いろいろやろうかな~

RV125jp 塗装と忘れ物~

最近、寒いです。
もう11月も終わりなので仕方ないのかな~なんて思いながら
仕事から帰ると家から出たくなくなる毎日です。

しかし、やり掛けのバイクをほっとく訳にも行かないので、ちょこっと進めます。

ジェネレーターの配線、コネクター取り付けまで完了。
純正より3cm長くなりました、問題ないよね~ 今度からちゃんと計らないとね
rv1250366.jpg

続きまして、車内とガレージ内に点在していた塗りかけ部品。
どかっとクリアー塗りました、300cc作って・・・・・。

が、ちょっと足りませんでした、残念・・・。
更に塗り忘れと言うか部品自体忘れていたのを数点発見!!
残塗装品が増えました~ もっと計画的にしないと手間ばっかりですね
rv1250367.jpg

しか~し なかなかのつやつやになりましたよ。
風もあんまり吹いてなくて塗装日よりでした~

乾燥すれば車体にちょっとは組めるので片付くでしょう。
rv1250368.jpg

部品もバンバン入荷中~
お金が無くなりそうな勢いです。

がが、ここでも頼み忘れ発覚!! 
スライドピースとタイヤバルブって小物だし・・・最近ボケまくりです。
rv1250369.jpg

残念な事が多かったので、気晴らしにサイレンサーでもOHしようかな
と出してきた、90年代のバンスサイレンサー

何するのって、ここに書く以上RVに装着するのさー
口径が大きいのでリストラクター兼サイレンサーアダプター製作を依頼しないと
内径32φぐらいからはじめようかな~
rv1250370.jpg

何か総合的に見るとする事が地味でいけませんね~
まあ 今やってる事がレストア見たいなもんですからね~

でも、実際セッティングがどうとかコアな楽しみが欲しい今日この頃。
ってこれも地味か。

他の人のブログみたいなパーツインプレッションもきゃわPが必要性を
感じるアフターパーツって売ってないですから出来ないですしね~

まあ、観覧の皆様 程よく見守ってくださいませ。
スポンサーサイト

RV125jp フロントフォーク分解などなど

すでに取り外し済みのフロントフォーク、錆び部分は研磨済みです。
何故か下地にサーフェイサーが塗ってあるのでそこに水が入り込んで
錆びるようです。 無駄な一手間ですね
rv1250359.jpg

トップを外すと(ゴムキャップですが)Cリングで止まってます。
中央が深いのでM8ナットを放り込んでおきます。
rv1250360.jpg

ベアリングプーラーでおもむろにキャップを押し下げてCリング外します。
抜け止めの溝がインナーチューブに有ったので出来た技ですね。
本来インナーチューブ径と同じクランプで固定してやる作業です。
rv1250361.jpg

分解バラバラ~
洗浄しましたが、何か足りません。

そう、スライドメタルが省略されてます、アウターチューブが消耗品か。
あと、なかなかの重量がありました、インナーチューブも昭和な厚みが・・・。
rv1250362.jpg

分解までで、後は塗装~
グレーMで塗装、クリアーなんて1個も10個も同じだいっ!!
てな よくわからない理由で塗ってしまいました。 でも、いい色です。
rv1250363.jpg

研磨済みのインナーカウル類もホイルと共に黒ピカになってます。

置く所が無いので車の中が倉庫に。
早いとこクリアー塗ってしまわないとパーツだらけで身動きが取れない・・。
rv1250364.jpg

ホイル、やっぱり黒で良かったと思う。
楽チンだったし~~~
rv1250365.jpg

今日、交差点でRV125EFIの黄色を目撃!!
黄色と黒のツートンでした。
イメージと似たような感じなので少々路線変更が必要になりそう。
またちょっとした悩みが増えました~

RV125jp 塗装~塗り塗り~

テンション高めのタイトルですが、寒いね~
いきなり辛い季節になりました。

カメラを取りに行くのが億劫で
塗り終わってます。
何故こんな所を?? って思われたあなた!
そう、はっきり言って無駄な塗装!!
ちょっと差別化を図りたくって塗ってみました。
それもグレーメタリックではなくてパールマイカ色です。 クリアー要ります。
ああ 手間ばかり・・・・。 ばか
rv1250356.jpg

ホイルもナチュラルスリックタイヤを外して洗浄、傷・錆び取り完了
後は塗装、 やっぱり黒にしておきます無難に。
rv1250357.jpg

黒塗るついでにインナーの傷取りも実施。
#1000のペーパーでこすりまくりました、水が辛い~
七輪の中はまめたんで加熱してます、乾燥目的と暖房。
揮発油使用時はシャッター全開で寒いですけど、これが無いとやっぱ辛い。
rv1250358.jpg

明日も晴れそうなのでバンバン塗りますよ~
頑張らないと、分解したRVが邪魔で邪魔で仕方ない。

部品取り車 解体~

かなり外装が無いですけどまだ原型を留めてます。
今回エンジン外してメンテなのでオイルと冷却水抜きます。

少量のオイルが出てきました、真っ黒のが。
おめんてはされてなかったようです・・・。
rv1250353.jpg

とりあえずエンジン外しました、ケースとカバー・アームは塗装するので
後日バラバラになるでしょう。
rv1250354.jpg

ホイールも塗り替え予定ですが、何色が良いかな~
EFIが黒いホイルなので同じなのもどうだか
rv1250355.jpg

黒いのが一番汚れが目立たなくて良いのですがインパクトは無いですね。
ちなみにエアバルブのゴムはひびだらけで要交換です。

これでいろいろとやることが増えました~
つまんない記事をバンバン書いていきますよ~

RV125jp ジェネレーターハーネス更新

前回外したジェネレーターの線を交換します。
今回購入の端子と線!

1.25sqで奮発してテフロン外装です。m250円ぐらい高いよね?
rv1250349.jpg

元はこんな感じではんだ付けされてます。
rv1250350.jpg

ちょっと端子がでかいですが固定部なのでノープロブレム。
さくさく結線します。
rv1250351.jpg

あっという間に完成~
長さが解らないので今度分解した時に確認して組み込む予定です。
ジェネレーターASSYなんて買おうと思えませんからね。
予備でもきちんとしておきましょう。
rv1250352.jpg

DIOに乗ると、RVのラグジー感が懐かしい。
のんびり走れて結構速いので使い勝手が良かった、早い事作って
楽してしまいましょう。

ディオファーストインプレッション!

何度か通勤で使いましたが、すばらしくレーシングなセットでした。
発進から60km/hまで7500回転を維持し続けます。

こんなんでは燃費が悪うございます。
希望としては、のんびりと5500から6000回転ぐらいで50km/h出てくれれば
普通に乗れるのでは。

と言うことで、駆動系の確認調整です!
組んで乗ってなかったので大変綺麗です。良い感じ~
dio10091.jpg

クラッチとセカンダリープーリ。
左が付いてたやつ、ZX物の様です。 右はノーマルスーパーディオ用 
dio10092.jpg

どう見てもクラッチスプリングとセンタースプリングが白いです。
こんなんまで塗るほど酔狂では無いので、外品でしょう。
たぶんデイトナ辺りの強化タイプかと思いますが。
dio10093.jpg

プーリーが外品ですが一応ノーマルセットと言う事で、92SR用を使います。
dio10094.jpg

プーリーはフルに使ってるようです、ウェイトは7g
排気量があるので8.5gぐらいまでは耐えるのではないかな
また今度部品調達してやってみよう~
dio10095.jpg

中古パーツなのでトルクカム辺りはグリス交換します。
部品を洗浄~
dio10096.jpg

組み立て~
dio10097.jpg

寒くて写真撮るの忘れてましたが、交換後の試運転結果~
安定はしてませんが5000回転から7000回転で50km/h
それ以上は回転上昇と共に上がっていきます。

流しで(50km/h)6500回転なのでもう少し下げたいですね
ウェイトローラー重くするのが手っ取り早いですね~
部品が無いので部品が入るまでこれで様子見よう!

貧乏臭いけどちょっと楽しいかも~

初期DIOSR 公道に復活!

通勤に使うバイクが無いので、。ガレージの奥から掘り起こしました。
去年の年末に修理が完了していたDIO。

ホコリまみれだったので洗ってみました、まだ綺麗を保ってます。
エンジンも普通にかかり無問題。
バッテリーだけが何故か積みっぱなしでNGっぽいです。
4L-BSなんて持ってないな~ 
dio10088.jpg

原チャリは積載性に問題があるので、カッパ用のBOX取り付け
綺麗に見えるけどガレージ内に転がってたので塗装剥げまくりでした~
タッチアップでごまかします。
dio10089.jpg

保険の切り替えが平日しか出来ないので定時終わりでそっこー保険屋か~
それから乗り出しですね。

去年のブログで確認するとこれならしがまだ終わってないのでのんびり様子見ます。
ちっこいのも楽しくって良いかも~

通勤快速RV125jp 復活の呪文を唱えましょう

RV3号が無くなるので、初代の再生に取り掛かります。

先ずは一番面倒でかさばるインナーカウルなぞから始めます。

外して、ナイロンたわしで劣化したボロボロの樹脂を剥ぎ取っていきます
これが結構大変~~ 多少の傷は気にしな~い。
rv1250345.jpg

乾かした後 PPプライマーを塗布します、薄い目に塗ります。
厚く塗っても効果は? 面倒が増えるだけかな。
まあ、いっぱい有って大変です。
rv1250346.jpg

ウレタン樹脂塗料です、今回の規模で200ccもあれば足りるでしょう。
塗料カップで直接作ります、横着です。
rv1250347.jpg

黒くなりました、黒塗ってるので当たり前ですけどね。
まだ、磨き傷は残ってます。

劣化分を擦り取ってるので厚めの処理をしないと傷は残るでしょうね。
rv1250348.jpg

今回のは長く乗る予定なのでトップコートする予定。
ついでにカスタムっぽくするのでインナーも2色構成にしようと考え中。

と、今の所は考えてます、最終的にどうなるかな~

お家でカーステ バージョンアップ準備

リビングで使ってるカーステレオ高音は伸びるのですが
低音がちっこいスピーカーなので足りてません。

必然的に?ウーファー追加したくなりました!
メインスピーカー交換となると手持ちで持ってないので高く付きます。

なので これ。
sonota212.jpg

パワードウーファー アルパインのSWE-1900
小汚いので分解掃除してリビングに設置しようと考え中~~
バスレフではなくてパッシブタイプなので音圧はそれほどでも有りませんが
低音追加なら十分すぎるスペックです。

100Wクラスでも全然問題ないのですがカッコ良いのがポイント
ネオンも点いたりしますしね~ ちび介君は夢中になること請け合い!!

③RV125jp 納車準備完了~~

本日、廃車手続きも完了し磨きだけとなりました。

今回はちょっと楽します、とても寒いので~~
ワコーズのバリアスコート スクラッチ傷はこれでほとんど消えます。
更にスクリーンやポリウレタンに付いても大丈夫な代物です。
rv125037.jpg

いつものスーパーリキュードグラス 薄い線傷まで消えます。
ちょっとだけ取り扱い注意かな。
rv125038.jpg

磨く前にバッテリーの交換しておきます。
古いタイプのGSバッテリー、高電圧入力で死に至ったかわいそうなバッテリーです。
rv125039.jpg

昨日組んだACデルコバッテリーびんびんです!!
rv125040.jpg

さらっとバリアスコートをかけると
テロッとした光沢になります。
rv125041.jpg

解りにくいのでアップ!
rv125042.jpg

リキュードかけると透明度が増して
トロッとした感じに変わります。 暗いので解りませんね実際。。
rv125043.jpg

最後にセルでエンジンかけて、時計合わして完成~
rv125044.jpg

ケミカル類の進歩ってすごい物があります。
くすんでいてもズヤズヤな光沢出る物も有りますから、ある意味詐欺行為に
値するかもです。

しかし、快適なバイクでした、価格も手ごろですし。
メンテさえ出来れば機関は国産よりも長持ちしますね。
ノーマルの車両が無くなったのでまたコアな通勤快速作りましょう~~

CRM250Rm PGM中身

PGM修理にチャレンジしようと言う方がおられましたので
一応解体した画像でも乗っけときます。
CRM0096.jpg

電解コンデンサーは1個と2個でした、奥のほうに並んでます。

規格は105℃です。
用途は制御電圧の安定とノイズ除去が目的だと思います。
集積回路前に入ってますので。

ちなみにRmのユニットですのでRrはちょっと違うと思います。
Rpはほとんど同じかな?見てないので不明ですが仕様的にそんな気がします。

もったいない精神で頑張って修復してください!

CRM250Rm PGMやっぱり防振対策

Rrさんからコメントを頂いて、どうしようか迷いましたが
信頼性アップの為に防振対策することにしました。

アルミテープを剥がして、うん空っぽだ。
CRM0091.jpg

シリコンスプレー吹いてトランジスターはコーキングで半身浴
電解コンデンサーは埋めました。
CRM0092.jpg

後は前と一緒で、ふちにコーキング打って~
CRM0093.jpg

アルミテープで蓋!!
CRM0094.jpg

裏側もアルミテープで蓋!!
CRM0095.jpg

こんなもんで大丈夫でしょう。

後は外装のコーティングしてオーナーの元に帰って行きます。

この手の修理はバイク屋さんはしてくれないので
レストアしてるとこに持っていくしかないのが実情ですね
中古PGMはリスク高いですし。

参考に修理手順ですが 私の場合
ホルソーφ35(センタードリル外して)でケースに穴あけ 裏は基盤が近いので注意 
 表は電解コンデンサーが近いので注意 位置は画像参照!!

彫刻刀のような物で充填材を除去(プリントを剥がないように)

トランジスター関係交換 純正黒色 2SK1112 2個
            純正緑色 2SA1385 2個 
電解コンデンサー 25V100μF 105℃   1個
            16V 75μF 105℃   3個 2個

はんだこては20W以下のものを使用、古い半田は吸い取って除去

てな感じでした。
素子関係は全部でも600円しませんです。

ちなみにカッターナイフなんかで穴あけすると手を切るか基盤を傷めると思うので
止めといた方が良いと思いますよ。

まあRCバルブ関係(ワイヤー要注意)が快適に動いているうちは
焼けることは無いんでしょうけどね。
古いバイクなんで日常メンテも気を使わナイト~

③RV125jp 綺麗にしましょ~&バッテリー準備

RV125jp3号にも貰い手が決まりました。
組んでからも外装はそのままですのでちょっとくすんでます。

ザクッとプラスチッククリーナーで研磨して見ました、光りました! キラーン
rv1250310.jpg

粉っぽかったので洗いました、この間まで暑かったのにかなりさぶくなりましたね
これからバイク触るのが辛い季節になりますね。
rv1250311.jpg

外装のポリマーコートは水分が飛んでからするので明日以降かな~

で、衰弱しきっているバッテリーの代わりです。
いつものACデルコ。
rv1250312.jpg

中身は本体と希硫酸   以上!
rv1250313.jpg

本体上のテープを剥いで、
rv1250314.jpg

希硫酸のパックをぶち込みます。 ざくっと!
このまま液が入りきってから15分ほどこのまま放置します。
rv1250315.jpg

最後に初期充電、このビンビンの電池でセルスタートが出来る事でしょう~
rv1250316.jpg

納車まであんまり日が無いのでばたばたですが、ガレージが広くなるのでOK
でも・・・。

通勤が自転車になってしまう・・・。

しか~し 
次の車両の製作スピードアップに繋がりそうです!!

次ぎ出来るまで運動がてらこいで会社に行きましょうか。

CRM250Rm もうちょっとで完成~

残すところ、PGMのケース修理のみとなりました。
何かと結構手間がかかりました。

毎回同じ様な画像ばかりでつまんないですが
パンクしてた電解コンデンサー外しました。
CRM0081.jpg

新しいのと古いの、 若干サイズが小さくなってますが
電圧、容量共に同等品(25V100μF)日本ケミコン製です。
CRM0082.jpg

ぱぱっと半だ付け完了~
CRM0083.jpg

ここで再度実動確認・・・。
ちゃんとバルブ動いてます、後はふたふた。
CRM0084.jpg

穴あきのままではさすがにダメです、すぐに壊れるでしょう。
CRM0085.jpg

先ず、シリコンスプレーで離脱可能にしてから(再修理があるかもですから)
CRM0086.jpg

コーキングで埋めてしまいます。
黒色で判りにくくてGOOD!!
CRM0087.jpg

素子側はコーキングだと熱が発散できなくなるので~
CRM0088.jpg

ふちにぐるっとコーキングを塗って~
CRM0089.jpg

0.2mmのアルミテープで蓋をします。
これで防水は完全、振動はどうかな?
CRM0090.jpg

コーキングが乾いたら裏側にもアルミテープ貼って完成!
組み込んだらCRMも完成~

もう一個のだめPGMはICチップが飛んでたので再生不可でした
基盤が焦げる程のダメージを受けると昇天するようですね。
一応エンジンは掛かるので予備で再生しておきましょうね。

CRM250Rm PGM修理続き

前回の修理結果は 1個目はNG 2個目は閉まり側だけOK
ケチは2度手間がかかります。

穴を拡大してトランジスタ側も点検すると燃えてました・・・。
電解コンデンサーもちょっと爆裂気味・・・。
CRM0075.jpg

もう一個も同様な状態です、 今度は全部変えてやる!
CRM0076.jpg

燃えたパワートランジスタ2SA1385です。
これは予備を持ってるので換えちゃいます~って最初からやっておけば・・・。
CRM0077.jpg

変えました。全部黒で解り難くなりました。
カプラー側が2SA 遠い方が2SKです。
CRM0078.jpg

2個目は開側のみ交換しましたが、またダメだといやなので
この後全部変えてます。
CRM0079.jpg

結果は~。

1個目は相変わらずNG 2個目は直りました。
乗ってみると、快適な2stバイク!!Dトラでは歯が立たないパフォーマンスですね
CRM0080.jpg

後で、1個目のPGM点検するとコンデンサーパンクがありました。
実装タイプなのでデカイのに換えていけるのか調査は続けます。

修理完了PGMは電解コンデンサーの予備が無いので買ってきて交換してから
蓋して完成ですね。
電気系は最初からやる気全開でやらないとモチベーションが続きませんね
今度から、中途半端は止めようと誓うきゃわPでした。

③RV125jp ジェネレーター交換

ジェネレーターの断線で仮修理だった部品を交換します。
こちらの車両はさくさく分解出来ます!!

ここまでばらすとリアブレーキがディスクって良く解ります
コマジェはドラムだからね~ (見た目重視ですけどね)
rv1250301.jpg

画像は無いですが外れました、ハーネス途中のカプラーが問題
ちょうど屈曲のきつい所に来てました。
今度配線全交換しましょうかね。
rv1250302.jpg

これがまた、車載のままガスケット剥がしました。
大変でした~、降ろしてやるのが筋ですね。 う~ん腰が痛い。
rv1250303.jpg

新しいガスケット、これで在庫がなくなったのでまたまとめて発注しときましょう
突然必要になる部品ですから。
rv1250304.jpg

交換完了!!
後は元に戻すだけです。
rv1250305.jpg

オイル、この前替えたばっかり、計画性ゼロです。
ピットペンて銘柄の10-30W、エンジン潤滑だけなので気にしてません
自動車用を使えるのがスクーターの良い所です。
rv1250306.jpg

エンジンオイルと冷却水入れて、始動確認OK。
バッテリーは衰弱しているので交換必要です。

残すところ外装の補修、割れは直してあるので傷補修。
汚れも盛大に付いてます。
rv1250307.jpg

荒磨き完了です、思ったより傷は浅かったようです。
タッチアップでごまかせそうな感じ~
rv1250308.jpg

タッチアップしたのでまた今度研磨して、ワックスかけたら
中古車の出来上がり~ 売ってしまったら乗るの無いな・・・。

初代通勤快速RV 部品取り??

久しぶりに引っ張り出しました、初代です。

自分用のベース車なのでおんぼろですがドナーが1台有るので大丈夫でしょう。
rv1250295.jpg

さて、いきなり問題ですこの部品は何でしょう?
rv1250296.jpg

解り難いですが、リアタイヤのセンターナットでした。
除去後はこんなんになっちゃいました。(シャフトも削り込んでます。)
シャフトと一体になってたので仕方なく削って取りました。

焼こうが叩こうがびくともしませんでした、タイヤ交換持って行ったら
バイク屋さんは外すことが出来たのでしょうか?
rv1250297.jpg

今回摘出した部品は、ジェネレーターとピックアップコイル
RV3号のジェネレーターと交換します。
このエンジンは一応予備機にする予定なんで良いでしょう。
rv1250298.jpg

外した後は元に戻してまたしばらく休眠です。
rv1250300.jpg

こうして見ると黒より銀の方がカッコいいと思う。
でも、完成するとたぶん黄色になるんだろうな~

RV125jp部品取り車 実動確認

分解する前にエンジンの具合を見ておきます。
かなりの汚さです、洗うのはまた今度。
rv1250290.jpg

とりあえずキャブを外します、走行距離はほぼ間違いない感じです。
中身も軽く洗浄しましたが問題無し。
rv1250291.jpg

エレメントはお約束のようにスポンジ脱落、今部品で取るとスポンジは
付いていないので除去しても問題無いと思われます。
rv1250292.jpg

この車両の問題がありまして、JP(ジャパン)と車名にあるにもかかわらず
本国使用のようです。
キャブの映像にもキャブヒーターの冷却水経路が有りません。
こっちもバイパスでサーモスタット上部に入ってます。
rv1250293.jpg

キャブ側にホースが行かないのでびみょーにすっきり
rv1250294.jpg

エンジンはキックで問題なく始動しました。
とっても静かにアイドリングしてます、良い買い物でした。

台湾仕様と日本仕様の差がキャブのアイシング対策とライトレンズ類の他
に違うところが有るんかな??
でも、ヘッドライトの入り切りは付いてない、余り部品で組んだか!

まま、いつも通り行き当たりばったりで行きましょうか。

お家でカーステ 設置完了~~

昨日作ったフロントプレートにブラケット着けて左右のM3のネジで固定しました
カーステの下は下駄で上げてるのでクーリングは大丈夫でしょう。
sonota208.jpg

コンポーネントは3CDチェンジャーカセットヘッドユニットと
6CDチェンジャーです。

今まで使ってた(そのまま置いときますけど)ミニコンポの3倍は良い音で鳴りました。
とっても古いけど当時価格が違うぜ!!なんてね
sonota209.jpg

レイアウトもAVボードの窓部分にセンターがあってます。
なかなか良い仕事が出来ました。
sonota210.jpg

問題と言えば2DIN一体型しか設置できないことかな。
手持ちでは1DIN×2のシステムが多いので交換できないです。
当分壊れないでね~

CRM250Rm PGM残念~~

昨日修復したPGM付けて確認してみましたが、サーボ不動・・・。

やっぱりあそこまで燃えているとコントロールICも道連れにするのかな~
るるる~

黄昏ていても仕方ないのでもう一個も解剖します。
今回は位置が特定出来てるので、そこだけ開けます、先ずマーキング。
CRM0070.jpg

さくっと開胸、ホルソーで35φの穴開けました。
CRM0071.jpg

裏も同じく開けます。
CRM0072.jpg

手前のFET焼損、前の程酷くは無い! 復活切望~
CRM0073.jpg

外すと崩れました。2個とも換えるか1個にしておくか悩んだあげく。
ケチなので見た目に焼けてる1個を交換。
CRM0074.jpg

明日また確認です。
1個目のPGMも何とか再生したいものです暇な時に調べてみましょう

CRM250Rm 禁断のPGM修理

FET素子、単価は安いですが、送料が・・・・。


まあ、手に入ったことですし修理に取り掛かります。
こちらが2SK1112です、小さいです。
CRM0065.jpg

燃え尽きたFETを除去しましたが、焼損時に高熱になったために
プリントが剥げてきております、危険がいっぱいです。
CRM0066.jpg

取り付けました、青丸の部分、ここもプリントが剥げました・・・。
強引に足にはんだ付けしてます。 上のB部分、たぶん大丈夫   かな。
CRM0067.jpg

上から見るとこんな感じ、焦げが痛々しい~
CRM0068.jpg

おんぼろケースに差し込んで、試験運転を待つばかり。
CRM0069.jpg

明日は祝日みたいですけど、仕事なので、帰ってきてから試運転。
動くといいな~なんて淡い期待をしておこう。


※ 今回のは見やすいように写真大きくなります。
 (参考にして失敗しても、きゃわPは何もしてあげられませんので
   自己責任においてやってみてね~)

お家でカーステレオ!!

前に考えてた お家でカーステ実行中です。

まずは12V電源 中華製の29A電源、話半分でも10Aぐらいは出るでしょう。
配線は、3系統出しました、ACCは何気にSW付き。 

オンオフはここでしようかなと。
sonota199.jpg

電源入れてみました。
煙は出ません、良品のようです。
出力もだいたいOK。 負荷入れていくらか確認は要りますけどね
sonota205.jpg

こちら、見難いですがフロントプレート。 アクリル製
sonota206.jpg

カッティングシート貼り付け~ なんとなくそれっぽくなりそうです。
sonota207.jpg

後は、フロントプレートと本体の接続をどうするか。
動くと具合が悪いのでボルトオンにしたいですけどかっこよく出来るかな~

FC2Ad