いろいろやろうかな~

ラストツー とりやさい鍋の為に高速乗ってびわこ食堂まで

11月25日、朝から大変さむうございましたが、意を決してツーリングに行って来ました。

集合場所は名神桂川SA。

という事は高速道路の上です、 ETCなんて洒落た物は付いてなくて現金支払いです!

集合場所には大量のバイク・バイク・バイク。
誰が一緒に行く人か解りません~~

で、結局16名(台)もの大所帯となってました。


京都東で高速下りて湖西道路から下道で最後の一台合流! 合わせて17台!!
tu-0207.jpg

今回もSS率高し!
tu-0208.jpg

朝の冷え込みが和らいで厚着をしてたので結構快適~ 天気良くてよかった~

びわこ食堂に何故か昼前に到着し奇跡的に17人並びで席が取れました。
注文待ってる間にも続々とお客さんが来ます。 結構人気店!

で、とりやさい鍋、白菜しか見えませんが下の方に鳥が入ってます、ちょっとだけですが・・・。
これの後の締めのうどんと中華そばが美味しい~

味噌のスープでポカポカするし、今の季節には良い感じでした
tu-0209.jpg

帰りは、来た道戻って高速で帰る訳も無く周山抜けて帰りました
tu-0210.jpg

ここいらは結構車が多くてしんどいぞ、お腹もいっぱいで眠いぞ~
tu-0211.jpg

山ん中入ると西日がすごくて道が見えません、不思議と前走車は曲がっていきます・・・。

ホントに見えてたんかな~道・・・。

で、これまた何故かあっちゅうまに美山に到着!

ジェラートなぞをがっつくメンバーも居ましたが、絶対寒くなるので私はパス!
tu-0212.jpg

暗くなる前に帰るのは必須(さむなるやん)
ちゅう事で道の駅いながわまで、行く事に大阪組とは途中で流れ解散
tu-0213.jpg

いながわ到着時に6台。
駄弁ってたらすっかり暗くなって結局寒い中帰りました。

今年最後にガッツリ走れて良かったんで良しとしましょ

家to家で389km、最後にガソリン入れなかったから燃費不明
途中の給油では16ℓ/km、さすがに高速使っただけ良かったですけど後半は???ですね~
スポンサーサイト

AF68 ディオ これもエンジン停止修理

週末に信号待ちでエンジン止まって再始動できない~
てな連絡が有りまして。

引き上げてきました。
焦ってセルを回し続けた為バッテリーは上がってます・・・・。

キックも長期に渡り不使用だったので戻ってこない状態。
エンジン掛ける準備と不具合確認をしていきます。
sonota587.jpg

先ず、キックですね。
ベルトカバー外しました、駆動系はそこそこ汚れてます。
sonota588.jpg

カバー側のキックギア、4stになって3軸あるので固着率も高いようです。

分解して、パーツクリーナーで流して長期潤滑できるようにスレッドコンパウンドで組みました。
これは洗浄前の画像ですが・・・・。
sonota589.jpg

症状としてバッテリーが弱ってますが、セルモーターのリレーが小刻みにカチカチ言うので
外して点検、12V掛けるだけですがカチッと入りました。
車体側の制御の関係でオン・オフを繰り返すみたいですね~
sonota590.jpg

再始動しないと言うことでしたので、先ずプラグテスターで火花確認!
1気圧中ではこれぐらい離してコイルの点検をするのがホントです。

問題無く火花飛びまして、プラグは純正CR7HSA-9 ですがCR6HAに変更しました。
良ければCR6HSA-9に変更します。
sonota591.jpg

次にインジェクター、原付用の為穴なんて見えません!!
これはエアブローのみ。
燃料ホース側でポンプの確認をしますがキーオンでドバドバガソリンが出るので注意しましょう。
(受けたガソリンをどうするか迷いますが、決してタンクに戻さないようにしましょうね~)
sonota592.jpg

最後にこの4st空冷エンジンがバルブにカーボン噛んで圧縮が抜けることがあるそうな・・・。
ヘッド抜くのも手間なのでタペット調整で確認します。
sonota593.jpg

ヘッドカバーをめくると少ない部品が出てきます。
タペットの調整ねじがやり難い所に有ります、もう少し考えよう! 外装も外さないと出来ないし!!

文句言っても始まらないので測定~ IN側0.18mm OUT側0.16mm
規定値が0.14mm±0.03mmなので少し多目です。
カーボン居るのか?
取りあえず0.14mmに合わせて置きました。
カーボン取れたらヘッドがカチカチと教えてくれるかもですしね
sonota594.jpg

バルブのカーボンの話を聞いたのでガソリンにフューエル1を投入して~
キック連発!

エンジン始動しました、この後キック1発~っでエンジン始動できるようになりました~
さて、原因が何処に有ったか解らない作業になりましたが点検兼ねたのでこのメニュ~で問題ないかと。
sonota595.jpg

駆動系は開けてないので再度洗浄しま~す。
バッテリーとプラグは交換ですね。

で、話はすっ飛びますが。  今日の作業中に遭遇しました~

日本で生息し始めた蜘蛛!!
sonota596.jpg

背中が赤いのでセアカゴケグモでは!
必死で逃げようとするのでパーツクリーナーで抹殺しました。
バイクの中に蜘蛛の巣張ってたら要注意です! 湿気の少ない乾燥した場所を好むそうなので
スクーターのカウル内って良い環境なのでは?
sonota597.jpg

たぶんこの蜘蛛ディオに付いて来たのでしょう。刺されなくて良かった~

AF61 トゥデイ エンジン停止修理 その4

ここの所寒くなりまして夜な夜な活動出来てませんが最後の確認だけします。

オートチョークの出力電圧 5V弱出てるのでOK.
sonota578.jpg

オートチョーク外した状態、カッタウェイとケースの距離が10mm
sonota579.jpg

車体に付けると12mmまで伸びました~ 問題無いようです。
sonota580.jpg

エンジン停止時にインシュレーター内がガスで濡れてたのでオーバーチョークだと思ったんだけど~

   違ったみたい・・・・。

そうすると次に臭いのはバキュームピストン!

結構磨耗が進んでいます、チョットした傷も発見!!
sonota581.jpg

ピストン上がったまま回転落ちればオーバーチョーク同様すごくガスが濃くなります。
ホントはバキュームピストン交換なんですが、今回研磨してみました。

キャブボディには傷が無かったのでピストンのテフロンを剥ぎつつ研磨!
つるりとしました。
sonota582.jpg

この部品を組み戻して、 いざ試運転に~ 

めっちゃさぶい・・・・。 町内を5周するもエンジン停止再現せず。
原因は単純にバキュームピストンが磨耗して戻りが悪かっただけかと・・・。
これで様子を見てもらいましょうかね~

で、次はこれ。
点検してそのまま流すだけなので楽勝物件です。
sonota583.jpg

在庫のバイクを年内にもう一台ぐらい減らしたいので頑張るぞっと!

AF61 トゥデイ エンジン停止修理 その3

原因が特定出来ないので、なかなか完成しないトゥデイです。

一応フロートチャンバーの洗浄しましたが思った通り、一つもキレイになってません・・・・。
sonota571.jpg

キャブ組んでガソリンを通しました~~~。

フィルターには何一つ引っ掛かりません???
解せないことがいっぱいです。
sonota572.jpg

取りあえず組みあがったので試運転に行きました。

やっぱりしばらくすると止まります??
再始動も困難です。
sonota573.jpg

ここら辺で悪い所は特定出来てるんですが、予備が無い。

それと ゴミ事件も有ったのでキャブを分解洗浄することに。
sonota574.jpg

何処も悪いところは確認出来ず。
sonota575.jpg

一箇所パイロットスクリューのズプリング座金が無いのに気付きましたが
元から付いてないのかも・・・中国製だし~~

なんて思いましたがちゃんとワッシャー足しておきました。
sonota576.jpg

出来たぜキャブ! PSはデフォルトの2-1/8戻しでセット
sonota577.jpg

キャブ洗ったのはついでですが、オートチョークはそのままなんですよね~
止まる原因は今の所オーバーチョークじゃないかと踏んでます。

プラグがかぶってる状態ですね、

走行距離からもそろそろエアエレメント交換が要るだろうし、タペットの調整も要る頃だろうし
オーナーさんと相談の上コストは掛けていこうと思いま~す。

ショップにもオートチョークがリコール扱いになってないか確認しないとね!

AF61 トゥデイ エンジン停止修理 その2

直ったか確認するのにちょっと走りました。 やっぱり止まりました??

また分解です、まあシート外せばこの状態になるので良しとしますかね。
sonota565.jpg

タンク内の水かもと思ってたのでキャブのガソリンを抜来ましたが
水とは違う見難いですがゴミが視認出来ました。

洗ったのに何故居るのじゃ!! とちょっと怒りを覚えながら
sonota566.jpg

こんな物を買ってきました。
取りあえずガソリンフィルターです。
タンク上部からは点錆が数点確認出来たので有っても問題は無いでしょう。
sonota567.jpg

何処に付けるかざらっと確認して~
一応見えて、何処にも当らない部分・・・・。
sonota568.jpg

ここら辺がベストな気がしたので取り付け。
ここなら裏側から確認できるし~

こんな物を付ける時はちゃんとホースクリップは入れましょう。
sonota569.jpg

ついでにフロートの腐食部もエンコンで取れる訳無いんですがゴミ除去を兼ねて洗浄掛けました。
sonota570.jpg

これだけやっとけば明日どうにかなるのかな~

AF61 トゥデイ エンジン停止修理

ご近所さんからエンジン止まったんですけど見てもらえませんかと修理依頼が有りました。

走行中に吹けなくなって止ったようです。 さて何でしょうね。
sonota549.jpg

セルを回しても目覚める気配は無いけど変な音は出ていない。
取りあえず、バッテリーが弱り気味だったので充電するべくカバーを取ると・・・・。

すごい粉が・・・。これに水を掛けると希硫酸に戻るので取り扱いには注意しましょう。
かかると衣類に穴が開きますよ。

それでもバッテリーは水洗いして補充電しておきます。
sonota550.jpg

点火も疑ってプラグ外して確認。  ちゃんと火花は飛んでます。
1気圧中なのでいい加減な確認ですがコイルが劣化する年式でもないのでOKとします。
sonota551.jpg

続いて、このモデルはキャブなので怪しいのはここだろうと分解してみます。
sonota552.jpg

外しました。 2stと違って泥んこにならないのが良いですね~
sonota553.jpg

キャブご開帳~
クリーナーでざっと洗いましたが詰まり無し・・・。

フロート下部に腐食が有りますがジェットは腐食無し・・・・。
sonota554.jpg

結局よく解んないので組み戻してエンジン始動するとエンジン掛かります。
普通に走れます???
sonota555.jpg

しかし、悪いところが有る筈なので今度燃料系見てみますね~
タンク内に水が入ってるのかもとちょっと思ってます、可能性は薄いと思いますが。

ゴミバイク修理 第2弾!!

エクセルが旅立った次の日から再開してましたが、公表する事でもないので~

なのでまとめて公開。

さて、エンジン掛けるのに一応キャブは洗います、スターター側の穴が詰まってましたが
エンコン漬け2日で開通しました。 急いでないのでこんなんで良いんです。
で、完成したキャブ。
sonota559.jpg

で、車体ですがこれ見れば知ってる人はすぐ解る、SYM RV125です。
元々実動エンジンだったのでさほど心配はしてませんが。
sonota560.jpg

バッテリー繋ぎます。 メーターが表示されました。
37298.3kmと距離は中々ですが私の所に来てから1000kmオイル交換してました。
sonota561.jpg

電源は車用のバッテリーとブースターです、起こしには必要な物です。
sonota562.jpg

このエンジンは通勤快速号に使っていた物なので悪くなかったんですけど良いのが手に入ったんで
交換しちゃったと言うものなので~

キャブ付けてセルをぶち回す、ぶち回す、ぶち回す。

エンジン始動しました~
sonota563.jpg

しかしながら、事故車に搭載している都合で冷却水が入ってないので早々にエンジン停止!!

全体像は残念ですが、使える所はまだ有るんじゃないでしょうかね~
sonota564.jpg

さて、誰か買ってくれる人は居るのでしょうか?????
お安くいかがですか??

ヤマハ エクセル旅立ちの時~

今週は毎夜毎夜チョコチョコと再生作業を続けた甲斐有ってこんなになりました~

一週間前までは完全な粗大ゴミでしたが、使えるゴミに変化しました。
sonota556.jpg

私の所でも使用用途無し、引き合い無しと言う事で何年にも渡り保存してきましたが
(放置とも言う)この度絶対に役立つときが来ました!
sonota557.jpg

早速、車に積んでドナドナ~
sonota558.jpg

行き先は、バイク王!!
ボロは買い叩き、良いのだけ自社流通させると噂のお店です。

絶対に処分料が発生するであろう車両を選んだのには訳が有ります。
取りあえず、乗り換えキャンペーン中なので売れば3諭吉回収できると言う事と
ガレージが片付くと言う事だったんですが嬉しい誤算が有りました。

買い取り査定してもらうと案の定、処分代で5夏目要りますとの事
でも購入時には3諭吉値引かせてもらいます! 何て事をおっしゃいます。

それでは2.5諭吉の値引きにしかならないので別なので良いのが無いか考える~~

本気で考えて時間を引っ張ってたら、店員さんが3.5諭吉車体から引けるよう努力して見ます
なんて嬉しい言葉~

粘る事無くサインしてきました~ 中々捨てたものではないなバイク王
でも売るなら某オークションの方が値が付きますね。

しかしキャンペーン中だったのでエクセルが3諭吉分の仕事をしてくれたと言う事で一件落着!
オークションでは出ませんねこの値段。

今回買っちゃった中古バイクは年内には家に来るとは思いますが乗るのは来年かな~
足回りのグリスアップも要る年式なのでね~ お楽しみ~

ヤマハ エクセル再生その4 磨きましたが・・・・。

最後の作業となります。

これが前日の状態。
sonota545.jpg

こちらが今現在・・・・・。

ほとんど替わりません、コンパウンド研磨追加とバリアスコートで締めましたが何だかな~
塗装の劣化も激しいのでこれぐらいが限界ですかね。
sonota546.jpg

やっぱりシートが浮き上がって見えます。
黒の方が良かったかも知んないです、 でも白いほうがインパクトが有って良いはずです。
sonota547.jpg

こうして見ると、まだいけそうな気がしますね。

メットインではないので細身だし、軽量2stも今だ健在と思うのは妄想でしょうか
sonota548.jpg

一応これで完成です。

いけにえなので実働でなきゃと言う勝手な判断ですが、心象が違うと思うし~~
どうでしょうか?

これは土曜日に使うのでまた報告らしき物したいと思います。

ヤマハ エクセル再生その3 エンジン始動

毎夜毎夜、頑張って進めております。

今日はキャブの外側洗浄と電装確認です。
sonota538.jpg

昨日からエンジンコンディショナーぶっ掛けて放置しているキャブを
キャブクリーナーとブラシを駆使してキレイにします。
sonota539.jpg

ほら、こんなにキレイになりました~
キャブ内部の通路関係はエアーで確認しています。
sonota540.jpg

キャブを付けて、ガソリン入れて~  キックキック!!
エンジン掛かりました~~ すこぶる調子良さそう~~
sonota541.jpg

しかし、電気系で予断を許しません!
ヘッドライト関係が無反応・・・・。

確認の為バッテリーを搭載します。
本来開放型のバッテリーですが4L-BSで問題なく代用できます。
sonota542.jpg

セルでエンジン掛けようとセルボタンを押す・・・・・ 無反応・・・・。

と言う事で左スイッチを分解して接点を磨きました。

復活です! 球切れも無く全ての灯火類とスイッチが反応します。
とりあえずは機関完成です~~
sonota543.jpg

調子に乗ってきたので補修済みのフロントフェンダーも取り付けます。
フロントカウル付いてると取り付けできないので外しました。
sonota544.jpg

で、最後にくすんだカウル関係をコンパウンド研磨!!
sonota545.jpg

明日も仕事なのでいい加減で止めました。

最後は残った研磨とワックスコーティングで今回のテーマ完了です!

ヤマハ エクセル再生その2 ブレーキ固着とキャブ掃除

今日も頑張りましょう!

きょうは、ブレーキワイヤー交換です。、完全にワイヤーが錆びて動きません。
sonota526.jpg

レバーの高さも左右違うので要調整ですね。
sonota527.jpg

外装付いてると何にも出来ないので外します。
さすがに中味は酷い物です、ホコリまみれも良いところ~

けど気にしません!! やる事は良品ワイヤーに置き換えるだけです。
sonota529.jpg

リアウインカーレンズも割れてますが、これも予備があるので交換です。
sonota530.jpg

フロントフェンダーの爪折れはさすがに交換部品が無かったので修理です。
sonota531.jpg

プラリペアで固めただけですが、何か??
sonota534.jpg

一応、足付けにリューターで下地は荒らしています、これをサボるとポロリと取れます。
sonota535.jpg

ブレーキ周りは部品交換で済みましたが、キャブはそうも行きません。
地味にがんばるぞ~
sonota532.jpg

エアクリーナーボックス外すと ”きゃ~” ドロドロです。

触るの嫌です・・・・。  ニトリルの手袋して外します。
それでも気持ち悪いぞ!
sonota533.jpg

外れたキャブは奇跡的に詰まり無し、腐食無し。

このままガソリン入れたら動いたであろう状態でした。
やっぱりガソリン空保存大事です。
sonota536.jpg

しかし、このゴテゴテキャブを元に戻すなんてことは私には出来ないので。
エンコン漬けにして、明日でも組んで見ましょう~
sonota537.jpg

明日は始動確認出来るかな~~

ヤマハ エクセル再生その1 シート張り替え

長きに渡りガレージの肥やしとなっていたエクセル

やっと役に立つときが来ました!!
sonota519.jpg

すごいホコリの積もり様です、とりあえず洗わないといけませんがシートが無残なので外して洗います。
sonota520.jpg

外したシート、ミイラ男のようです。
sonota521.jpg

シート皮を外すとウレタンは奇跡的に無事!
ものすごく乾燥しているので張り替えます
sonota522.jpg

何となく黒じゃない気がしたので白い革で張替え。 汚れるだろうな~
sonota523.jpg

はしょりましたが張り替え完了です。 寒くなって来てるので加熱時間がかかる様になりました
引っ張るとき熱いし・・・。 寒いのは嫌いです。
sonota524.jpg

洗ってホコリは落ちたものの一つもきれいになってないエクセルにピカピカのシート装着!!

それ程悪くない気がするのは 気のせいでしょうか?
sonota525.jpg

後、実動までにブレーキの固着修理とエンジン始動(キャブ清掃)
外装補修で捨てるにはもったいない仕様の原付が出来る予定

何に使うかはお楽しみ~

一台生贄を作ります~ ヤマハ エクセルの巻

この休みに実家から1台引き上げてきました。

この車庫もそろそろ撤退準備が必要ですがそれはまた今度と言う事で。
sonota516.jpg

ヤマハ エクセルです!! かの平忠彦がCMしていた迷車。
年式的には1986年ぐらいですかね。
sonota517.jpg

全く関係ないですが、実家で親父の帽子に違和感を覚えてよ~く観察すると。

ガストロールのキャップです・・・・・。 さすが関西・・・・・。それだけですが。
sonota518.jpg

さて、このエクセル実動になるんでしょうか?

ZX9RB またまたタイヤ交換でござる

タイヤ交換とはまるで関係ないケミカル類が来ました。 冬眠と始動時に必要な物をまとめてね
9rb0321.jpg

さて、せっかく新しいタイヤに交換したわけですが、センター減りは極力避けたいので替える事にします。
9rb0323.jpg

だめになってたバブダンパーも新品に 4個で3402円でした。
カワサキのハブダンパーは劣化が早い気がします、他メーカーの物は替えた記憶があまり無いです。
ZXRも替えたな~ってカワサキばっかり・・・・。
9rb0324.jpg

まあそれだけ大きな仕事をしているのでしょう、と言う事にしておきます。
ダンパー当たり部にはシリコングリスで潤滑しておきます。
9rb0325.jpg

いきなりリアタイヤの交換終了~
リアを先に替えないとジャッキアップの時にやじろべーになるから。
マグのときはフロントから交換です、前回は久々で忘れてたわけです。

進歩が無い・・・。
9rb0327.jpg

で、ちょっとしか使って無くてもグリスで汚れるスプロケットは洗浄~
面倒くさいですが一緒に保管する物までグリスまみれになるので必須です。
9rb0328.jpg

ジャッキアップでもしっかりリアタイヤは接地しております!
こかしたら大変なので小さい事もしっかり実行しましょ
9rb0329.jpg

ブレーキパッドも交換ですね、ほとんど減ってませんでした、当たり前ですけど。
鈍い方のパッドに逆戻りです。
9rb0330.jpg

フロントも元の003に替わりました~
これで今年最後のツーリング準備は大丈夫ですね~~
しっかりタイヤは温めて乗りましょう~~
9rb0331.jpg

現在の走行距離は26633.1km タイヤ交換時の距離が26320.6kmなので
312.5km走ってました、結構乗ってます今年!!
9rb0332.jpg

Dトラでお出かけしようと思ったんだけど バッテリー上がり~

Dトラッカーです、たまに充電してたんですけど今回もバッテリー上がってました・・・。

今年の4月にオイル交換してから乗ってなかったから~~
ホントに要るのかこのバイク??と思ってしまう使用頻度ですな
Dtr00224.jpg

一応充電器かけて、タイヤのエア圧とか確認したりして、ごちゃごちゃしてると
エンジン始動できました~~
ちなみにタイヤのエア圧は1.3kまで落ちてましたので2.1kまで上げておきました。
Dtr00225.jpg

何でDトラをわざわざ動かしたかと言うと、5w-40のオイルで大丈夫かの確認してなかったから。

結果はNGでした、やっぱり15w-50ぐらいの粘度が要るようです、
ヘッドからカチャカチャと良い音がなってましから。
実際はハイオク入れるとだいぶん良いんですがなかなかハイオクには手が出ない・・・・。
このオイル入ってる間だけハイオクにしようか!

バッテリーもすぐ上がるんでLi-Feでも入れようかな~
乗れば問題無いのだけどね・・・・・。

S100V ハイゼット バッテリー交換

あまり使用頻度が高くないハイゼットですが、ちょっとバッテリーが弱り気味。

低スペックの車はバッテリーがヘタルとパワーダウンします。
前に買って予備充電してたバッテリーに交換、今回40B19Lへサイズアップしました。
hizet0113.jpg

ハイゼットのバッテリーは荷台中央に有ります。
荷台空にしてシートをめくる必要あり! 面倒くさいです~
hizet0114.jpg

はまってるだけの蓋を取ると汚いバッテリーが登場!!
この中は外と同じ環境になってます、隙間から地面が見えたりして。
hizet0115.jpg

うんで、交換しました。
交換は外す時は-から+、付ける時は+から-の順です、ショートさせると結構危険ですので
ちゃんと順番通りします。
hizet0116.jpg

ちょっと蓋が曲がってたので修正して装着!!
hizet0117.jpg

ついでにタイヤのエア圧も確認・・・・。 やっぱり下がってます。
パワステ無いので空気圧低下はハンドル操作にもろ影響するんです。
hizet0118.jpg

4本とも2.9k張っておきました、乗用タイヤはいてるので3.0k以上はちょっとね~
って事で。
hizet0119.jpg

この後実家に行ってきま!
イベントでも無いと中々こんな事出来ないですから~
hizet0120.jpg

ハイゼットで実家に帰ると言うことは~ ちょっと何をたくらんでいます~~

走行距離88101km(バッテリー交換)

FC2Ad