で、何故かこんなスクーターなのに帰路はワインディング・・・・・。

バンク角不足を補う為に体を内に入れてハンドルを旋回方向に切るちゅう通常では全くしない走り方で
何とかかんとか帰って来ました。

必死で出来ない下半身ホールドをしたおかげで下肢も筋肉痛になりましたが、けっこう楽しめるもんですな原2。

しかし今回の反省で車両の弱点をカスタムするのだけは止め様と心に誓ったきゃわPです。

来年も1回ぐらい有っても良いかな原2ツ~

自分のノートPCも復活させるぞい IBM G50

いっしーの録画PC容量アップのついでに私のHDも購入しました。

2.5HDD1TBです。 このPCもHDDクラッシュで長らく放置してましたが必要になる気がしたものでね~
sonota625.jpg

昇天したHDD 純正100GB
sonota626.jpg

新しく買ったのは東芝、速度は気にしないので5400rpmで。

しかしHDDの値段って解んない これで5440円。
はて、高いのか安いのか??
sonota627.jpg

本体メモリーも2GB入ってるので何とか大丈夫でしょう。
sonota628.jpg

入れるのはWin7! 今更XPでもないなと思ったからですが~
32bitなのでほとんど快適性能は替わらないと思います。
sonota629.jpg

インストールの手順や何やらはこんなのが好きな人のところでチェックしてね~

取りあえずノートPCが復活して嬉しいきゃわPです~~

録画PC容量アップ!

年末年始に向けて、 容量が足りないとわが嫁・・・。

家庭円満の為に買ってきました。HD!!
東芝製だけどメイドイン中華バイ日立グローバルっていったい何処の製品だ??

何てことは深く考えずに2TBの容量さえあれば足りる事でしょう。
sonota619.jpg

リビングに設置している録画PC、設置環境は悪く24時間電源入りっぱなしという過酷な条件で稼働中。
一応元サーバーなので耐性は高いです。 IBMの9229LSJまだ頑張ってね。
sonota620.jpg

取りあえず側板開けてSATA端子を探す・・・。

有りました、あと2個。  最悪あと1台増設可能ですが電源大丈夫かな~
sonota621.jpg

調べるのも面倒なのでサクサク取り付け。

ガッツリ2TBのHDが2枚乗りました、メインは1TBなので5TB・・・・。
ほぼ100%テレビ録画、いったい何時見るんでしょうかね~~~。
sonota622.jpg

さて、積み込みはさくっと終わりましたが、冷却系の掃除がまだ。
フロントパネルを外すと、

  きゃ~~

 フィルターの様な物が生成されてます・・・・ ホコリの塊ですがね
sonota623.jpg

ガチャガチャと分解して、刷毛と掃除機でキレイにしました。

こんなんなってたら熱暴走すんぞ! たまには掃除機掛けて欲しいものです。
sonota624.jpg

後はHDの割付して保存領域を選べば完成!!
これで、年末年始と要らぬ事を言われなくて済むかな??  ちょっと甘いか。

ZX10RD スライダーやっぱり付けちゃいました

当初フレームスライダーも付けるつもりでしたが買ったスライダーが車体中央ぐらいに来るので
これだけでも要は足りる気がしましたので付ける事にしました~

土曜日はとっても気温が高くて快適に作業が出来ましたね~

で、フェイズのスライダー左側です。
加工もきれいで好感が持てます。スライダー部は黒POMです。
10rd025.jpg

右はこんな感じです。 不細工な丸い棒が出てるよりこういうほうが個人的に好きです。
10rd026.jpg

取り付けにはセンターカウルまで外す必要が有ります。
温かったのでさくさく作業は進みます。
10rd027.jpg

右側はこのカバーと共締めになります。
既にボルト抜いてますが一応オイル漏れの危険が有るのでトルク管理はきちんとしましょう
10rd028.jpg

何にも考えなくても付きました。
10rd029.jpg

カウル付けても違和感は有りません、カスタムで付けるには押し出しが弱い部品ですね。
疲れてぼてこけした時用に付けてるので問題無いです。
10rd030.jpg

右をつけたなら左も・・・。
10rd031.jpg

こちらはジェネレーターカバーとクーラントタンクに共締めです。
10rd032.jpg

おしゃれに段付き加工されたカラーを挟んで取り付けます。
10rd033.jpg

こちらも自然な感じでグ~!!
10rd034.jpg

車両の入れ替えが有ったのでついでに外に出しました。

横から見るとフロントフェアリングが間延びして見えます。
10rd035.jpg

前から見ると、やっぱりおにぎり・・・。
もしくはモヒカン・・・・・。 

クリアスクリーンにしとけば良かったかな~~
10rd036.jpg

で、買った時から付いてたのがディトナのフェンダーレス!
私的に初フェンダーレスです。 

リアフェンダーは有っても害は無いし、無いと後方に色んな物を飛び散らかします。
と言う事で安く手に入ったらノーマルに戻したい箇所です。

しかしこれって高いみたいです、ルックス以外改悪になるのに~ と自己的見解です。
10rd037.jpg

一通りやること終わったんでガレージに戻します。
9Rと並びましたが並べた結果全体に低いから小さく見えることが判明!!
10rd038.jpg

タンクがちょっと短くって、ハンドルが少し手前下方に移動した感じです。
R1とかと違って10Rのポジションが楽なわけですよね。
10rd039.jpg

後付けるのはステップで今の所終わり。
固定式のステップ付いたらリア周りの整備しましょうかね~

ZX10RD 説明書 キタ~

ほんと、もう完全に冬~
バイクに乗るどころかさわる元気も無くなりつつあります。

せっかく買った10Rも年内出撃は不可能でしょう・・・・。

でもね、乗りもしないで交換出来るところはやっちゃうんですよね~ バカだから♪

そんな人に必需品! サービスマニュアルです。
私は車両と共に購入する人です。
逆車の日本語版は初版のみの発行なので2007年最終としては残ってるか心配でしたが~

有りましたよ、(やっぱり不人気か?)
10rd019.jpg

仕様地向け全種類が乗ってるので厚さが半端無いです・・・・。
電気仕掛けも多い機種なので有った方が精神衛生上よろしいかと。

ちなみに部品番号J9999-0169-02 お値段 12600円となっております。
10rd020.jpg

で、乗らなくても付けれる部品第3弾!!
クランクケーススライダー。

オクのみで販売されている商品でフェイズレーシングスライダー。
しかし、フレームスライダーは現在も吟味中~~
両方付ける予定なので揃ってから付ける事にしよう!! 
どっちも付ける時センターカウル外さないといけないのでね~
10rd021.jpg

なんて言いつつ寒いのが嫌いなきゃわPでした。

ZX10RD ドレスアップ?? 要るから交換するんです!

ここの所 くそ寒い日が続いてます。
例に漏れずガレージも寒い・・・・。 バイクになんて乗れません!! へタレなので。

でもさわらずにはいられない~


さて、交換してもらっってたフロントタイヤですが、ロードスマートとばっかり思ってましたが
今年の春にリリースされたロードスポーツでした。
結構頑張った選択をしてくれていたようです。 リアも揃えようとすると20K以上の出費に・・。
既に前後ディアブロコルサ買っちゃってるし~ どうするべか。
冬は長いのでゆっくり考えましょう!
10rd022.jpg

で、今回何をするかというと余りにみどり過ぎるのでちょっと黒率を上げようかと。

ここまでは見かけです!

ノーマルのスクリーンちょっと低すぎてフルカウルな気がしなかった
10rd004.jpg

ちょっと長めでスモークなノーマル形状スクリーン!!

と思ってましたがちょっと背が高くないかい?
商品名はMRAのレーシングスモーク
10rd005.jpg

ノーマル外して並べると、長いけどもカクカクと上にも上がってます!?
ダブルバブル形状は生理的に受付けないのでぎりぎりセーフな形状ですかな
10rd006.jpg

取りあえず付けて見ないと雰囲気が解らないので付けるんですけど、
取り付けがウェルナット。
ノーマルスクリーンに付いてるのは変形後のウェルナット・・・・。

9Rのスペアパーツ箱から発掘しました。
純正同等で安いキタコのウェルナット5mm、10個あってよかったね~
今回6個使います。
10rd007.jpg

取りあえず付けて見ました。

限りなくダブルバブルっぽいですけど違う感じもします。
10rd023.jpg

人に優しい形状である事は確かです。
10rd024.jpg

最初私にはおにぎりに見えました。
見慣れるとこれも有りかな~~なんて気もしてきます。

結果、買っちゃってるのでこのまま行きます。 人にやさしそうだしね。
10rd016.jpg

もう一個は クレバーウルフのカーボンタンクカバー
10rd010.jpg

ノーマルでは真みどり!  当たり前ですが。
10rd011.jpg

ちょっと置いてみます。

良い感じじゃないですか~ タンクパッドが嫌いなので(結構わがままかな)
これはうきうきで取り付けます。
10rd012.jpg

ちゃんと付けるのにサイドカバーとシートを取り外し。
10rd013.jpg

位置決めにマジックで左右印を付けます。
10rd014.jpg

後は両面テープ貼って、ヒートガンで温めつつずれない様に貼るだけ!!

貼ってから更にヒートガンで温めてカバーをタンクに押し付けます。
冬場はこれぐらいしないと確実に両面テープ剥がれます。

シートとサイドカバー付けて完成~~
10rd015.jpg

レーシーです! が、レーサーにこんな物は付けません!!
これは90%はドレスアップなパーツですね残りがタンク保護目的かな。

ちょっと黒率が上がって、寒い中ホクホクしながら作業終了~

1mmも動かさず寒い間は盆栽路線といってしまいそうです。
次はスライダーでも行っときましょうかな

ZX10R 新しい仲間が増えました~

記念すべき12月8日バイク屋に取りに行きました~

一番不人気なD型です!(たぶんそうですよね?)
この無駄な2本出しアップサイレンサーや思ったほど小さくないSS感が好きなんです。
10rd002.jpg

車両の状態は納車前点検でフロントタイヤも新品になってます。
ダンロップのロードスマート、ツーリングタイヤですな~
今はⅡになってるので旧型ですね2012年15週のタイヤでした。

路面温度が低くても使えるようなのでしばらく使ってみます。
リアタイヤは純正クオリファイヤーで2006年製!! 気をつけましょう・・・。
10rd003.jpg

走行も家まで走って帰ってきて5069km。
ガレージ保存の良いバイク見つけれて良かったね~
10rd018.jpg

最初にバイク屋から家まで乗った感想は、リアブレーキすごく効きました、サスがほとんど動きません。
エンジンの振動が硬い感じ、ノーマルステップではかなりの前乗りになる。
足付きは良い、ハンドルは切れない。(自分の9Rと比べて)

感じたのはこれぐらいですかね~ 後、やっぱり軽いです。
来年の夏車検なのでそれまでにダメだしして自分仕様にして行こう!!

やることいっぱいなのに、しでかしてますね~わたし。

CA41A レッツ4パレット 中古車点検

普通に動いていた車両ですので通常点検おば。

バッテリーは充電していたので積み込むだけです。
sonota584.jpg

セルで普通にエンジン始動~

変な音も出てないしOKでしょう。
オイル交換も最近やってたのでスル~
sonota585.jpg

プラグの確認後に洗います!

この時に車体の異常がないか確認するんです。
暗くて見えないって? ちゃんと明るい方向に向けて洗ってますよ~
sonota586.jpg

最後にワックス掛けて渡せる状態になりました。
sonota615.jpg

今回は横流しの為何にも見てませんがご近所さんなので問題が有れば言って来てくれるでしょう。
登録も行った事だし早く渡さないと~

AF68 ディオ 直ったみたい

オーナーさんに修正メニューと要る部品の購入聞いたらOKもらえました。

引っ張り出してキック1発! ご機嫌でエンジン始動!!
Fiだったらこうでなくてはね。
sonota611.jpg

プラグは必須だったので購入済み
NGK CR7HSA-9 と CR6HSA
6番に-9は存在しないようです、ホンダ仕様なのでしょう。
sonota612.jpg

全開であまり走らないという安全なオーナーですので今回6番をチョイス。
カーボンを焼ききってくれる事を祈ります。

ネジ部にモリブデングリス塗って付けるだけ。
sonota613.jpg

取りあえずバッテリーは注文しないといけないので、手持ちのバッテリーで確認。
セルでもブルンと始動~
sonota614.jpg

バッテリー届いたら積み替えて持って行くだけになりました。

ここの所何故か立込んで原付の修理が入ってきてます。
しかしうちも仲間が1台増える準備しないといけないのですが~時間が無い。
どうする おれ!

AF61 トゥデイ エンジン停止修理 その5

出来上がったと思ってたトゥデイですが、 また止まってしまいました。
sonota605.jpg

原因の特定が出来ていないので再度確認していきます。

プラグは、べちょべちょ・・・。
状況はオーバーチョークです。
sonota606.jpg

コイルの確認でも問題なく火は飛んでます。
sonota607.jpg

問題の無い時はアイドリングは安定しているので大丈夫だとは思いましたが
タペットクリアランスもついでに確認。
IN側が0.17mmと限界値でしたが抜けるほどでは・・・・。
一応0.14mmにセットして燃焼室にエンコンぶち込んで置きました。
sonota608.jpg

オーバーチョークになって、プラグが濡れて、他の要因はと考えると。
キャブのオーバーフローかなって。

画像は無いですが再度分解洗浄、またゴミが流入してました。
何処から来るのか??
一応この状態で油面のレベル確認
sonota609.jpg

フロートチャンバー一杯までで止まりました。
振り回してもさほど変わりません。 やっぱり何処からか来る固いゴミ・・・。
sonota610.jpg

ちゅう事で 
後付けフィルターとキャブの間のガソリンホース交換して今回は終了~

ちょっと自分で試運転してからオーナーさんに戻そうと思います。
また止まると迷惑掛けますので。

しかし、このキャブオーバーフロー開放経路が無いので
ガスが止まらなかったら全部エンジンに流れ込みますね~
何処までコストダウンすれば気がすむんだろうか。

キャノンMP370逝く・・・。さようなら、そしてこんにちは

家のプリンター キャノンMP370がこの度動かなくなりました。

厳密に言うとウイ~ンと作動するんだけど
sonota598.jpg

こんな表示が出てカートリッジを認識していない様です。
電源入れたり切ったり、カートリッジ付けたり外したりしましたが復活せず・・・・。

実際10年近く使ってるので寿命です、既に部品も出ない・・・・。
さようならです。
sonota600.jpg

そしてこんにちはな機種はキャノンMG6230!
インクが6個も有るコスト高な機種です。 今までのは2個だったのにね。
sonota601.jpg

早速開梱~
黒く光ってます~ ちょっと大きい気がしますがね
sonota602.jpg

セットアップして置いて見るとミラクルフィット!!
更に給紙トレイ式なので後方から紙を入れなくて良くなります。ここがポイントです。
sonota603.jpg

表示もカラー液晶なぞ付いてて高級な感じ~
sonota604.jpg

これで普通に印刷できるぞ~
年賀状とかは出さないふとどき者なのでもっぱら書類ばっかり印刷してます。
カラーインクの固着が心配ですが安かったので良いですよね~

しかし、物入りの時に壊れますね家電って。。。

FC2Ad