いろいろやろうかな~

ホンダ トゥディ 駆動系更新

さて、部品も揃いました。

今回は純正部品が最小限になりました。

値段的にクラッチシューだけ純正です。
today020.jpg

エアクリーナーエレメントは純正の方が高いのでキタコ製
ちなみに純正品番 17213-GFC-770 1555円
today021.jpg

プーリーはノーマルが使えたけど、チョット背伸びして
キタコのプーリーで

消耗品対象部品としてはスライドピース 22011-GWO-000 518円
この品番だと3個セットですね
today022.jpg

ベルトは純正が2万km縛りが有る様なのでディトナ製

純正は 23100-GFC-890 2505円
today023.jpg

ウェイトローラーは軽くしなくてはならないのでキタコ、プーリーに合わせます
5.5gをチョイス

純正は6.5g  22123-GFC-900 928円

クラッチは素直にノーマル
22535-GBY-306 5335円  結構しますね

外品だと割引が有ったりして、これだけ買ったら同じぐらいで収まりました。
today024.jpg

まずは、クラッチシュー交換

洗浄しましたが、これは交換対象
today025.jpg

ウェイトクラッチセットという名称ですがシューしか来ないので
元を分解する必要ありです。
today026.jpg

ビフォー・アフター 新品と比べると全然違います。
2st時代はもっと持ってたんだけどな~ 
today027.jpg

組み上がりました、クラッチスプリングは再使用です。
これが切れる事例も有るけど、2万kmもってる実績からそのままです。
today028.jpg

セカンダリプーリーに組み込んでクラッチ完成
today029.jpg

プーリーはローラーガイドが純正比起きてるので出っ張る量がチョットだけ
増える感じですかな
外径は同じでフェイステーパーもちょっと違う感じでしたが必要なので測ってません
today031.jpg

ウェイトローラーは5.5g3個と6g3個のバラ組で5.75g狙い
燃費も多少気にするでしょうからね~~
today032.jpg

それでは組んでいきます。

一応、移動量確認の為にフェイスに線入れて見ます
today034.jpg

これぐらいの移動量でした。
新品Vベルトなので底当たりという事でほぼ全部上がっていると想定します

なので5km/hぐらいは伸びてくれるかな?
today035.jpg

エアクリーナーエレメントは差し替えるだけで悩む必要なし!

1万kmで交換ですよ!!
today036.jpg

洗浄済みを組んで行くだけだったのでサクッと終わりました~

こういう車両は下取り云々言っても仕方ないので直るうちは
直した方が安く上がるかな。

 工賃入れたコストバランス見ると、早めに寿命となるかもですけどね
today030_20170503002453189.jpg

まあ、エンジンから異音も無くベアリング関係の振動も出てないので
良い個体だったのでしょう。
   あと2万km頑張れ~


キタコ KITACO/ハイスピードプーリーキット タイプ3

キタコ KITACO/ハイスピードプーリーキット タイプ3 DIO[ディオ]



DAYTONA デイトナ/強化Vベルト

DAYTONA デイトナ/強化Vベルト DIO



キタコ KITACO/エアエレメント

キタコ KITACO/エアエレメント DIO

スポンサーサイト

ホンダ トゥディ 修理

通勤途上で止まってしまったトゥディが修理に来ました

とりあえず、現状確認していきましょう
today001.jpg

オーナーに聞くと、ほぼノーメンテでココまで運用したみたいです。
24000km。

メーカーによるとベルトは20000kmで交換となってますが
すごい品質管理です! 恐るべしホンダ。
today002.jpg

さてさて、開けて行きましょうか!!
today003.jpg

さすがにノーメンテです、エアクリーナーはこんな状態・・・・。
交換です。
today004.jpg

エレメント抜くと、いやはや、ブローバイも抜けていないようで
乳化したオイルが溜っちょる~
today005.jpg

ドレンチューブからオイルを抜くと
today006.jpg

何か変なもんでた・・・・。

 5000km単位ぐらいで抜くべきものだと思いました。
today007.jpg

さて、次はベルトカバー外して

はい、やっぱりベルト切れてます。
付近に付着してるのは、ベルトカスと黄土色の粉、よく有るやつですな
today008.jpg

カバー側を見ると更に良く見えます。
こっちに付くのは何しかないですから~

キックも油切れで戻ってこないし。
today009.jpg

プーリーの中まで進入済みです
today010.jpg

そう、それはクラッチシューのカス。

20000kmでクラッチシューも終わるという、買い換えろ的
クォリティコントロールです。
today011.jpg

ベルトも、切れないベルトは造れてもメーカーは造らないので
このように完全破断。

何の抵抗もしないで切れちゃった様子です、真横に切れてるし・・・。
today012.jpg

購入部品は大体見積もれたので
部品洗って確認して行きます。

クラッチアウターがほとんど減っていない。
半クラ状態で、滑って磨耗が進んだちう事でしょうかね
today013.jpg

クランクケース内もちまちまと洗います。

 パーツクリーナーの消費ハンパねえ・・・。
today014.jpg

カバー内も同様に洗浄、だんだんと気持ちが悪くなってくるぞ
パーツクリーナー酔いですね。

 ちなみにこんな時は完全火気厳禁です! 過去に火が走った経験ありです!
気を付けましょう~~
today015.jpg

洗えたら、キックギア周りをグリス塗りつつ組み上げ
today016.jpg

中身の部品も洗っていきます~
today017.jpg

この車両で思ったのがウェイトローラーがほとんど減っていない事

全開負荷掛けていないのか、外れで上が回っていないか。
どちらにせよ、ゆっくり走っていたと言うことですね。
today018.jpg

ちなみに純正のウェイトローラー重量は6.5gですな。
today019.jpg

最高速をチョットアップするのにプーリーも交換するから
ウェイトローラー重量も大事でしょ

これだけ洗ってれば、部品が来ればすぐ完成するぞ!

 グッジョブ! 俺!!

AF27 ディオ ディスクブレーキ モミモミ

雨が降ってますけども、ブレーキ周りを洗いました。

 どうにもピストンの帰りが悪くチョット引きずる感じで有ります
dio11060.jpg

雨なので自転車も外に出せず狭い中で作業となりました。
 ついでにエンジン掛けたらすこぶる好調です。

ハイスピードプーリー組んでも行けるだろう状態です!!
 オーナーさんの希望で組みませんが・・・。
dio11061.jpg

それではキャリパー確認です。

 スライドピンに異常は無くするすると動きます。

だとするとピストン自体が悪所だなと目っこ付けて
dio11062.jpg

揉んでは回し揉んでは回し。

 どうも今使ってる部分で渋い感じでした。
 パッドとピストン新品にしたいの~
dio11064.jpg

クリップでつかむと沈んで軽いとこでピコピコと動くので
 悪所を重点的に揉んで行きます
dio11065.jpg

何とかピストンのロールバックが確認できたので
マスターシリンダーも処理します。
dio11066.jpg

なにをするかって?
 ただの大気開放~

痴れた事ですが大事な部分ですよ。
dio11067.jpg

よっしゃ~っと出来上がったが

 残念ながら雨上がらず・・・・・。
dio11068.jpg

仕方ないから、明日洗おうか・・・。

 汚れ仕事は次に回したくない派なのでチョット凹んで本日終了~

まあ、進んでるから良いんですけどね。

AF27 ディオ 駆動系リフレッシュ

本日の天候は、 雨。

やる気も出ませんが、これからの為頑張って参りましょうか~

で、ディオのガスケット届きました。
 これが無いと始まらんですから
dio11043.jpg

エンジンカバーもZX用のゴムカバー付き発掘!
 ストックパーツジャンジャン放出していきます。
dio11045.jpg

それでは、きちゃない駆動系を
dio11044.jpg

分解~
dio11046.jpg

外が雨の都合上パーツクリーナをふんだんに使って洗っていきます。
dio11047.jpg

余計な部品もついでに洗浄。
dio11048.jpg

交換パーツは基本的なベルト・ウェイトローラー・スライドピースの3点
dio11049.jpg

ビューティーになったベルトケース内に
dio11050.jpg

ビューティーになった部品達を
dio11051.jpg

いろんなケミカルを駆使して
dio11052.jpg

組めました~

だけでは面白くないので、プーリーにはテフロン、セカンダリープーリーベアリングには
ウレア系の高速グリスとか使って組んでます。
dio11054.jpg

カバーの後ろ側はガスケットをゴムのりで貼って~
dio11053.jpg

キック周りもグリスアップ
 軸には耐水系のアルミコンプレッション配合良いグリス

セカンドギアには軽めのグリス塗って組みます
dio11055.jpg

うん、綺麗だ~
dio11056.jpg

エンジンも裸じゃいや~ん状態なので
dio11057.jpg

しっかりカバー装着です。
dio11058.jpg

で、組み上がったので、洗おうと思ったが

 雨が酷くなってきたなり・・・。
dio11059.jpg

もう一つする事有るんで、それ終わってから洗おうかね~

 天気が悪いと気分も乗らないですな~

AF27 ディオ フレーム塗装

ディオの分解が終わったので不具合修正

メインスタンド取り付け穴は厚ワッシャ2枚溶接
dio11025.jpg

スタンドスプリング掛かる所は肉盛溶接。

これで当分持つだろう。
dio11026.jpg

で、所々錆が出てるので防錆も含めて塗っちまいます。

下地は当然なし!
dio11027.jpg

こんな変なグレーも持ってないのでブラック

ウレタン塗料で120gほど作りました。
dio11028.jpg

組むと何処からも見えないフレームなのでガンガン塗っていきます
dio11029.jpg

しかし、こう言う時に限って垂れないんだよね~ 不思議~~
dio11030.jpg

冬型の硬化剤使ってるので明日の午後には組み立てできるように
なってるはずでし。
dio11031.jpg

このディオもこの休みで終わらそうと思ってたんだけど
ちょっとしんどい感じになってきたね~

何故って、ガスケットが足りてないからなんだけどね~
自分が頼んで無かったのね~

まあ、2台が1台になってくれれば場所も空くってもんだね

FC2Ad