いろいろやろうかな~

③RV125jp 納車準備完了~~

本日、廃車手続きも完了し磨きだけとなりました。

今回はちょっと楽します、とても寒いので~~
ワコーズのバリアスコート スクラッチ傷はこれでほとんど消えます。
更にスクリーンやポリウレタンに付いても大丈夫な代物です。
rv125037.jpg

いつものスーパーリキュードグラス 薄い線傷まで消えます。
ちょっとだけ取り扱い注意かな。
rv125038.jpg

磨く前にバッテリーの交換しておきます。
古いタイプのGSバッテリー、高電圧入力で死に至ったかわいそうなバッテリーです。
rv125039.jpg

昨日組んだACデルコバッテリーびんびんです!!
rv125040.jpg

さらっとバリアスコートをかけると
テロッとした光沢になります。
rv125041.jpg

解りにくいのでアップ!
rv125042.jpg

リキュードかけると透明度が増して
トロッとした感じに変わります。 暗いので解りませんね実際。。
rv125043.jpg

最後にセルでエンジンかけて、時計合わして完成~
rv125044.jpg

ケミカル類の進歩ってすごい物があります。
くすんでいてもズヤズヤな光沢出る物も有りますから、ある意味詐欺行為に
値するかもです。

しかし、快適なバイクでした、価格も手ごろですし。
メンテさえ出来れば機関は国産よりも長持ちしますね。
ノーマルの車両が無くなったのでまたコアな通勤快速作りましょう~~
スポンサーサイト

③RV125jp 綺麗にしましょ~&バッテリー準備

RV125jp3号にも貰い手が決まりました。
組んでからも外装はそのままですのでちょっとくすんでます。

ザクッとプラスチッククリーナーで研磨して見ました、光りました! キラーン
rv1250310.jpg

粉っぽかったので洗いました、この間まで暑かったのにかなりさぶくなりましたね
これからバイク触るのが辛い季節になりますね。
rv1250311.jpg

外装のポリマーコートは水分が飛んでからするので明日以降かな~

で、衰弱しきっているバッテリーの代わりです。
いつものACデルコ。
rv1250312.jpg

中身は本体と希硫酸   以上!
rv1250313.jpg

本体上のテープを剥いで、
rv1250314.jpg

希硫酸のパックをぶち込みます。 ざくっと!
このまま液が入りきってから15分ほどこのまま放置します。
rv1250315.jpg

最後に初期充電、このビンビンの電池でセルスタートが出来る事でしょう~
rv1250316.jpg

納車まであんまり日が無いのでばたばたですが、ガレージが広くなるのでOK
でも・・・。

通勤が自転車になってしまう・・・。

しか~し 
次の車両の製作スピードアップに繋がりそうです!!

次ぎ出来るまで運動がてらこいで会社に行きましょうか。

③RV125jp ジェネレーター交換

ジェネレーターの断線で仮修理だった部品を交換します。
こちらの車両はさくさく分解出来ます!!

ここまでばらすとリアブレーキがディスクって良く解ります
コマジェはドラムだからね~ (見た目重視ですけどね)
rv1250301.jpg

画像は無いですが外れました、ハーネス途中のカプラーが問題
ちょうど屈曲のきつい所に来てました。
今度配線全交換しましょうかね。
rv1250302.jpg

これがまた、車載のままガスケット剥がしました。
大変でした~、降ろしてやるのが筋ですね。 う~ん腰が痛い。
rv1250303.jpg

新しいガスケット、これで在庫がなくなったのでまたまとめて発注しときましょう
突然必要になる部品ですから。
rv1250304.jpg

交換完了!!
後は元に戻すだけです。
rv1250305.jpg

オイル、この前替えたばっかり、計画性ゼロです。
ピットペンて銘柄の10-30W、エンジン潤滑だけなので気にしてません
自動車用を使えるのがスクーターの良い所です。
rv1250306.jpg

エンジンオイルと冷却水入れて、始動確認OK。
バッテリーは衰弱しているので交換必要です。

残すところ外装の補修、割れは直してあるので傷補修。
汚れも盛大に付いてます。
rv1250307.jpg

荒磨き完了です、思ったより傷は浅かったようです。
タッチアップでごまかせそうな感じ~
rv1250308.jpg

タッチアップしたのでまた今度研磨して、ワックスかけたら
中古車の出来上がり~ 売ってしまったら乗るの無いな・・・。

③RV125JP メインスタンド修理

何とか実動に戻ったRV3号。
ちょっと前からメインスタンドの戻りが悪くなってました。

ちょっと見てみると、メインスタンドのサブスプリングが折れてます。
rv1250284.jpg

外すと完全に片側無くなってました~(外す時はバネがばい~んと取れるので注意)
rv1250285.jpg

これは、部品取りのスプリング、2個とも完備!
部品が有るって良いですね~
rv1250286.jpg

それではスタンド外します。
錆びも無く良好です!
rv1250287.jpg

シャフトにはしっかりグリス塗って組み付けましょう。
錆びると後が大変ですから。
rv1250288.jpg

交換完了です。 さくさくスタンドが上がっていい感じです。
rv1250289.jpg

普通スクーターでサイドスタンドがあるとメインは使わないって人が多い
私はスペース的にメインを使うことが多い。
でかいスクーターがサイドスタンドで止めてあるとかなり邪魔でしょ。
これで標準的な快適性に戻りました。

後は仮修復部分を本格的に修正して行きます。
    完成しちゃうと又売ってしまうので次も考えないといけませんね~

③RV125JP 最近不調~ なので点検。

現行の通勤快速であるRV3号
最近、冷却水が増えだしたのと、充電系統にトラブルが出ているようで
突然止まったり、面倒くさいので点検修理します!!

とりあえず後方を丸裸にして~
rv1250266.jpg

エンジンかけて発電電圧・・・・・ 低っ。
rv1250267.jpg

単純にRV1号のレギュレーターを奪おうかと思いましたが、
ブログを確認すると3号はACジェネレーターにちょっと問題がある車両でした
ブログしてて良かった~ すっかり忘れてました。
rv1250268.jpg

クーラント増える病も出てるのでさくっとエンジン下ろして作業します。
rv1250269.jpg

交換は、ヘッドガスケットとベースガスケット。
画像はヘッドのみですけど~
rv1250270.jpg

シリンダー側は変な傷も無く使えそう。
ストレートエッジで簡易測定するも良好。(2号では役に立ちませんでしたが)
rv1250271.jpg

ヘッド側も綺麗な状態でした。
写真が撮れませんでしたが、ヘッドガスケットのメタルが割れてました。
3万kmぐらいで交換すべき部品のようです。
rv1250272.jpg

カムの位置はきちんと合わせましょう。 間違えると一撃でエンジン終わります。
クランクのTマークとカムスプロケットの線が合いマークに有る時が上死点です。
rv1250273.jpg

横型エンジンなのでチェーンテンショナ外して下側チェーン張って
取り付けます。
rv1250274.jpg

冷却水が勝手に増えるオカルト現象はこれで収まるでしょう。
後はACジェネレーターのハーネスです。
rv1250275.jpg

地味に1本抜けてました。
1相切れると2相分出力が出なくなるので12.3Vもうなづけます。
rv1250276.jpg

車体側もだいぶとボロボロになってます。
rv1250277.jpg

とりあえず 通勤快速なので修理優先で
劣化部分を補修して間に合わせます。
ジョイント部を2つに分けてみた車体側ハーネス。
rv1250278.jpg

ジェネレーター側はだんだんと線が短くなってきます。
純正の長さに変更しなくちゃならないけど今回このまま
2股補修!!
rv1250279.jpg

この後エンジン積んで、エンジンオイル入れて、クーラント入れて
乗ってみました。 バッテリーが昇天しかかってま
壊れた電気系で使うとバッテリーはすぐ他界しますね、残念。
その他は今の所いけそうです。
本格的に部品揃えて修理しないといけませんね~
必要部品のリストアップでもしときましょ

32469.8km

FC2Ad