いろいろやろうかな~

RV125jp ちび介君とタンデムする為に~

ちび介君とタンデムするのに一番困るのが足置くところ

色々と考えた結果スクーターではどうやってもステップを出すことが出来なかったので
(収納できるのが条件です)吊り具のナイロンスリング買って見ました
rv1250661.jpg

先ずシートの枕を外します、シート内のネジ2本で止まってるだけ
rv1250662.jpg

枕のシャフトの位置にマーキングします
rv1250663.jpg

おもむろにφ7のポンチで2箇所抜きます(赤丸部)
強度的には耐加重800kgf/25mmに7mmの穴を開けたので28%低下しているはず

ストレート使用ではないので60%程度としても360kgfには持つ筈、静加重時は問題無しでしょう。

衝撃加重は速さの2乗に比例して増加するので・・・ ちび介君の体重って何キロだったかな??

 まぁいいか~~
rv1250664.jpg

とりあえずシート枕のスピンドルにナイロンスリング突き刺します。
rv1250665.jpg

シートと合体させるとこんな感じ~
rv1250666.jpg

下の黄線がノーマルステップ位置で、スリングのアイがこの位置
ちょうど良さげです。
  アイが大きいので小さくする必要は有るかも、足が入り込むと危ない気がするのでね
  スリッパの先っぽでも張っとこうかな~   カッコ悪・・・・。
rv1250667.jpg

収納は後ろに廻してからカラビナで止めておきます。
rv1250668.jpg

これで、私にタンデムグリップを装備すればタンデム出来そうです
グリップ買って来ようっと

あとプロテクションシート貼っとかないと傷まむしになりそうだ。
スポンサーサイト

KLX250SR 錆取り継続中~~

何にも面白くない記事ですが、一応記録なので書いとこう!!

昨日1っ個目のタンクの錆取り終わりました、まだ未洗浄なので白いスケール残ってます
錆びは取れたようですね、週末に洗浄とコーティングしよう。
KLX2500071.jpg

ただいま2個目のタンク錆取り中~
KLX2500072.jpg

錆取り剤はかなり真っ黒になってます、まだまだ頑張ってもらわねば

実はこの液体4個目のタンク洗浄中というつわものです! 化学変化できる物質が残っている限り
使っていきます!
KLX2500073.jpg

錆びたボルトも脱脂洗浄した後、錆取ってダンボールに差し込んでいきます
決してキノコの栽培では有りません!!
KLX2500074.jpg

いつもの簡易黒染め完了です。 ヒートガン焼付けなので??ですけど
結構持ってる気がするので、後ボルトが錆びてるとぼろく見えます!
KLX2500075.jpg

大体のボルトも黒染め出来ました。 
KLX2500076.jpg

後は順番に組むだけか~? 

 しかし、リアサスのバンプラバーまだ入手できてませんです。
フォークのオーバーホールもまだだね・・・。

KLX250SR タンクの錆取り

この手の作業は手間ばっかりで実感が薄いから嫌いなんですけど
やらないと始まらないので頑張りましょう

先ずはお湯を沸かしています、カレーを作っているわけでは有りません
KLX2500066.jpg

KLXのタンクとついでにTZRのタンクも処理します。
KLX2500067.jpg

やることは先ず脱脂、お湯をタンクいっぱいに満たしてサンエス混合します。
キャップしてシェイクすると圧抜きからお湯が吹き出ますので注意しながらシェイクします

ひとしきり振りまくると茶色の液体に変化して油膜が落ちます
KLX2500068.jpg

今回3個洗いました~
ちなみにすすぎは高圧洗浄機でさびが出なくなるまで根気良く洗います
とても冷たくて寒いです・・・。
KLX2500069.jpg

最後にタンク錆取り剤を投入しヒーター ドボンして放置します。
KLX2500070.jpg

この後次々薬剤をタンクに入れ替えていくと最後まで無駄なく使えます
だんだんと錆取り効果は薄れるので放置時間を長く取る必要がありますけどね

今週いっぱい地味に進めて行きまする。

KLX250SR ちょこっと組み立て

そこいらじゅうのボルトやらプレートやらが錆びてるので順番に黒染めしていきます
使えば剥げるんですけど防錆効果は有るので我慢我慢。

錆取り脱脂後に温めて塗布、最後100度で焼付け(大体ですけどね)
KLX2500062.jpg

三叉周りの点検も終わってるのでそのまま組み戻します。
ニードルとローラー系のベアリングにはグリスは充填するんですよ~
軽くするのに塗って組む人も多いみたいですけどレーサーではないのでね
KLX2500063.jpg

さてステムとトップブリッジをフレームに組むと~

バランスが非常に悪くなりました・・・・。
KLX2500064.jpg

こんな感じで水平ですね。

こけない様に保存が必要になりました、 早くエンジン積まないと2次災害の危険が・・・。
KLX2500065.jpg

ヤル気満々でブーツなんかも買っちゃってたりしますが
こんなん買うから部品代が出ないと言う悪循環にはまりつつあります。
sonota418.jpg

ゴールデンウィークには出撃できるようにしたいもんです。
連休はバイクに乗れますように~~ えらい先の話ですがね

KLX250SR 部品洗って リンク周りグリスアップ!

平日休みなのにやるのはこんな事ばかり、面倒ですがこれやっとかないと作業性が悪くって

と言う事で、部品を洗いまくります!!
KLX2500054.jpg

こっちも!!
KLX2500055.jpg

ひとしきり洗い終わったのでリンク周りのグリスアップしておきます。
KLX2500056.jpg

なにやら社外品のリンクプレートが付いてました
KLX2500057.jpg

ボルトピッチで122mm、ノーマルは117mmなので5mm長いです。
と言う事はダウンリンクですね~~~

誰かノーマルのリンクプレートちょうだい~~
KLX2500058.jpg

無いものねだりしてもしょうがないのでリンクのカラーとシールを外します
内部に水の浸入も無くちゃんとグリスアップされてました

前オーナーが良い人だったみたいです。
KLX2500059.jpg

ウレアグリスに2硫化モリブデングリス少々を混ぜた物を充填します。
塗るのではなくて充填ですよ~
KLX2500060.jpg

リップシール部にシリコングリス塗って組みます。
リンクプレートはこれしかないのでこのまま・・・。
KLX2500061.jpg

これもまだまだやることがいっぱいです。

けど、足付ける前にエンジン積まないといけないんですよね~
エンジン磨くの大変だじょ

TZR125・KLX シルバーパーツ塗装

レストア中の2台の銀部品しっかり錆び落しして洗っておきました

今日は完全に10度以上有るので塗装しましょ
TZR1250048.jpg

今回の塗料、オートVトップモナーク シャインメタリックベース シャイニーコース
外装に使うかもしれないのでちょっと荒めのメタリックです
TZR1250049.jpg

塗り終わりました。
TZR1250050.jpg

思ってたより銀色でした、もうちょっと暗くても良かったかな~
TZR1250051.jpg

車両に付ければ気にならないでしょう、けど これ、結構太陽で眩しかったですね
トップブリッジ塗ったん失敗かも。 (眩しいのがとっても嫌いだから)
TZR1250052.jpg

部品だったTZRもだいぶとオートバイっぽくなってきました~
ブレーキ周りの再生しないといけないな~ フルードが無いな~
TZR1250053.jpg

かなり乗る確率が低いので地味に進めて行きましょうかな
早い目にタンクも錆取りしておかないと穴開きそうだ・・・・。

こいつもやることいっぱいだな・・・。

RV125jp 排気騒音と所感

久々に晴れました~

更にぽかぽか陽気です、こんな日にはバイクに乗って~行きません・・・・。
だって、動くのこれだけなので楽しくないです

で、サイレンサーに入れたバッフルの効果は良い感じであります。
排圧も程よくかかりアフターファイヤーも出なくなりました
 (パンパン言うやつね)

消音の効いた単気筒の音です、 これなら切符は頂かなくて済みそうです。
rv1250659.jpg

エンジン回転数は11000rpmまで確認
駆動系がヘタっているので車速はそんなに上がりませんがスムーズです
rv1250660.jpg

しっかし大きく成長しましたね~
今時、これぐらいのスクーターいっぱいいるから大丈夫ですかね?

ちなみにボックスはDトラの振動で取付け部に相当ガタが出てるのでガタガタうるさかったな。
また大陸製買ってこようかな~

RV125jp またしても爆音に逆戻り??

通勤に使ってると騒音が元に戻ってる感じがしたのでサイレンサー抜きました。

すると、バップルが無い・・・・。
rv1250653.jpg

サイレンサー内からバッフルがころっと出てきました。
rv1250654.jpg

すぐ取れては困るので、液体ガスケットで固定しました
rv1250655.jpg

ついでにもっと消音したかったので出口側にもバッフル取り付け。
ちなみにここに付けるにはサイレンサー分解しないと付きません。
rv1250656.jpg

これで、IN16φ OUT20φ となりました。
60km/hぐらいで流して耳障りでなかったらこれで落ち着きましょうかな
rv1250657.jpg

組んだ時はサイレンサー長いな~ って思ってましたが箱付けると・・・・

すごく大きなバイクになってますね~ かなりの邪魔さかげんです。
rv1250658.jpg

今度はスターター系(燃料)の点検と駆動系の点検ですね
前のエンジンから駆動系入れ替えた方が早いかも知れないな~

寒くなかったら今週末に点検だ!!

電動インパクトドライバー買ったよ~ ISD-135

先週の土曜日リョービの展示会に行って生産終了品のISD-135が思いの他安かったので購入

本日、品物が届きました~~

このインパクト異端と言いますかヘッドが短いのが特徴です。
左の充電インパクトと比べるとかなり短いのが解ります!

まあ縦には長いんですけどね~~
sonota419.jpg

モーターがグリップ下に来ているので正確にはアングルインパクトみたいなもんです。

寿命はそれほど長くは無いと思いますがバッテリーよりは長持ちでしょう
sonota420.jpg

これが有るとバイクの分解が手早く出来て便利です。
たまにボルトが吹っ飛びますが・・・・。
緩まないボルトだけでも効果的!!

けど、決してこれで組み立てないように、手工具で分解できなくなります
トルク管理も出来ませんから。

なら買う意味はどこに・・・・。 組み立て家具が簡単に組み立てることが出来ます!!
これ大事です!(おとーさんかっこいい~ってね) ポイントアップ!

RV125jp リアボックス装着

雨です、寒いです。 けどだらだらするのも嫌いです

って事でガレージで何しようかなと考えてRVに箱付ける事にしました
キャリアまで付けてるのにその後が続かないんだよね~
rv1250646.jpg

とりあえず乗っけてみます。 なんか普通な感じですね
この位置だと何とか大人がタンデム出来ます。
rv1250647.jpg

取り付けですが、箱のベースプレート取り付けに穴を1個追加しました。
丸の部分です、2個開けようかとも思いましたが3点で大丈夫だろうと言ういい加減な判断です!
rv1250648.jpg

ベースプレート付けました、キャリアとプレートの間に9mmのカラー入れてます。
rv1250649.jpg

箱装着!!
仮置きの時と同じ位置に来てます。  上出来!!
rv1250650.jpg

幅がすごいのですり抜けのときに気を使いそうですね~

気をつけよう。。。
rv1250651.jpg

けど、完全にスポイラーのみで重量を受ける形になるのでスポイラーの破損に気をつけねば
塗装のヒビで大体見当が付くと思いますが
rv1250652.jpg

これで、後ちび介君の足が届くステップを付ければタンデムで来ますね
 (後方にそのまま落ちるのを防止出来そうな雰囲気があるので)

現在はステップボード上に乗ってるのでこちらからメーターがまるで見えないのと
ハンドル持つので変な違和感が・・・。
知恵を出して安くステップ作りましょうか~~

TZR125 ステップバー流用できるかな?

TZR125のステップバーがかなりの損傷具合なので何か流用できないか検証してみました

スズキは持ってないのでカワサキ、ホンダ、ヤマハの3種類
TZR1250044.jpg

カワサキは幅・軸径共にNG

ホンダは角度・軸径OK 幅はホンダが1mm厚い・・・・。
TZR1250045.jpg

ステップ削って付けて見た!!

ストッパーまでの距離が長くて下がり気味になります。
プレート側に当て板貼れば使えそうかな
TZR1250046.jpg

やっぱりヤマハ純正にしておくべきか・・・・・。
TZR1250047.jpg

まあ、加工すればホンダは適合しそうな予感がするので選択肢は増えそうです

けどTZRにあんまり投資したくないのでオクで100円狙いで探してみようかな
全く急いでないしね。

TZR125 シート張替え 他~

毎日 くそ寒い日が続きますね~~

バイク触るのも億劫になります。
しかし自分が動かないと何も進まないので日の当たる時間だけ稼動しました。

ちょっとずつ部品が付いていってるTZR
TZR1250032.jpg

シート表皮を張り替えましたが鍵穴が有りません、シートベルトは撤去です。
TZR1250033.jpg

既にどう付いていたか記憶が・・・・。
パズルを楽しむ時間が出来ました~  なんてね。
TZR1250034.jpg

内側の穴にかぶってるシート生地はちょん切ります
TZR1250035.jpg

外側はペケポンで切り目を入れて
TZR1250036.jpg

キーシリンダー取り付け
TZR1250037.jpg

少量のゴムのり塗ってキャップはめます。
TZR1250038.jpg

ちゃんとシートが固定されました~~ 案外簡単に出来ましたな。
難易度低で組みあがりました!!
TZR1250039.jpg

後は次のステップです。
ハンドルスイッチの昭和度が高い、同じ昭和でもましな物をと1KTのスイッチ当ててみました。
このスイッチカプラーオンですがスロットルパイプが半分しかないですね~~
元の奴で合うのか検証が要りますけど昔の新型で行く事にします。
TZR1250040.jpg

ステップ周りも錆びだらけ、ステップバーの曲がりと一つもまともな物が無い
TZR1250041.jpg

ステップバーもカシメで固定とな・・・・。
TZR1250042.jpg

ピンはグラインダーで落して抜きました。
錆びはいつものブラシで取りました、数が合わないのは気にしないようにしましょう。
TZR1250043.jpg

さて、銀色に塗らないといけないけど塗料買わないと無いな~~
既に軍資金も無いな~~
あっ、ウインカーも無いんだった~~~~

この後進むのだろうか!

RV125jp やっぱり爆音小僧でした・・。

雨と寒いのが大っ嫌いなきゃわPですが、 小僧チックな音はとっても嫌なので頑張ります。

カッコは良いけど内径がでか過ぎるんですよね~
rv1250642.jpg

一応、サイレンサーアダプターで30φに落してますがまだまだ大きいようです。
エンジンノーマルですし、排圧抜けで低速トルクも少ないのでもっと絞って見ましょう
rv1250643.jpg

手ごろな物が無かったのでアルミのくずから製作、全く外から見えないので
こんないい加減な物でもOKです。

内径は16φまで絞りました
rv1250644.jpg

サイレンサーアダプターにM4のねじ切って取り付け
外形が小さいのはサイレンサー内部に段があるからです、寸法間違えた訳では有りませんよ
rv1250645.jpg

これで、サイレンサー組み戻して試運転に行きました。  雨の中・・・・

音は耳障りでは無くなりましたが、あんまり良い音では無いですね、単気筒の宿命ですな
低速トルクもちょっとアップした感じです。

もっと絞っても良かったかもですけどこれで様子見てみましょう。

あぁ 早く春にならんかな~ 

KLX250 リアサス分解

リアサスの部品発注前に確認しておきます。
要らない部品は買う余裕がないのでね~~

KLX2500049.jpg

そして、バラバラ。  ガスはぷしゅっとも入ってませんでした~
オイルきちゃないのは普通です。
KLX2500050.jpg

プラダは昇天・・・・。 これ高いのにな~残念。
KLX2500051.jpg

バルブとロッドは問題無し、 オイルシールセット交換で行けそうですね
KLX2500052.jpg

問題はバンプラバーが部品で出ない言う事ですね、内径14φのバンプラバー無いですか??

とりあえず部品発注しておきましょうかね

KLX250SR フレーム塗装~

塗装です、何とか気温が10度有るので強行します!!

下地の鉄が見えてるところはプライマー当てました、オフ車なので気を使ってみます
KLX2500043.jpg

今回使用塗料は大日本塗料のオートVトップモナーク、自動車補修用の塗料です。
乾燥がバカ速いので作業性は最高! 変な形の物を塗るのに良いですが、ちょっと高価です・・・。
KLX2500044.jpg

ついでに小さい部品も塗っておきます。
KLX2500045.jpg

反対側もしっかりと!
KLX2500046.jpg

フレームも変な紫色から シックな黒になりました!! でも黒は汚れが目立つんですけどね~~
KLX2500047.jpg

バサッと塗ったわりに良い光沢出てます、研磨はしませんがこのままでも
フレームとしては良い感じではないでしょうかね
KLX2500048.jpg

これで順番に部品を付けて行けば良いんですよね。
次は前後サスのOHしよっと。

RV125jp 通勤快速号 調整~

通勤快速DIOの自賠責保険が2月11日で切れたので急遽RVに保険かけました
今回も5年、前よりも安くなって15600円、前のは17510円でした
安くなっても きびし~

で、様子見にちび介君と某公園まで行って調子見。

駆動系が未整備ですが、中速域でピックアップが悪いようです。
極スローも何かいまいち

なので分解!
rv1250638.jpg

また、この光景を何度も見ることになるのかな~~
rv1250639.jpg

一応キャブの通路確認しました、PSのOリングへたりでちょっと汁が出てたのでOリング交換
スロージェットも#35のキレイな物に交換しておきました。
 (ジェットは少しずつ穴が大きくなっていく物です、ケミカル洗浄したらなおさらね)
rv1250640.jpg

それと、爆音防止対策をするのにサイレンサー外して一考・・・・・。
ここに小さいサイレンサー付けようかな~~なんて。

材料探しておきましょう!!
rv1250641.jpg

この状態で試運転するとまあそこそこ。
駆動系のOHしないといけませんね、クラッチもバサッと繋がるし・・・・。

通勤で乗るのですぐに良くなっていくでしょう! 多分。

KLX250SR フレームブラケット割れ修理

フレームの醜い錆びもブラシで落しました~
下地を残したかったのですがだいぶん鉄見えてますね
KLX2500040.jpg

割れてた一番後ろのステー
KLX2500041.jpg

ちょん切れてたマフラーステーもくっ付きました~
KLX2500042.jpg

シートフレームなのでここまで分解しなくても溶接できるんですけど
過去に電装焼いた事が有るのでフレームにするのを鉄則にしてます!

色も塗らないといけないのでね。
さて次は色塗りですな

KLX250SR ばらばら~

寒さもだいぶんましなので面倒な事を先にしておきましょう。

途中まで解体中のマイKLX
KLX2500035.jpg

補機類や電装を剥ぎ取ります。ダメ部品はこの段階でリストアップしておきます!
KLX2500036.jpg

最後にこうなりました。

何でフレーム単体にしたかと言うと~~
KLX2500037.jpg

こんな所とか
KLX2500038.jpg

こんな所が割れてるので溶接修理が要るからです~
KLX2500039.jpg

溶接して、錆び落して、塗装すればベースフレーム完成!
後は修理しつつ組み付けるだけになります。

早く暖かくなってちょ~!

KLX250SR 外装再生

今週はかなりの寒さでな~んにもしませんでした

今日は何となくましだったのでちょっと暇つぶし程度に外装研磨してみました

シュラウドは別の車両のステッカーが残ってる奴にしておきます
KLX2500031.jpg

プラスチッククリーナーが無かったのでコンパウンドのみで研磨・・・・・・。

かなりのしんどさです!(電動ドリル君がですが。)
KLX2500032.jpg

左が研磨済みです、普通の中古車レベルにはなったかな??
KLX2500033.jpg

手強かったのが元から付いてたカウル、かなりの劣化っぷりで研磨と言うより切削ですね

かなり凹んでいきます。
KLX2500034.jpg

材料が良くないのでここまでで止め~
プラスチッククリーナー買ってから再開します。

しかし、本体先にやらないとね~

FC2Ad