いろいろやろうかな~

初試乗 ドカ パニガーレ 1299Sと959

今まで、試乗車に乗る事が無かったんですが、免許とってから
初めて試乗しました~

それもこんなブルジョアバイク。

しかし、どこ行っても混んでるので、町乗りが可能かどうかの判断ぐらい
tu-0750.jpg

1299と959ですけど、ぱっと見はほとんど同じバイクです。

 けど、外装に共通性は無いそうな、コスト掛かってますな~
tu-0751.jpg

普通は、1299SのECオーリンズに引かれそうですけど

普通に乗るなら959が良いと感じました。

ドカのエンジンに節度を求めるのはどうかと思いますけど
600cc4発ぐらいのスムーズさが有る感じ。

Lツインのゴリゴリ感がすごく薄くなってます。
1299は町乗りでは辛い感じ、なんにでも使う向きでは無いですね
tu-0752.jpg

メーターが感動的なTFT液晶でカラーです。
バーグラフの視認性も悪くない! でも高額!!
tu-0753.jpg

959は見慣れた液晶でタコは見づらいですね
 幅が有るからRC8よりは各段に見やすいですけど
tu-0754.jpg

思ってたより小さいし、細い。
値段以外は良いバイクですね

私がもし買うなら959かな~ 車体価格も200ちょっとだし現実味が有る。
排気量で言っても955ccも有るからほとんど1000ccだしね

トルクも有ってスムーズ、おさーんには良い感じでした。

デザインも見てると前がCBRにパクラレ後ろはR1にパクラレ
こっちが元だけど知名度が低い。
チョット可愛そうな気がする最近のドカ事情です。

 
スポンサーサイト

GSXR750 プチ転倒修理

この間の内覧会で見てた車両ですが。

既にこんな事に・・・。

冷えたタイヤでクルりんぱ、ってとこで、修理に来ました。
GSXR75R009.jpg

一番出っぱった所が破損。

カウルは仕方ないとして
GSXR75R010.jpg

クラッチカバーが残念。

 穴は開いてないので何とかOKでしたが、すぐ穴開きそうです。
GSXR75R011.jpg

転倒修復なので大体部品交換だけで終わるんですけど

ボルトの折れ込み、深めで曲ってるよ~
GSXR75R012.jpg

削れたボルトと折れ込んだボルト除去

 結構大変です。

曲った部分をドリルで飛ばして抜きました、タップでサラって完了と。。。
GSXR75R013.jpg

クラッチカバーはとりあえず新品に交換です。
GSXR75R014.jpg

それではカバーを外して~

 なんとガスケット残りました!!

新品ガスケット準備してましたが予備となります~
GSXR75R015.jpg

両方脱脂して、要る所にガスケット塗り塗り。
GSXR75R016.jpg

カバー取り付け~

SM持ってませんがカバーの締め付けトルクは10N・mぐらいで良いでしょ

数箇所ボルトが無いですけども、予防対策で
GSXR75R018.jpg

これ付けます、2次カバーとしてレースでは使えませんが
 ストリートならOKでしょう。

 GB Racing 同等のエンジニアリングプラスチック(PA6)で出来た
エンジンスライダー。

 価格が魅力な1品です~
GSXR75R017.jpg

中身のカバーに傷が付かないようエプトシーラーを中央貼り付け
GSXR75R019.jpg

組み付けます!

 ボルトオンです。 品質もよろしいかと。
GSXR75R020.jpg

カウルを乗せると、やはり接触。

 ここいらはGBでも同様なので
GSXR75R021.jpg

カウル削ってスライダー取り付け~
GSXR75R022.jpg

これで、右側復旧完了~

 カバーも違和感はそれ程無いですね。
GSXR75R023.jpg

左は無傷ですけど、カバーは取り付けときます。
GSXR75R025.jpg

カバーにエプトシーラーはお約束で貼ります。
GSXR75R026.jpg

このすっきりしたジェネレーターカバーが
GSXR75R027.jpg

こてこてになりました。

 取り付けにはこちらもカウルの脱着が必要です
GSXR75R029.jpg

言われないと気付かない位でしょうか。
 カスタム感が薄くて、生還率向上になったかと
GSXR75R028.jpg

あと、この削れたグリップエンドがかわいそうだったので
GSXR75R030.jpg

こういう物を付けました。

 分かるかな~
GSXR75R031.jpg

そう、レバーガードです。

 グリップエンドも一緒に替わるのでこれで良いかなと。
GSXR75R033.jpg

レバーガード結構良い感じに付きました。

 チョットカスタムチックになっちゃいますけど、悪くは無いかな。
GSXR75R034.jpg

これで、サイレンサーの怪我以外は修復できました。

 今回の修理総額8万円! 安くは無いです。
GSXR75R032.jpg

ビクビク乗る必要はこれっポッチも無いけど
乗り出しでダイヤが出来てない時は慎重にアクセル開けましょうね~

バイクは直るけど身体は買い替え効かないぞっと。

チョット高い勉強代だったけど、成長は出来たはず、無事故で行きましょう~

GSXR750 内覧会

本日、大寒波が西日本にも到来という事でバイクを触る予定も入れず

後輩とバイク見に行きました。

 スズキワールド千里

家からだと結構有るね。
GSXR75R001.jpg

なぜここなのかと

 それはR750が置いてあるから、 それだけ。

たいがい有ってもR1000ばっかりなので

で、お目当てはこの車両 SUKIって書いてます。
GSXR75R002.jpg

車検に通るらしいヨシムラのスリップオン
GSXR75R003.jpg

オーリンズのTTX
GSXR75R004.jpg

それでいて4902kmの低走行
GSXR75R005.jpg

タイヤもBSのS21に交換したばっかりらしい
GSXR75R006.jpg

ほぼ始めてみたけど、フロントフェイスもシャープでよろしい
GSXR75R007.jpg

R1000はどちらかと言うと厳つい感じですもん
GSXR75R008.jpg

まあ、高年式でパーツもそこ付いてて、なので結構なプライスが付いてます

最終の決断は本人次第!

 さて、どうする?

GSXR1000 サイレンサー交換

こちら後輩の車両ですが、今風の短くてちっこいサイレンサーが付いてます。

 おっさん的にはエンドの虹色が気になるのと
 やっぱりちっこ過ぎますね~~

ビームスのBMS-Rてサイレンサー
GSXR100R014.jpg

最近のバイクっぽくスイングアーム幅が有るので内には追い込めません
GSXR100R015.jpg

今ではチョット古めかしいオーバルサイレンサーへ交換

 テールエンドの角度が合いました。 空向いてないっしょ

ブラックアウトもカーボンではなくチタンという所がおじさん心をくすぐります。
GSXR100R016.jpg

サイレンサーの位置関係は変わらないのでチョット外向き気味

目視で見ると真っ直ぐ出てる感じなのでOKラインです
GSXR100R017.jpg

音の方も高音が抑えられていい感じのこもった音に
今のご時勢爆音マフラーは肩身が狭いですからね

しかし、かっこ良くなっていくな~彼のバイク・・・。

外装修復依頼でイージーリペア

カウルの簡易補修のご依頼を承りました~

ぱっと見キレイかな? ってレベルでの修正です。

カウルは転倒傷と割れの有るドカST4のカウル
sonota89573.jpg

先ずはくっ付けないといけないので、各合わせ目の開先取り
sonota89574.jpg

極限までずれが無い様に頑張って位置決めします。
sonota89575.jpg

今回の位置で出っ張ると問題あるのでメッシュは入れずプラリペアのみで施工
sonota89576.jpg

アンダーカウルも傷落しと、塗色タッチアップ。

傷落しは#2000の耐水ペーパーで仕上げまで持って行きます。
sonota89577.jpg

最後はひたすらコンパウンド研磨~~

ただ艶が戻るまで研磨を続けると

 これぐらいまで復活しました。

ワックスかければ艶が落ち着くのでもう少し見れる様になるでしょう
sonota89578.jpg

今後全塗装する予定が有るみたいなのでパテも入れず簡易補修になりましたが

ぱっと見には解んなくなりました、よく見るとダメダメですけどね~~

こういう鬱々とした作業は好きではないですけど、必要ないスキルアップにはなるかな

年齢と共に根気が無くなってきてるので修行の一環で!

実は筋トレにもなると言う側面も有ります。

見方で作業にもやりがいが出ますね!


 自分のも早くしなくっちゃだわ~

FC2Ad