いろいろやろうかな~

リード100キック周り整備~

前回、見ていやになったカバー内部・・・。いや~
エアでも吹こうものならそこいらじゅうダストだらけは確実です。
寒いけど洗浄~ 冷たい・・・・。
LEAD100023.jpg

ちなみに、キック周りに使うグリスはこれ使ってます。
耐水性があるのでスロットル周りにも良いです!
シリンジに詰めなおして使い勝手も良好~!
LEAD100025.jpg

ごめんね、ごめんね~ 
いつもどうり出来上がり、途中の写真は無し。
まあ、ただ洗って、グリス塗って組み立てただけなので良いよね。

モリブデングリスここに使う人もいるようですが耐水性が無いので
すぐにギコギコに戻りますよ、ウレア系の高級グリス使ってね。
LEAD100026.jpg

カバーは完了! 車体に取り付けました。
部品が無いのでここで終了~ 

で、気になる物を見つけました、マニホにくっついてる抵抗。。。
これオートチョークのアース側。 う~ん。
このチョーク自体が輸入パーツだとすると、寒冷地仕様ということに。。

 チョークに流す電流を下げれば膨らむ 時間が長くなるのかな?
 RVで今度確認してみよう~~
良いもの見つけたかも~
LEAD100027.jpg

リードが分解中でまたしてもガレージ内が狭い。
ZZRのタンクもコーティングが終わってるので片付けます。
ゴリゴリ磨きますと~ ぴかりました!
ZZR40011.jpg

傷付き防止後棚に収納すると気持ち足場が増えました~
ガレージとは別に作業場がほし~ お金があれば現実可能、今のとこ夢だね!

民主党!頑張って景気回復してね、国民に金をばらまいても貯金するだけだよ。
工業、土木を国内で回転させないとね~ 今は我慢の時です!!我慢我慢。
スポンサーサイト

リード100駆動系修理~

駆動系もくたびれまくってます。
完全終了クラッチ、ここまで減るもんですか~
ここはシューのみ部品で取れるので安めで直せます。
LEAD100016.jpg

こちら、プーリーの中身、ゴミですね。
LEAD100019.jpg

スライドピースは向かって左が減りまくってます。
あんまり酷いとプーリーを壊すので気を付けましょう。
LEAD100020.jpg

再使用部品を洗浄して、新品パーツを組み込みます。
シューも新品になりました。
LEAD100018.jpg

プーリーにウェイトローラー入れますが、回転方向後ろ側に
ローラーの止めがある方を組みましょう。
この画像だと反時計回り側がストッパー側ですよ。
モリブデングリス塗布は必須です。
LEAD100022.jpg

ざざっと、組んだりました、ケース内部が汚いですね、後でエアでも吹きましょう。
LEAD100024.jpg

カバー内部が酷くダストだらけなのでやる気を失い今日はここまで、
水曜には部品が入ってくるので、今週中に完成するかな?

リード100エンジン脱着修理~

大体部品が揃ったので修理しましょう!

まずは、カバー類をじゃんじゃん外します。
まるハゲになりました、 きたない・・・。
LEAD100011.jpg

もうエンジン外れました。
スクーターは、電装(オルタネータ・ピックアップコイル・セル・チョーク)
のカプラーを全部外して、リアブレーキワイヤー・リアサス・オイルホースと
ガソリンホースでエンジンがフリーとなります。(空冷2STですよ)
私は、オイル漏れがいやなのでオイルポンプごと外してます。
LEAD100012.jpg

エンジンも分解! クランクのみとなりました。
結構吹き抜けが有るようです。ぷつぷつした物も付いてる?
LEAD100013.jpg

クランク抜きました、マグネットローター側が一緒に抜けました。
ケースも寿命のようです。
 (元の精度が不明ですがベアリングはケースに通常は残るものです。)
クランクベアリングはガタも小さく良好でした。
LEAD100014.jpg

ベアリングはこのようにプーラーで抜きます。
クランクシャフトに残ったベアリングは軸用のプーラーで抜くのですが~
隙間が無いので力技で隙間を開けないといけませんが、画像無し!!
LEAD100015.jpg

で、新品のベアリングとシールを組んで完成!!
クランクの押し引きはディオの時に書いたので割愛しま~す。
LEAD100017.jpg

一部、ガスケット関係発注忘れでエンジンここまでしか出来ませんでした。
今度は駆動系の修理で~す。

リード100フロントブレーキパッド交換ん

今回の依頼の中にパッドも交換して~って事だったので変えます。

小汚いので先ず洗います。
LEAD100003.jpg

キャリパーを外す前にパッドピンは緩めときましょう、外した後だと
と・れ・ま・せ・ん・よ~ それにしても汚い!!
LEAD100004.jpg

キャリパー洗浄には欠かせない工具がこれ、ピストンつかみ!!
もっとカッコいい名前で売ってますが、私はこう呼んでます。 悪いですか?
LEAD100005.jpg

ピストンをガシガシ磨くも腐食有り・・。
このまま突っ込むのは気が引けますが逝き魔~す!
シリコングリスは一応スプレーしておりますが、き・や・す・め。。
LEAD100006.jpg

突っ込む前に確認事項が一点。。 フルードタンク確認!
なぜか満タンです?? バイク屋が気を利かせて足したにちがいない!
このままピストン突っ込むとフルードがじゅるじゅるっと出ます、確実に!!
LEAD100007.jpg

パッドはこんなんでした、使いすぎです。
他の物まで傷めます、最低溝が無くなったら交換しようね~~
LEAD100008.jpg

話が前後しますが、フルードはキャリパーから抜きます。
ブリードバルブを開けてピストンプッシュでOKです。
けどちょっと抜きすぎたみたい。 残念です。 足さないといかんです。
LEAD100009.jpg

更に残念なのがローターです、実に2.35mmしか有りません。
使用限界は3mmです・・・。
オーナーには言いましたよこのローター駄目だよって、でもこのままで良いらしい。
今風に負のスパイラル状態!!ぶ~パッドがすぐに無くなるよ。

けど走るより止まることが大事! ブレーキはケチってはいけません!
自分だけが逝くならまだしも他人を巻き込む可能性もあるわけです。
LEAD100010.jpg

まま、古い車両のブレーキがふわふわなのはピストンシールが悪いのと
マスターシリンダーが磨耗してるからで~
ピストンシールをやっつけてるのはほぼ用品屋のパッド交換だと思うよ。
ここら辺はきゃわPの こ・だ・わ・り と お・も・い・こ・み です!

リード100 修理入庫

私は決してバイク屋では有りません。 普通のさらり~まんです。

が、時折修理の依頼が舞い込んできます。
これも、そんな一台ですが、バイク屋さんに持っていったら100%
買い替えを勧められるでしょうといった内容のリード君です。

エンジンからの極大の異音、クランクベアリングが逝っちゃってます。
クランクベアリングが弱いのはホンダの横型2stエンジン共通問題点ですね。
中華スパイスが入りだしてから耐久性に問題多いですよ~
LEAD100001.jpg

一応、部品注文前に現物確認しておきます。
クランクケースカバーをめくると~黄土色です・・・。
クラッチシューのダストです、ベルト・ウェイトローラー・スライドピース
終わってます。 ち~ん。。
LEAD100002.jpg

走行が2万kmを超えているのでノーメンテ車両ではこんなものでしょう。
ちゃんと点検しておけばお金はかかっても買い替えまでの時間は延びるんですけどね
どっちが得かな??
明日でも部品発注いってきま~す。

MC17 アップマフラー考察

CBRのカウルを外したままで邪魔なので方向性を検討~
 (一人でですけど、なにか??)

BEETのナサートメッキ管、つぶすにはもったいないので保留~
中古のサンセイ管が手に入ればセンターパイプの製作で安あがる・・。
要は集合部とセンターパイプが別体の物があれば良いという事。。

手持ちのマフラーは全部集合とセンターパイプが一体なのでNG!!

と言う事で、元に戻す!! スチールメッキなので磨いた。
cbr10069.jpg

ガスケットは悲しいぐらい潰れてたので新品交換。
予備があって良かったね~
cbr10068.jpg

CBRも製造が終わってから長いので骨辺りのマフラーも視野に入れて
安いのゲットしたいもんです。
メンテで考えるとやっぱりステンだけど高いしね~

タンク錆び取り~ その4

ZX-4のタンクもコーティングが乾燥したので、最後の仕舞いをします。
コックのネジ部分に、コーティング剤が入り込んでネジが入りません。

右側が未処理のネジ穴です。
ZX40023.jpg

こんなタップでネジを立て直すとゴミがタンク内に入りにくいので便利!
価格は通常品の倍ぐらいですが、結構使うので5mmと6mmぐらいは
持ってると良いのでは無いかな。
ZX40024.jpg

ピンぼけてますが、軽く磨いて完成で~す。
外観がぼこぼこなので塗っちゃうかもですが一応このまま保存します。
ZX40025.jpg

別に梱包したわけでは無いです。
置いといて傷だらけにしてきた今までの教訓で一手間かけます。
発泡シートを当ててラップでぐるぐる巻いて完了です。

これでちょっとぐらい当ててもだいじょ~ぶ!!
ZX40026.jpg

現在ZZR400のタンクもコーティング中ですが
まるっきり同じ事の繰り返しなので、ここには書きません。

次のタンクはとてもヘビーな錆なのでそちらは公開しようとは思ってます。

ZZR400本体お目見え~

土曜日に運搬完了してましたが、ちこっと見てみます。

程よく真っ白にホコリだらけです。
カウルはハイジェットに積むのに外してます。
ZZR40007.jpg

こうして見るとカッコいいかも、 無駄に大きいところが。
ZZR40008.jpg

まあ、あんまりにも汚いのでざざっと洗ってみた。
一応、光ってるように見えた。
ZZR40009.jpg

カウルが無いのも又良い感じであるな~
ちっこいライト2個付けてストリートファイター系でもいけそうかな?
デカ尻すぎるから今風じゃないかな~
ZZR40010.jpg

とりあえずはノーマルで再生しようと思う~
けど、思いつきで行動するタイプなので変わるかもしんない。

待ってろよ~べっぴんさんにしてやるじぇ~~

トミカ・レターケース屋上駐車場Ver.2

だいぶ前にレターケース改トミカ収納を作りましたが、やっつけ仕事でしたので
改修してみました。

ちび介君が矢印を書いてくれと言ったのが事の発端ですけどね。

いつものごとく、いきなり完成です。
今回、ふにゃふにゃな中華プラスチックに見切りを付け
スモークの2mmアクリル板をベースに使用。
縁取りはケーブル処理用のモール、線等は塩ビシート切り出し。
ちょこっと緑地も追加してみました。
sonota090.jpg

スモークアクリルなので下にトミカステッカーを貼ってスケルトン風にアレンジ!!
天板だけ見るとすごくゴージャスな収納箱が完成しました~
ちび介君も大喜び!! とうちゃん頑張ったよ。

トミカケースを買えば済むことなんですけど、
ちび介君に作れるって事を伝えたいのと貧乏なので自作!!
お金が無い方が人は育つって事ですかね?? やるぜ~DIY!!

CBRスピードメーター修理

止まってても10km/hのメーターを修理しましょう
この頃のメーターと現行品では取り付けピッチが違うので流用は不可です。
cbr10064.jpg

車体から外しました。
バブル時のバイクなので、かなりゴージャスな作りです。
メーターパネルも2枚組!
cbr10065.jpg

いきなり直りました。
針を抜いてマイナス側に5度程角度を付けてはめ込み。完了~!

しかし、メーターのバルブが切れたらここまで分解しないと交換できないとは。
CBR250RHは整備性でツアラーに認定します。
cbr10066.jpg

アンダーカウル外したので、よ~くウォッチ・・・・。
集合部をねじるとセンターパイプが上がってきそうな気配!!
けど、車体側に寄って行くのでサイレンサーが着かない。
cbr10067.jpg

アップマフラーにするにはやはり切った貼ったが必要な感じです。
250RRのノーマルアップマフラーでも良いんですけどね~
ふぁお~ん感が外品の方が有るので悩み所ですね。

MC17でアップマフラーにしてる人ってどれくらい居るんだろうな

ZZR400K 再生準備

錆び落し第2弾!!

不人気街道まっしぐらのZZR400Kタンクです、
ぽちぽち軽度な錆が浮いてます。
ZZR40003.jpg

ZX-4でやり方は説明したので割愛。
サンエスでほとんど錆が取れちゃいました~
でも、このままだと錆が再発するので錆び取り液を引きます
ZZR40004.jpg

錆び取りチュ~
2回目液ですが軽度の錆なので12時間で処理を止めました。
実際は上下で24時間ですけどね~
ZZR40005.jpg

こんなにきれいになりました~
こちらのタンクもコーティングするのでこのまま放置となります。
何度も言うけど後処理伸ばせるタンク錆び取り剤ってすてきです!
ZZR40006.jpg

実は車両に付いてるタンクに錆びは無かったりするのでホントの予備タンク
要るのか?てか、直ったら乗るのか???なんて考えてます。

まあ、細かい事は直ってから考えよう~~

タンク錆び取り~ その3

タンクの錆が取れたので、又洗浄します。
高圧洗浄機で花咲かG成分をガンガン洗い流します。
ZX40014.jpg

水がさらさらになったら今度は乾かします
ヒートガンで強制乾燥!!
自然乾燥でも錆びは出ませんが、そんなのまってられませんから~
ZX40015.jpg

乾きました、内部のメッキが剥げてデコボコになってます。
このままでも当分使えますが、完全に処理しましょう。
ZX40016.jpg

タンク底部をマスキングします。(脱脂はしておかないとダメよん)
ZX40018.jpg

きゃわPの使ってるシーラーはこんなのです。
メタリックな仕上がりで違和感が少ないのが良い感じ
値段もお値ごろです。
ZX40019.jpg

タンク内にシーラーをぶち込みひたすら回転・回転
裏がえしたり、横向けたりを続けます。 結構大変です。

で、こんな感じに、てろっとします。蒸気が出てますが臭いは無いです。
一通りタンク内がてろっとしたら、残ってるシーラーを排出します。
このまま乾燥すると時間がかかるし分厚い皮膜はベロベロにふやけますので
必ず捨てましょう!
ZX40022.jpg

あとは、ひたすら乾くのを待つだけです2~3日。
シーラーを捨てた後でも溜まってくるので時々タンクの向きを変えながらは
必須項目です。最後は裏返しぐらいで良いかも。
(最終的にタンク容量が減らないから)
タンクは出来たけどZX-4っていつ起す??

GSX1100Sカタナ 車検逝って来た

昨日の内にやることやってたけど、ちょっと寝坊した。
まあ第2セッションなので余裕ありありである
Katana098

ラインの一番前に車両を置いて書類を出しに行く
(この時点で、検査官の試験は終了している)第1セッション中でも
検査官が暇ならバイクもやってくれるみたい
もう10分早く着いていれば~ もっと早く終わったのに
Katana100

10時30分からなので、凍えながら待っていると
お乳なバイクが・・・。 景気の良い人もいるもんだ
Katana101

ライン内を木枯らしが吹き荒れていたので超さぶかったが
いつもどうりにすぐ終わって車検証とシールを貰って終了~~。
Katana102

帰る時になれない感じの人がうろうろしてると強風が・・・。
書類が一枚舞い上がり屋根の上に・・・・。
不景気で自分で来たのかな~
クリアファイルとバインダーくらいは持ってきましょうね

1100カタナ 車検準備~

明日、車検に持ってきますので最終チェックしときました。

タイヤの空気圧(やっぱりへってませんでしたが・・。)
外で光軸調整 (サスがへにゃいので乗ると狂います。)当たって砕けてこよう。
仮NOに交換
あとバッテリー充電~~。
Katana095

機関でチェックされそうなちょっとグラつくサイレンサー
センターパイプとも隙間がありんす。
Katana096

アルミパイプを駆使して段付き解消しました~
サイレンサーもしっかり固定できました!!
Katana097

こんなもんで大丈夫でしょう。
書類も9Rの車検の時に購入済みなので明日は楽勝かと。

ままタイヤが新品なので気を付けて逝ってきま~す。

タンク錆び取り~その2

タンクの錆び取りが終わっている模様です。
加熱状態にしているので、気を抜いて放置していると穴が開いたりするす。

のぞいて~  錆びなし!!
ZX40009.jpg

又のぞいて~ 錆びなし!!
ZX40011.jpg

濾したカスがこちら、あんまり出ませんでした。
ZX40012.jpg

抜いた液体は~ 真っ黒けっけです、でもまだ使えますよ~
ZX40013.jpg

このままほっといても錆が出ないのがケミカルの良いところですね~
今週末にでもコーティングするので洗浄はまだです。
でも、寒いんだろうな~ ブルッ。

コールドスタート考察する

パイロットスクリューを調整していて思ったのが、思いの他
冷間時ガスが濃いいという事。
濃すぎる感じリッチリッチ、壊れない設定かもしれないけど、かなり不満。
現在1回転半戻しであります。

走行もかなり逝ってるので、コンプレッションとバルブクリアランスも
調べる必要ありだな~ コンプレッションゲージはいつものごとく実家・・・。

なので、オートチョークを調べてみた、冷間時シグナス用
rv1250056.jpg

冷間時 RV125用 ニードル形状がだいぶん違いますね~
rv1250057.jpg

12V印加中~~伸びます。
rv1250058.jpg

こちらも伸びます伸びます。
rv1250059.jpg

アイドリングが安定しないのは、オートチョークの伸びが速いからか?
エンジン自体がへたれているのは置いといて、テスト的に電圧を9Vに変えてみても良いかも

ヘッドガスケットも臭いかもしれない。
しかしヘッドを開けると、無意識のうちにポート研磨してしまうし

思い切って部品買ってやってまうか。
でも通勤に使えなくなるな~困った!!

ガソリンタンク錆び取り~その1

実家から色々と持って帰ってきましたので、レストアップしませう

ZX-4のタンクです、軽微な錆が発生しています。
ZX40001.jpg

まずは、ガソリンを完全に抜きましょう。
続きまして、サンエスのような脱脂洗浄剤で完全に脱脂します。
要は、5%のサンエス溶液(お湯必須40度ぐらい)を入れて振りまくるだけです。
ZX40002.jpg

今回錆が少ないので花咲かGを使います。
ZX40007.jpg

お湯は必ず必要ですよ~かなり効果が違います。
ZX40003.jpg

こちら、脱脂後のタンク、薬液洗浄後に高圧洗浄機で錆が出なくなるまで洗います。
ZX40004.jpg

タンクの口に二トリルゴムを乗せます。
ZX40005.jpg

無理やりロックします、これでキャップからはほぼ漏れません。
そのままひっくり返すとエア抜きからダダ漏れ間違い有りません!!
ZX40006.jpg

最後に花咲かGを投入して、10ℓほどで希釈します。
私は、熱帯魚用のヒーターで35度キープ!効果抜群!!
※蒸発分が多くなるので水の補給が必要です!
ZX40008.jpg

私の場合タンクの上側から錆を取ります。
なぜか? 通常のタンクはヒーターを入れるところが無いからです
お湯で反応の早い時に上部の錆を取ってしまおうと言うのが狙い!

下半分はキャップから幾らでもヒーター投入できますからね

更に、この液体にはあと2個のタンクを処理してもらわなくてはならないので
大事に使いましょう~ 錆取り剤は高額ですからね~

これを見て頂いているレストア好き??の方々頑張りましょう!!

ギアオイル交換っす~

買ってから半年以上、押す時に重いと感じていた。

やたら2次減速(ギア減速部)が重いのも知ってた。
なので実家からギアオイルを持って帰ってきたので交換と相成りました。

ストレート(工具屋さん)に買い物に行った後、交換です。
冷え冷えだとギアオイルは抜けて来ませんのでご注意を!

ドレンとアッパーボルトを外して~
こぼしました・・・。 粘度も異常に高くハイポイド系のようです。
用意してるのは75W-90のフツーのギアオイル・・・。 良いことにしよ~う。
rv1250052.jpg

外したボルト、ドレンボルトにワッシャーが無い!!って
ケース側にくっついてました。 良かったM8のアルミワッシャーなんて普通無い!
rv1250053.jpg

抜いたオイルは見た感じOK!!
ダストとスラッジは程々に混在って感じです。
今回オイルが軟らかいので洗浄だと思えば良いでしょう。
実際の粘度は不明ですが、90w-120ぐらいかな、そりゃ押すの重いって。

ギアオイル量は100cc けどSYMはホンダ系なので
アッパーから漏れてくるまで入れてもだいじょ~ぶ、80cc弱入りました。
きゃわPはシリンジで注入です~。
rv1250054.jpg

ステッカーチューンもしてみました~
びみょーか? ワイセコのピストンなんか使っちゃねーしな

いいんだ~雰囲気良かったら~ 黒豚ステッカーだけでは実は変だったから
ってのも 内緒にしておこう。 
rv1250055.jpg

で、今回走った感じですが、キャブが良いので走行性能アップしてます。
最高速度もアップしました~。 アクセルの付きもよくなってます~

けど、コールドスタートが良くない!
最後にゃパイロットスクリュー1回転と3/4戻しで安定。
濃すぎるのか?
オートチョークが生きているかは未確認。
駄目っぽいけど一応回転下がるので、動いている様子。
オートって楽そうなイメージだけど触るとめんどくさいシステムだな~

ちょっと様子見でまた考えよう。

久しぶりに実家に帰ってみました~

お正月なので、久しぶりに家族で実家に帰省。
車で1時間ちょっとで到着!!

年始の挨拶もほどほどにお節をいただきガレージに~GO!

さて、この画像に何台のバイクが隠れているでしょうか??
なんて問題が出来そうです。
sonota083.jpg

こっちも埋もれてます。
触ると汚れるので見るだけにしときました。
sonota084.jpg

こんなんもぶら下がってました。 どうするんだこれ??
sonota085.jpg

本題は、部品探索だったので倉庫に移動しました。
こちらも大変な状態です~~涙。。
sonota087.jpg

片付けながら部品を探しました。DIOのオイルホース発掘!!
ついでにダンボールも撤去!! バイクや部品が現れました、ちゃんちゃん。
sonota088.jpg

CBRのリアブレーキパッドも発見!!RKのバリ山!!!
記憶に無い部品が出てくると、スーツに100円入ってたぐらいにうれしい~
(ただ忘れてるだけなんですけどね。)
sonota089.jpg

結局、掃除したので汚れました、 新年早々ほこりまみれ。
久しぶりにベース車見て、どれを起すかちょっとウキウキしながら
掃除してたのはないしょにしておこう。

たぶん電動スケーターは修理しないと思いますけどね~

年越し整備~ RV125jp

明けました新年が、みなさまおめでとうございます。

私はガレージで年が明けてまいました。 気にしませんがね。
RV125のキャブ交換とブレーキフルードの交換をしましょう。

前回交換したRVとシグナスの混成キャブ。
ボディ磨耗で良い結果は出ませんでした。
rv1250037.jpg

外して並べてみました、右側が今までの物でカッタウェイの磨耗が有ります。
当然ボディも減ってたりします。
純正キャブでどう変わるかですね~。
rv1250038.jpg

交換完了しました~
ただ付け替えただけです、キャブヒーターの冷却水漏れは気を付けましょう。
パイロットスクリューは2回転と1/4戻しで組ましたが、
調整で2回転と3/8戻しで落ち着きました。
後の微調整は乗ってからにしましょう。
rv1250039.jpg

続いて、ブレーキですが、フロントマスターはこんな感じ。
rv1250040.jpg

リアマスターはこんな感じで、ブラックコーヒーが入ってます(嘘)
ブレーキがぎこぎこするので交換します。(もっと早くやっとけよ~)
rv1250041.jpg

ここで、レーシーなフロントブレーキです。
アウターマウントディスクにメッシュホ~ス、ノーマルです。
効きは普通ですけどね~。 かっこよすです!!
rv1250042.jpg

話がそれましたが、フロントマスター開けました。
汚れ具合が大変です~~。
くろくろちゃちゃちゃ~
rv1250043.jpg

フルード抜いてみるともっと大変です、スケールの堆積は無い物の
くろ~いアルミかすが沈殿してました、ブレーキシリンダーの磨耗かな???
rv1250044.jpg

フルード交換とエア抜き完了しました~
マスター内の掃除は、キムタオルとピンセットで拭いてます。
外して洗浄が良いのだろうけど通勤快速にはこれで十分かな。
リアマスターも同様に交換しました~。
rv1250045.jpg

ブレーキレバーのピボット部もカラカラ磨耗してます。
洗浄してグリスアップで良い事にしておきます。 当然前後ともでした。
rv1250046.jpg

このスクーターリアもディスクですが、どうもスライドピンのグリスがいないようです。
ぎこぎこ言います、 今度ピストンもみもみする時にグリスアップしましょ。
rv1250047.jpg

マフラーカバーもドロドロだったので磨いてみました。
傷は深いので放置、マフラー本体の錆が余計際立って見えるようになりました。。。
rv1250048.jpg

ステッカーチューン予定なので貼る部分のみポリッシュ!!
こちらも銀色何も伝わる物がないっす~~。 一応ピカってます。
rv1250051.jpg

一番乗るバイクですが、乗りっぱなしでぼろくなってます。
買った時からぼろかったんですけどね~~

命より高い部品は無いので、今度部品注文してきま~す。

走行距離36.696km

FC2Ad